中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

50代におすすめの車12選。夫婦ドライブにピッタリの車から憧れの外車まで、一挙紹介!

50代 保険 おすすめ

50代になると、金銭的・精神的に余裕が生まれてプライベートや趣味をゆったり楽しめる方や、そろそろ子育てが落ち着いて夫婦のんびりと過ごす時間ができる方が増えてきます。

それまでは家族で乗る「ファミリーカー」という視点で車選びをすることも多いでしょうが、50代からは自分のための車選びを楽しめるのが魅力です。

ここでは、50代におすすめしたい車12車種をピックアップして紹介。また、50代ならではの車選びのポイントについても解説します。

Chapter
50代の車選びのポイントは?
夫婦2人でドライブを楽しめる、おすすめの車
予算にも余裕が生まれた今、選びたい外車
カッコよく乗りこなせる、憧れのハイグレード車
自分主体の車選びを楽しんで!50代女性にピッタリの一台
今だから楽しめる「自由な車選び」を満喫しよう

50代の車選びのポイントは?

50代 保険 おすすめ

国税庁が行った「民間給与実態統計調査(令和2年分)」によると、50代前半(50〜54歳)の男性の平均年収は656.3万円、女性が318.7万円。50代後半(55〜59歳)の男性の平均年収は668.1万円、女性が310.5万円です。

男性の年代別平均年収を比較してみると、実は50代が最も収入が高い世代となっています。

そのため金銭的には余裕がある方が多く、大抵の車であれば手が届くと言えるでしょう。

車選びにおいては、ある程度予算を決めておきつつ、何にこだわりたいのか・どのようにプライベートを楽しみたいのかといった観点で選ぶと満足度も高くおすすめです。

まずは、50代の車選びで特に重視されることが多いポイント3点について紹介していきます。

出典:令和2年分 民間給与実態統計調査|国税庁


子育て中の方であれば、以下の記事で子育て世帯におすすめの車を多数紹介していますので、合わせてご一読ください。

「燃費の良さ」で選ぶなら、その目的・手段も考慮して

車 EV 燃費

ファミリーカーの筆頭として挙げられるミニバンは、車体が大きく重量も重い・乗車人数も多いということから、燃費はどうしても悪くなりがち。

子育て中は利便性の高さからミニバンに乗っていた方も、子どもが巣立つタイミングでそこまでのボディサイズは不要となり、他の車に買い換えようと考えることが多いかと思います。

こういった背景から、買い替え後の車に対しては燃費にも気を配る方が多い印象です。特に女性の車選びでは、日常用のセカンドカーとして使う方も多く、燃費を重視する傾向があります。

ただ、単純に「燃費が良い車」と言っても、その選び方は多岐にわたります

そもそもの燃費性能の良さを重視するのであれば、ハイブリッド車PHEV/PHV(プラグインハイブリッド車)などを選ぶのが良いでしょう。また、車両重量が軽い車を選ぶことでも燃費は良くなります。

どういった観点で燃費が良い車を選ぶかは、かかる税金などの維持費、住んでいる周辺地域の道路環境、利用用途なども考慮して検討しましょう。

プライベートで使うからこそ、「乗り心地」も大事

運転 50代 ドライバー

50代ともなると、運転歴が長くベテランドライバーだという方も多いでしょうが、運転中の疲れやすさ・体を痛めやすさについては年齢を重ねるごとに悪くなりやすくなります。

快適なドライブの時間を楽しむためにも、50代からは乗り心地の良さにぜひこだわって選びたいところです。

ファミリーカーからの乗り換えであれば、自分一人か夫婦二人で乗るシーンがほとんどになるでしょうから、車選びにおける選択の幅はかなり広がります。

どんなボディタイプからも選べるのはもちろん、静粛性が高いもの、運転席の快適性能が高いもの、走行安定性に優れたものなど、好みや用途、こだわりたいポイントに合わせて探すことができます。

また、最近では高速道路走行中の運転をアシストする機能が設定されている車種も増えてきました。

長時間ドライブして遠出を楽しみたいという方は、この機能の有無もチェックしてみるのがおすすめです。

安全性能は、万が一のためにも軽視しない

また、50代で購入するなら先進安全技術を搭載している車もおすすめ。

近年では標準で先進安全技術を搭載しているモデルが増えてきましたが、車種によってはオプション設定の場合もありますし、中古車も選択肢に加える場合にも装備の有無を確認して選ぶ必要があります。

