中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

初めての車で中古車を購入する流れ11選|初めての車を選ぶときのコツ

初めての車を選ぶときは、中古車を選んだほうが良いと一般的に言われています。しかし中古車は新車と違い、選び方を間違えると後々大きな出費になることもあります。そこで、初めての車で中古車を購入する方法や選び方を詳しくご紹介します。

Chapter
初めての車で中古車を選ぶポイント3つ
中古車を選ぶポイント1:用途で選ぶ
中古車を選ぶポイント2:乗車人数で選ぶ
中古車を選ぶポイント3:タイプで選ぶ
初めての車で中古車を購入する流れ11選
初めての車で中古車を購入する流れ1:予算を決める
初めての車で中古車を購入する流れ2:好みの車種を選ぶ
初めての車で中古車を購入する流れ3:車の状態を確認する
初めての車で中古車を購入する流れ4:駐車場に入るか確認をする
初めての車で中古車を購入する流れ5:駐車場を確保する
初めての車で中古車を購入する流れ6:店舗候補・来店をする
初めての車で中古車を購入する流れ7:費用の確認をする
初めての車で中古車を購入する流れ8:支払い方法を決める
初めての車で中古車を購入する流れ9:契約書を理解してからサインをする
初めての車で中古車を購入する流れ10:任意保険への加入
初めての車で中古車を購入する流れ11:納車をする
初めての車を選ぶときのコツ3選
初めての車を選ぶときのコツ1:最小回転半径
初めての車を選ぶときのコツ2:ボンネット
初めての車を選ぶときのコツ3:車体サイズ
初めての車で中古車を購入するときのポイントを理解しよう

初めての車で中古車を選ぶポイント3つ

自動車保険の業界シェアはどうなってる?代理店型と通販型を比較!

車の購入を初めて行う場合、中古車を選んだほうが良いと一般的に言われていますが、そこには車を運転する技術が大きく関わっています。 初めて自分の車を所有して、一般道路を走る時にちょっとした不注意で車を擦ることは良くあります。そこで、中古車であれば新車よりは擦ってもそれほど心にダメージが大きくありません。 それでは、初めての車で中古車を選ぶときに何に注意して選べばよいのか、解説します。

中古車を選ぶポイント1:用途で選ぶ

車にはいろいろなスタイルやタイプがあります。当然、スタイルやタイプは使用する人により好みも分かれますし、用途によっても変わってきます。 そこで、初めての車を購入する場合、自分がどのような用途で使用するのかを考えることから始めるとよいでしょう。用途が決まれば、自然に車の車種やタイプも決まってきますから、車を選びやすくなります。

中古車を選ぶポイント2:乗車人数で選ぶ

車は全て同じ乗車定員ではありません。2人乗りもあれば10人以上乗れる車もあります。そこで初めての車を選ぶときには、何人の人を乗せるのか考えましょう。 普段自分一人しか乗らなくても、友人と出かけるシチュエーションも考えられるなら、何人くらいを乗せて走るのか考えるのもよいでしょう。乗車人数が決まれば、車のボディタイプもだいぶ狭まってきます。

中古車を選ぶポイント3:タイプで選ぶ

車のスタイルは、大きく分けるとスポーツカータイプ、セダンタイプ、ミニバンタイプ、そしてSUVタイプに分けられます。そこで、初めての車を中古車で探す場合、自分がどのスタイルが好きなのかを決めるとよいでしょう。 スタイルが決まると、各自動車メーカーから同じスタイルの車種を選べますから、あとはデザインの好みで車を選べるでしょう。

初めての車で中古車を購入する流れ11選

車は高い買い物ですから、初めての車を選ぶときには、何から始めればよいのか迷う人も多いことでしょう。また、購入するにあたり、一体どのような手続きがあるのか、そして必要な書類は何があるのか全く分からないことでしょう。 そこで、車を購入する流れを11のパートに分けて順を追って詳しく解説していきます。

初めての車で中古車を購入する流れ1:予算を決める

車は中古車といっても高額な商品です。安い中古車でも乗り出しまでに数十万円の出費となります。 そこで、初めての車を中古車で購入するにも、予算を考える必要があります。自分の貯蓄で一括購入するのか、それともローンを組んで購入するのかを考えるようにします。 ローンは銀行ローンと中古車店で用意している信販系のローンに分かれます。いずれにしても審査は必要となることも忘れないようにしましょう。

初めての車で中古車を購入する流れ2:好みの車種を選ぶ

初めての車を選ぶときには、どんな車にするのかワクワクすることでしょう。しかし、ほとんどの人は自分が車の購入を考えたときにどんな車が欲しいか、だいたい好みが決まっています。 そこで、車の好みが決まっていれば、そこから好きな車種を選ぶことを考えましょう。車の車種の名前がわからなくても、街ゆく車の中から好きな車さえ見つければ、車の後ろにエンブレムがあるので車種名がわかることでしょう。

初めての車で中古車を購入する流れ3:車の状態を確認する

購入する車の候補が決まったら、実際に車の状態を確認しなければなりません。 新車の場合、車の状態は自分が本当に好きな車なのか確認するだけで済みますが、中古車の場合は、車外や車内にどの程度傷があるのか、部品に問題がないのか、装備はどうなのかといったチェックが必要です。 中古車の場合は、同じ車種が多くの中古車店に並んでいることが多いでしょう。そこで、候補の車種が決まったら、いろいろな中古車店で車の状態を確認して一番程度の良い車を候補としましょう。

初めての車で中古車を購入する流れ4:駐車場に入るか確認をする

車の選定が終わっても、その車を保管する場所がなければ購入できません。特定の地域を除き、車を購入する場合は車庫証明が必要となるからです。 車庫証明には、車の車検証に記載の車の寸法が必要となります。そして、実際にその寸法の車を保管できるスペースが必要となるので、自分の欲しい車が保管する場所に収まるのか確認します。

