中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古車の良い状態の見分け方11選|安心して購入できる販売店の見分け方

中古車は、全て同じコンディションのということはあり得ません。同じ車種で同じグレードでも程度は異なりますので、中古車選びは慎重に行う必要があります。そこで、中古車の良い状態の見分け方と、安心して購入できる販売店の見分け方を詳しくご紹介します。

Chapter
中古車とは
中古車の良い状態の見分け方1:年式
中古車の良い状態の見分け方2:走行距離
中古車の良い状態の見分け方3:修復歴
中古車の良い状態の見分け方4:ボンネット・ドア
中古車の良い状態の見分け方5:フェンダー・バンパー
中古車の良い状態の見分け方6:ATのシフトショック
中古車の良い状態の見分け方7:ハンドル
中古車の良い状態の見分け方8:空調
中古車の良い状態の見分け方9:シート
中古車の良い状態の見分け方10:マフラー
中古車の良い状態の見分け方11:エンジンの異音・振動
販売店の見分け方1:オトリ在庫
販売店の見分け方2:対応が不親切
販売店の見分け方3:手数料の上乗せ
中古車の良い状態の見分け方を実践しよう

中古車とは

トヨタ マークX

中古車とは、一度誰かが所有していた車のことを指します。世の中には、中古品として販売しているお店がたくさんあります。例えばブランド品のバッグや時計といった中古品も中古車と同じ概念になります。

中古車は、新車で購入した人がそのクルマを手放すために、下取りや買取店に販売した場合に、まだ市場価値があると査定されたクルマが中古車として流通します。

中古車の良い状態の見分け方11選

中古車は、新車ではありませんので誰かが一度は使用したクルマです。また、オーナーは何回変わっているかわからない中古車も存在します。 多くのオーナーが使用してきた車に限らず、中古車は旧オーナーの使い方によって状態が大きく異なります。 そのため、中古車の良い状態を見分けるためには、多くの部分をチェックしなければなりません。

中古車の良い状態の見分け方1:年式

見積もり時の必要書類

中古車の状態を見分けるためには、いつ製作され登録されたクルマなのかを知る必要があります。一般的には、車の年式は車検証の初年度登録で参照します。 年式が新しければ金額も高くなり、古ければそれなりに価格が下がります。 ただし、クラッシックカーやネオクラッシックカーと呼ばれるものは、状態が悪くても中古車価格が高くなります。

中古車の良い状態の見分け方2:走行距離

②年間走行距離

中古車は、旧オーナーが使用しているので走行距離が走った分だけ加算されます。当然走行距離が少ないほど良い車となり、走行距離が長ければ評価も落ちるでしょう。 また、走行距離と年式は比例することが多いので、年式が古くなれば走行距離も増えるでしょう。

一般的に1年1万km程度の走行距離と言われているので、そのバランスが中古車の見分け方として重要となるでしょう。ぜひ把握しておきましょう。

中古車の良い状態の見分け方3:修復歴

車両保険とは?補償される範囲は

中古車の中には、事故を起こして修復を行なっている場合もあります。その場合は、車種情報に修復歴があることを表示しなければなりません。 修復歴とは、車の骨格まで被害が及ぶ事故を起こした車で、修理には骨格の修復のほか、新しい骨格を溶接して取り付けるなどを施しています。

修理の方法は、修理工場によって差があり、そのほとんどは後に不具合が出る可能性があるため、中古車を見分ける重要なポイントとなります。

中古車の良い状態の見分け方4:ボンネット・ドア

マツダ デミオ

中古車の見分け方の一つに、ドアやボンネットといった開閉できる部分がスムーズにできるか状態を確かめることが挙げられます。 毎日使う車のドアの開閉が良くなければ、ストレスが溜まり車に愛着がわかないことでしょう。

そして、ドアなどの開口部がスムーズでない場合、車に何かしらの問題が隠れている可能性があります。 特に開口部は、車の使用方法によりボディが捻じれている可能性もあるので避けるべき項目です。

中古車の良い状態の見分け方5:フェンダー・バンパー

車両全損時諸費用特約とは?

中古車の見分け方で外装から車の状態が良いのか悪いのか見分ける方法が、フェンダーやバンパーといったボルトで車に止められている部品の状態を見ることです。 フェンダーやバンパーは、車に取り付けたときに隙間が空いています。

この隙間をチリといいますが、このチリが左右で同じか、そしてチリが一直線で同じ太さであるか確認します。 チリが合っていない車は、修復歴がある可能性が考えられるので避けるべきでしょう。

中古車の良い状態の見分け方6:ATのシフトショック

運転者の年齢範囲は?