先述した内容にも関連しますが、最近の先進安全技術の進歩はめざましく、高速道路走行時の運転を快適にサポートしてくれる機能も付くなど年齢に関わらずおすすめできる装備となっています。

もちろん、緊急ブレーキ誤発進抑制機能など万が一の事故を回避支援する機能も揃っているので、安全性を高められるところが利点です。

機能に頼り切りというのはよくありませんが、購入後長く乗り続けたいと考えている場合は、60代以降も乗車することも考慮してぜひ付けておくことをおすすめします。

「50代の車選び」で押さえたい3つのポイント
燃費が良い車を選ぶなら、予算的にもハイブリッド車やPHEV/PHV車から選択可能。女性ドライバーや利用シーン次第では、重量が軽い軽自動車・コンパクトカーもおすすめ

● 体の負担軽減のため、乗り心地の良さも重視すべきポイント

●60代以降も乗り続ける可能性があれば、安全装備や機能が充実したものがおすすめ

車選びのポイントを押さえたところで、50代におすすめしたい車12選をいくつかの利用用途・シーン別に紹介していきます!

夫婦2人でドライブを楽しめる、おすすめの車

シニア 老夫婦

まずは、普段使いするも良し、休日には遠出したりレジャーを楽しむのも良しの、幅広いシーンで使いやすい車を紹介します。

子育てが終わり、自分の時間を楽しめるようになる方も多い50代。

金銭的には余裕があるのでどんな車でも選部ことが可能でしょうが、ここでは「日常シーンでの利用が多く、休日にはドライブなども楽しみたい」というニーズに焦点を当てて、おすすめ車種をピックアップしました。

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリスは2020年に発売されたコンパクトカーで、発売以降の新車販売台数(シリーズ合計)は国産車の中でも首位を獲得し続けている人気車種です。

以前は「ヴィッツ」の名で販売されていた同車ですが、誕生20周年の節目で登場した4代目モデルからは国外モデルなどで採用されていた「ヤリス」の名称に。

国内外で広く販売されている車種でありながら、日本向けにも作り込まれた機能性があり、圧倒的な人気を勝ち取っています。

コンパクトカーでありながら「ファーストカーとして選んでもらえる車」をコンセプトに開発されており、デザインの上質感や躍動感が特徴。

また、安全装備が充実している点も人気が高い理由の1つで、最廉価グレード以外の全モデルにプリクラッシュセーフティ、レーントレーシングアシストなどを始めとした「Toyota Safety Sense」が標準装備されています。

ラインアップはガソリン車ハイブリッド車があり、ハイブリッドの場合は圧倒的な低燃費も大きな特徴。

最大でWLTCモード36.0km/L(HYBRID X 2WD)という、世界トップレベルの燃費を記録しているのは特筆すべきポイントでしょう。

これらを備えながら、価格帯は139万5千円(X"Bパッケージ" 2WD)〜252万2千円(HYBRID Z 1.5L E-Four)とコストパフォーマンスがよく、老若男女を問わず幅広い方に支持されるコンパクトカーと言えます。

マツダ MAZDA3

マツダ MAZDA3

マツダ MAZDA3は、ファストバック(スポーツハッチバック)とセダンをラインアップする乗用車。

かつては「アクセラ」の名で販売されてきましたが、国外向けには「Mazda3」として流通しており、2019年5月に登場した4代目モデルからは国内モデルでも同名称が用いられています。

マツダ独自のデザインコンセプト「魂動デザイン」を採用した次世代商品群の1つでもあり、上質感や高級感、躍動感のあるエクステリアデザインが魅力のです。

またインテリアも、ドライバー中心に考えられた機能美が特徴。

運転席には10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能を用意し、助手席にもラチェットレバー式シートリフターを標準装備するなど、前列シートの快適性が抜群です。