初めての車で中古車を購入する流れ5:駐車場を確保する

車を購入する場合、駐車場が必要ですが、自宅に駐車場がない場合は月極駐車場を契約する必要があります。また、賃貸住宅の場合も、大家さんに駐車場の使用許可をもらわなければなりません。 また、月極駐車場でも、購入する車を保管できる駐車サイズが必要であるほか、自宅からの距離なども考慮しなければなりません。

初めての車で中古車を購入する流れ6:店舗候補・来店をする

初めての車の候補が決まったら、購入するお店を決めます。お店のホームページで車の確認をした場合も、当然お店に出向いて自分の目で車の確認をすることが重要です。 車を購入する店舗も1店舗だけにするのではなく、いくつかお店の候補を挙げて実際に車を見比べるようにします。 中古車の場合は、同じグレードでも前のオーナーの使い方で車の状態は大きく変わっていますから、いくつかのお店に出向いて確認することは重要です。

初めての車で中古車を購入する流れ7:費用の確認をする

中古車の選定がほぼ決まったら、支払金額の確認をしましょう。車は新車も中古車も車両価格では購入することはできません。 車は、公道を走るためにはナンバーを取得する必要があり、登録を陸運局で行う必要があり手数料がかかります。また、車を登録するには、印鑑証明書が必要となります。 印鑑登録を済ませていない場合は、この時に印鑑登録を済ませましょう。このほか車庫証明代も別途必要となるほか、納車費用なども掛かります。

初めての車で中古車を購入する流れ8:支払い方法を決める

車の購入がほぼ決まったら、支払方法をどうするか決める必要があります。支払方法には現金一括、クレジットカード、ローンがあります。 現金一括の場合は、資金内の車しか買えませんが、金利手数料は一切かかりません。その反対に、ローンは審査が通れば手持ち資金より大きなお金を運用できるので、高額な中古車も購入できます。しかし、金利手数料がかかり、支払総額が大きくなるデメリットがあります。

初めての車で中古車を購入する流れ9:契約書を理解してからサインをする

車の購入には、必ず契約書にサインが必要です。契約書は多くの約款が記載されており、読むのが非常に大変ですが、理解しないままサインすると思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります。 例えば、契約書には、保証期間についての記載があります。車は高い買い物なので、購入した後に故障したら高い修理代が必要となります。そこで、補償にはどのような規定があるのか確認が重要です。

初めての車で中古車を購入する流れ10:任意保険への加入

車を購入すると、自賠責保険に強制的に加入することになりますが、交通事故のすべての補償を自賠責保険でしてもらうことはできません。そこで、自分の欲しい補償が付けられる任意保険に加入することをお勧めします。 任意保険は中古車ディーラーで加入できますが、各損害保険会社のホームページからでも任意保険に加入できます。

初めての車で中古車を購入する流れ11:納車をする

車は普通の商品と違い、購入契約が終わっても、そのまま車に乗って帰ることはできません。それは、購入した人の車にするために陸運局に届出をして、移転登録をしなければならないからです。 また、車検が切れていれば新たに新規登録という形となり、時間は移転登録よりかかることになるでしょう。車が自分の手元に届くまでは、ある程度時間がかかることを承知しておかなければなりません。

初めての車を選ぶときのコツ3選

初めての車を選ぶときには、何から始めればよいのか全く分からないことでしょう。まして、車は大きさも操縦性能もすべて異なります。 当然、車が大きければ狭い路地での取り回しに苦労し、駐車場での車庫入れの時にも何回も切り替えしをしなければならず、運転が嫌になってしまう人もいます。 そこで、車を便利に使うために初めて車を選ぶときに外せない3つのコツをご紹介します。

初めての車を選ぶときのコツ1:最小回転半径

住宅街などには狭い路地もあり、車の走行性能によっては、狭い路地などで取り回しに苦労することがあります。 車はハンドルを回せば曲がりますが、最大にハンドルを切った時に車が回れる大きさ、つまり円を描く大きさが異なります。これが最小半径と呼ばれる車の性能になります。 最小半径が小さい車ほど小回りが利くので、初めての車を選ぶときには、できるだけ最小半径の小さい車を選ぶと運転が楽にできるでしょう。

初めての車を選ぶときのコツ2:ボンネット

車の大きさは車種によりいろいろな大きさがあります。特に運転席から前方を眺めたときに、ボンネットの先端の見え方が車の運転のしやすさに大きく関わります。 特に狭い道路でのすれ違い時に、ボンネットが短ければ車体の大きさを把握しやすいので、すれ違いもスムーズに行えます。しかし、ボンネットが長いと車体の大きさを把握できずに自損事故を誘発する恐れが高くなります。

初めての車を選ぶときのコツ3:車体サイズ

初めての車を選ぶときに重要なのは、車体サイズです。初めて車を所有するのに、車幅が2m近い車を運転するのは至難の業です。 そこまで大きくなくても最近のミドルサイズのSUVも1,800mmを超える車幅が普通なので、デザインだけで選ぶと車体の大きさから車をうまく扱えないことでしょう。 また、全長も5mを超えるとかなり大型の車となり、狭い路地の交差点の右左折が難しくなります。 

初めての車で中古車を購入するときのポイントを理解しよう

初めての車を中古車で購入するには、自分だけで悩むより車に詳しい人に相談するのも一つの方法です。 車の選び方や車の購入にかかる費用、そして購入後にかかる維持費などのポイントを理解して、中古車の中から自分に合った1台を探しましょう。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

デイリーランキング

2021.03.04UP

最新記事