中古車の見分け方として、外装のほかにドライブトレーンを確認することが重要です。ドライブトレーンに不具合を起こせば走行できなくなり、高額な修理費用が必要となるので是非忘れずにチェックしてください。

ドライブトレーンの状態を確認する方法の一つに、シフトノブの状態を確認することが挙げられます。 エンジンを始動してシフトレバーを切り替えたときにシフトショックが起きないか確認しましょう。PレンジからDレンジに入れて「ガツン」とショックがあれば故障の前兆です。

中古車の良い状態の見分け方7:ハンドル

記名被保険者には誰がなる?

中古車を見分けるためには試乗も必要となります。なぜなら、試乗しなければ車の状態を見分けることができない部分があるからです。 車に試乗して確認することは、ハンドルから伝わる振動がないか、ハンドルが左右どちらかにとられる動きがないかです。

ハンドルの状態は調整できる場合と、ステアリングの構成部品に問題がある場合の2種類に分けられますが、いずれにしても修理が必要となります。

中古車の良い状態の見分け方8:空調

エアコン 空調 ピクサベイ

中古車を見分けるには内装の確認も重要です。特に空調の様子を知ることで、車がどのような状況で使われてきたか予想することができます。 空調には、マニュアルエアコンとオートエアコンがありますが、どちらの場合もスイッチを止めた時に車内に古びた雑巾のようなニオイが漂ったら、水没車の可能性があります。

水没車は、車の電装品に致命的な故障を与えるので避けなければならない車でしょう。

中古車の良い状態の見分け方9:シート

日産 マイクラCC 

中古車の状態の見分け方として、車内のシートの具合を見ることでどの程度使用されたか見極めることが大切です。 車のシートは、長く乗車すればそれだけクッションがヘタリ、せんべいのようにぺしゃんこになります。

特に運転席のシートが傷みやすいので、シートの具合を見ればどの程度使われたかわかるでしょう。 また、シートが本革や合成皮革の場合、スレが激しい車も敬遠したほうがよいでしょう。

中古車の良い状態の見分け方10:マフラー

マフラー ピクサベイ

車のマフラーは劣化が進むとサビて穴が開き、交換には高額な修理費が必要となる車種もあります。しかし、ほとんどの場合数万円の出費となるようです。 マフラーは保安部品なので、サビて穴が開くと排気音が大きくなり車検に通らないばかりか、折れて脱落すると交通事故の原因にもなり危険ですので、注意しておきましょう。

中古車の良い状態の見分け方11:エンジンの異音・振動

エンジン ピクサベイ

中古車の良い状態を見分けるには、外観や内装だけではまだ足りません。車はエンジンがなければ走ることができませんので、エンジンの調子が重要になります。

エンジンの調子を見分けるには、アイドリング時にエンジン回転数が安定しているか、そしてエンジンから振動が出ていないか、スムーズに吹けあがるか確認しましょう。 また、エンジンのオイル漏れにも注意が必要で、高額な修理費用がかかることがあります。

中古車を安心して購入できる販売店の見分け方3選

通販型自動車保険の事故対応は本当に大丈夫?

中古車店は、非常に多くありますが、中には信頼できない販売をしてくる中古車店も見られます。 中古車店を選ぶときに、安心して購入できるか簡単に見分ける方法があります。そのお店の営業担当と話をする前からわかる場合と、営業担当と話をしてからわかる場合があります。 そこで、中古車店が優良店舗か見極める方法を3つご紹介します。

販売店の見分け方1:オトリ在庫

中古車を販売するお店の中で悪徳業者と呼ばれる人たちは、オトリ在庫をネットや雑誌に掲載して、お客をお店に呼び込もうとしていることがあります。 オトリ在庫は、相場より安く設定していたり、掘り出し物があるように見せかける手法です。実際にお店に出向くと、ネットや雑誌に掲載されていた車種はなく、他の車に誘導されます。

販売店の見分け方2:対応が不親切

魅力的な車種を販売していても、対応が不親切な中古車店も多く存在します。 中古車店には専門知識が豊富である営業担当が常駐するはずですが、ユーザーの質問に曖昧な答えしか返せない知識の乏しい営業担当もいることを理解しておく必要があります。 特に、曖昧な答えの中には、重大な欠陥を隠していることもあるので、営業担当の答えには十分注意しましょう。

販売店の見分け方3:手数料の上乗せ

中古車を購入する場合、車両本体価格だけでは購入できません。公道を走るにはナンバーの取得が必要ですので、購入したユーザーに名義変更を行う必要があります。 この登録諸費用は中古車店ごとで手数料が決められていますが、中には車両本体価格を安く見せて手数料を数倍上乗せして、相場より高い見積もりを提示してくることがあります。 車両本体価格に惑わされることなく、手数料をよく確認することが重要です。

中古車の良い状態の見分け方を実践しよう

中古車は、同じ車種でも同じコンディションの車は存在しません。良い状態の中古車の見分け方を知らなければ、後で後悔する可能性があります。 ここでご紹介した、中古車の見分け方と良い販売店の見分け方を熟知し、良い販売店で良い中古車を見つけられるようになりましょう。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

デイリーランキング

2021.12.01UP

最新記事