さらに、体への負担が少ないペダルレイアウトや、情報が整理され適切な配置がされたインパネレイアウトなど、心地よい運転を楽しめるよう細かな配慮が施されています。

パワートレインにはガソリン車、ハイブリッド車、ディーゼル車を用意。

燃費重視なのか、走りを楽しみたいのかなどのニーズに応じて選ぶことができるのも嬉しいですね。

三菱 アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダー

三菱 アウトランダーPHEVは、様々な路面に対応できる高い走行安定性が特徴のミドルサイズSUVです。

アウトランダーPHEV
の魅力は、日本を代表するプラグインハイブリッドモデルとも言われる完成度の高さです

ラインナップはすべて4WDモデルで、4輪の駆動力・制動力を最適に制御する「S-AWC」を全車に標準装備。ドライバーの意のままの走りが楽しめるほか、どんな路面に対しても最適なトルク配分を行うことで、安定した走行が可能です。

また、シーンに合わせて選べる7つの走行モードを設定。

通常時はNORMALモード、運転スタイルに合わせて選べるPOWERモードとECOモード、路面状況に合わせて選べるTARMACモード・GRAVELモード・SNOWモード・MUDモードがあり、本格的なレジャーシーンでも活用できます。

PHEVでありながら悪路走破性も備えており、災害時にも外部電源として活用できるなど、マルチに車を使いたいという方にもおすすめの一台です。

予算にも余裕が生まれた今、選びたい外車

輸入車 オープンカー

続いては、車購入にかけられる予算に余裕が生まれる50代におすすめしたい外車(輸入車)を3つ紹介します。

輸入車は国産車に比べて価格帯がやや高めの場合が多く、メンテナンスや修理にかかる費用も高い傾向にあります。

そのため、予算的にも子育て中という背景からも、若い頃はなかなか手が出しづらいもの。50代であれば、そういった懸念がなく自由に車選びをすることができます。

また、国産車とは異なる趣向のデザインも楽しめるため、見た目の好みで選ぶのも良いでしょう。

メルセデス・ベンツ Cクラス

メルセデス・ベンツ Cクラス

輸入車の中でも「高級車」のイメージが強いメルセデス・ベンツ。展開する車種が豊富なのもベンツの特徴で、Cクラスは車格・価格帯的に中間に位置するモデルとなります。

基幹は4ドアセダンモデルで、派生車種としてステーションワゴン、2ドアクーペ、カブリオレをラインアップしています。

ベンツを選ぶからには、やはり見た目の高級感にはこだわりたいという方も多いでしょう。

一般的に「高級車」と言われるのはCクラス以上のモデルからとされており、エクステリア・インテリアともに上質感はお墨付きです。

また、Cクラスは比較的コンパクトなサイズであることから、狭い道路や駐車場が多い日本でも取り回しがしやすいのがポイント。

パワートレインには直噴ターボエンジンのほか、環境に配慮したプラグインハイブリッド、力強い走りを楽しめるディーゼルエンジンなど3つを用意しているので、用途やニーズに合わせて選択することができます。

BMW 5シリーズ

BMW 5シリーズ セダン

BMWも日本で人気の高い輸入車メーカーの一つですが、そのラインアップは「シリーズ」によってグレード分けがされています。

BMWの主力車種とされているのは3シリーズですが、そのワンランク上に位置する上級グレードが5シリーズです。

こちらはセダンとツーリングのモデルが用意されていますが、特に売れ筋なのはセダン

プレミアムな内外装の質感はもちろんのこと、現行型モデルでは軽量化・車体の低重心化・重量配分の変更などを行うことで、長距離走行においても優れた走行性能と快適性を両立した車となっています。

また、歩行者検知機能付の衝突被害軽減ブレーキなどの機能を備える「ドライビング・アシスト」が標準装備されており、国産車にも負けない先進安全装備の充実度となっています。

パワートレインにはガソリン・ディーゼル・プラグインハイブリッドの3つを用意。

「駆け抜ける歓び」というブランドの代名詞にもある通り、PHEVであっても重厚で安定感のある走りを楽しむことができるのが魅力です。

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロは、運転しやすいサイズ感とゆとりある室内空間を確保したコンパクトカーです。

日本においては年間販売台数が1万台を超えるなど人気が高いモデルの一つで、女性ユーザーも多いのが特徴です。

その歴史は古く、初代が登場したのは1975年のこと。現行型は6代目モデルとなっています。

日本と同じく狭い路面も多いヨーロッパの道路事情にも対応できるコンパクトサイズでありながら、ホイールベースを拡大したことでゆとりのある室内空間と荷室の広さを確保。

日常使いはもちろん、週末にちょっとした旅行に出かけるのにも十分使えます。

また、ポロは小排気量ながらパワフルな走りを楽しめるのも魅力。

高速道路での走行でも車体がふらつきにくく、安定した走りを味わえるほか、プリクラッシュセーフティといった予防安全機能が標準装備されているのが嬉しいですね。

もし長距離ドライブも楽しみたいという方なら、アダプティブクルーズコントロールが標準装備される「TSI Highline」「TSI R-Line」グレードもおすすめです。

