中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

プリウス(トヨタ) モデルチェンジ情報

世界初の量産型ハイブリッドカー、トヨタ・プリウス。ガソリンエンジンと電動モーターで走行するこのクルマは世界93か国で販売されています。

2代目(NHW20・2003〜2011年)

トヨタ プリウス 2代目

外観

初代プリウスは4ドアセダンでしたが、2代目から5ドアハッチバックとなり、ボディタイプは大きく変更されました。ボディサイズは全長4,445mm×全幅1,725mm×全高1,490mm。初代からやや大きくなり、中型サイズの3ナンバー車となっています。

また、ハイブリッドカーのスタイリングとして今では定着した三角形のデザイン「トライアングルシルエット」は2代目から採用されました。このデザインはプリウスの他、アクアにも採用されています。

インテリア/装備

2代目プリウスには、発売当時の最新技術が投入され、次の装備を備えています。

・モーターのみの走行が選択可能な「EVモード」
・アイドリングストップ中もバッテリーを電源として動作可能な電動インバーターエアコン
・キーをポケットに入れたままドアノブに手を掛けるだけでロック解除、そのままブレーキペダルを踏みながらパワースイッチを押すだけでハイブリッドシステムが始動する「スマートエントリー」
・イモビライザー

エンジン

2代目プリウスではハイブリッドシステムが進化し、THS-Ⅱ(トヨタハイブリッドシステム2)が搭載されています。エンジンは初代と同様の1NZ-FXEですが、モーターの出力が33Kwから50Kwに高められ、さらに燃費性能も大幅に向上して35.5km/lとなっています。

走行性能

最高出力:57kw
最大トルク:115Nm

燃費性能

30~35.5km/L

安全性能

安全装備は、発売当時の最新技術が使用されており、次の装備を備えています。

・後方カメラの映像上で場所を指定するだけで駐車時のハンドル操作を自動化できる「インテリジェントパーキングアシスト」
・横滑り防止機構と電動パワーステアリングを統合制御する「S-VSC」

マイナーチェンジ(前/後の変化について)

2005年

デザインの大幅な変更はありませんでしたが、「HYBRID」の文字エンブレムがトヨタのハイブリッドカーとして初めてフロントフェンダー部にも装着されました。
フロントグリルフィンをメッキ処理化、ヘッドライトエクステンションのブルー着色に変更されました。
リヤワイパーの標準装備化、リアコンビネーションランプLED部の色が黒からクリアに変更されました。
メーカーオプションのナビはDVDからHDDに変更となりました。

各グレードについて

・Sグレード(標準グレード)
ハイブリッドシステムやABS・TRCなどの安全装備、室内の操作系や収納スペース等の基本性能はGグレードと同様です。
オーディオはマイナーチェンジ前がFM・AMラジオとCDプレーヤーのみで、マイナーチェンジ後はCD/MDプレーヤーとなっています。

・Gグレード(上級グレード)
Sグレードに装備されずGグレードに実装されている装備として、スマートエントリーと、安全装置として横滑り防止のS-VSCがあります。
オーディオはFM・AMラジオ・MDプレーヤー・6連奏CDチェンジャーとなっています。

グレード一覧

プリウス 2003年09月モデル
プリウス 2004年03月モデル
プリウス 2004年08月モデル

マイナーチェンジ後
プリウス 2005年11月モデル
プリウス 2006年03月モデル
プリウス 2006年04月モデル
プリウス 2007年04月モデル
プリウス 2008年09月モデル
プリウス 2009年04月モデル
プリウス 2009年05月モデル
プリウス 2010年04月モデル

2代目(NHW20・2003〜2011年)の中古車一覧

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。
次ページ
3代目(ZVW3#・2009年〜2015年)解説

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

おすすめ記事デイリーランキング

2021.05.16UP

デイリーランキング

2021.05.16UP

最新記事