カッコよく乗りこなせる、憧れのハイグレード車

続いてはお金に余裕があるオトナだからこそ手が届く、憧れのハイグレードな車を紹介します。

ここでは単純に価格が高いだけではなく、高級感がある・快適性が高いなど総合的に見てハイグレードな印象の車をピックアップ。

いつかは乗ってみたい憧れの車、自身の所有欲を満たしてくれる一台に出会えるはずです。

レクサス LSシリーズ

レクサス LS500h

レクサスといえば、トヨタが展開する言わずとしれた高級車ブランド。その中でもフラッグシップとして、最高級セダンの立ち位置にあるのがLSシリーズです。

内外装の高級感はもちろんですが、LSシリーズの最大の特徴はその静粛性と乗り心地

上質な走りや加速を楽しめると同時に、エンジン始動音の静粛性や振動の低減などにもこだわった作りとなっています。

また、運転支援技術においても「質」にこだわり抜かれたLexus Teammate [Advanced Drive]を搭載しているのがポイント。

高速道路・自動車専用道路走行中の車線/車間維持、分岐、車線変更、追い越しをサポートしてくれるので、長時間ドライブの疲労軽減に貢献してくれます。

現在新車販売されているのはガソリンモデルのLS500、ハイブリッドモデルのLS500hのみとなっていますが、中古車も選択肢に加えるとLS460、LS460L、LS600、LS600hLも選べます。

ポルシェ 911

ポルシェ 911 カレラS

ポルシェ 911は、1964年の発売から一貫してRRレイアウトを守る長い歴史を持つ高級スポーツカーです。

ポルシェのフラッグシップモデルらしく優れた走行性能を誇り、伝統的な車体デザインと丸いヘッドランプが特徴です。

911の魅力はやはりその走り。特にエンジンに対するこだわりは強く、現在ではあまり見ない複雑な構造の水平対向エンジンを採用し、低振動性に優れています。

また”ボクサーサウンド”と呼ばれる独特なエンジン音も、ポルシェならではのものとして親しまれており、まさに「本格スポーツカーで走りを楽しみたい」方にはピッタリの一台です。

911には様々なモデルがラインアップされていますが、人気が高く中古車でも見つけやすいのは「カレラ」シリーズ

同シリーズ内にもベーシックモデル、高性能モデルの「カレラS」、4輪駆動モデルの「カレラ4」、ハイスペックモデルの「カレラターボ」など様々なモデルがありますので、どこまで走りや機能にこだわるかによって選ぶと良いでしょう。

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー 300

トヨタ ランドクルーザーは、世界的にも人気が高い高級大型クロスカントリー車です。

歴代ランクルには、大きく分けると「ステーションワゴン系」と「ヘビーデューティ系」がありますが、現在販売されている300系はステーションワゴン系に分類されます。

本格的なオフローダーらしい力強さと品格を感じさせるエクステリアや、伝統のラダーフレームを継承し信頼性・耐久性・悪路走破性は進化させるなど、よりアクティブなギアとして車を活用したい方にはピッタリの一台です。

もちろん、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」や、高級車らしい上質なインテリア、充実の快適装備も備えています。

またトヨタ初の「指紋認証スタートスイッチ」を採用。盗難に対するセキュリティ対策もさらに向上しました。

本格的な悪路走破性を備えたSUVが欲しい方、街中でもステータスや強い存在感のある1台を探している方は、検討してみてはいかがでしょうか?

2021年に登場したばかりのランドクルーザー300系ですが、世界的な人気のあおりをうけて、現在、国内での注文がストップしています。納車が待てないという方は、先代(200系)を狙いのも手です。

自分主体の車選びを楽しんで!50代女性にピッタリの一台

最後に、50代の女性におすすめしたい車3選を紹介します。

子育てが終わり、自分自身の好みで車を選ぶことも可能。押さえたいポイントはチェックしつつ、デザインも大人らしい上品さや華やかさのある一台を探してみたいものです。

セカンドカーとして探される方も多いということで、今回は新車・中古車で購入しやすい価格帯のモデルをピックアップしました。

日産 ノートオーラ

日産 ノートオーラ

日産 ノートオーラは、「上質をまとったコンパクト」というテーマのもとに全く新しいプレミアムコンパクトカーとして2021年6月に発表された車です。

ベースとなった3代目ノートよりもさらに上質なデザインやインテリアが人気で、まさに「オーラを纏ったような」上品な印象が魅力。

発売1ヶ月後に発表された受注状況からも、7割以上のユーザーが上級グレードの「G leather edition」を選択、セットオプションの装着率も88%に上るなど、上質感を求める方が多いことがうかがえます。

また、パワートレインはe-POWERのみ。これは3代目ノートと同じものを採用していますが、制御を変更したことでモーター出力はパワーアップしており、見た目からは想像できないほどの力強い走りが楽しめます。

もちろん静粛性や燃費性能も優れ、インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)、BSW(後側方車両検知警報)などといった安全機能も標準で装備。

デザインはもちろん、機能面で見ても女性が求めるものが揃った一台と言えます。

トヨタ アクア

トヨタ アクア

トヨタ アクアはハイブリッドモデルのコンパクトカー。

圧倒的な低燃費と運転しやすい取り回しの良さを備えていること、またハイブリッドカーでありながら200万円ほどと購入しやすい価格帯であることから、老若男女を問わず幅広いユーザーに選ばれています

その特徴はなんといっても燃費性能の良さ

現行型の2代目アクアにおいては、2WDモデルのWLTCモード燃費が33.6〜35.8km/L、4WDモデルのWLTCモード燃費が30.0〜30.1km/Lと、いずれも30km/Lを超える圧倒的な数字を実現しています。

また、全車に予防安全技術「Toyota Safety Sense」を標準装備。

もともとコンパクトなサイズなので周囲との距離をはかりやすいですが、小回り性能も最小回転半径が4.9〜5.2mと小さいため、運転が苦手という方でも不安が少なく済むのがポイントです。

BMW MINI COOPER(ミニクーパー)

BMW ミニ 3ドア

BMW MINIは、輸入車の新車登録台数ランキングにおいて2016〜2020年の5年連続で首位を獲得しており、日本で今最も人気が高い輸入車とされています。

MINIシリーズの中でも特に人気が高く、女性でも取り回ししやすいサイズとMINIらしいアイコニックなデザインを備えているのがミニ クーパーです。

ミニクーパーは、MINIの基幹モデルであるハッチバックモデル(3ドア/5ドア/コンバーチブル)に用意されているグレードの一つ。

似ているグレード名の「クーパーS」もありますが、こちらはスポーティなデザインやハイパワーのエンジンを搭載するスポーツグレードです。

MINIならではの個性的なスタイリングやデザインにはファンも多く、また輸入車の中では購入しやすい価格帯であることから、女性にも人気の輸入車となっています。

街乗りには十分なパワーを備え、狭い道でもクイックな取り回しが可能なので走行性能もバッチリ。おしゃれな車にこだわって選びたい方におすすめの一台です。

夫婦2人で乗ることが多いのであれば、価格が抑えられる3ドアモデルを選ぶのがお得かもしれません。

今だから楽しめる「自由な車選び」を満喫しよう

中古車探し

家族構成や購入予算のしがらみが減り、自由な車選びが楽しめる50代

選択肢に迷ったら、日常生活を快適に過ごすためか、週末のアウトドアを楽しむためかなど、まずは自身のライフスタイルに沿った車の中から検討してみましょう。

いつかは乗りたいと思っていた憧れの車に乗るのも、まだまだアクティブにプライベート時間を楽しめる今だから乗っておきたいもの。ぜひ後悔のない車選びを楽しんでください。

約20万台の全国の中古車を掲載する「車選びドットコム」では、好みのメーカーや車種・予算・地域・年式などの条件を絞りこんで、あなたにピッタリの1台を探すことができます。

万一の故障も修理費がかからない「EGSプラス保証車両」など、中古車でも安心して購入できる車両が満載。初めてのマイカー購入でも、安心してお選びいただけます。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式サイト:https://www.kurumaerabi.com/
公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2023.12.06UP

デイリーランキング

2023.12.06UP

最新記事