中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

【プロ解説】MT免許をもっていたら、絶対に新型スイフトに乗るべき。その理由とは?

スズキ スイフト HYBRID MX 2023

2024年1月に販売を開始した5代目となる新型スズキ スイフト

歴代スイフトが培ってきた優れたデザイン性と走り、安全装備と高い利便性に、“クルマと日常を愉しめる”という新たな価値を融合した世界戦略車です。

そのスイフトに試乗することができましたので、インプレッションをお届けしましょう。

Chapter
基本性能を高めた新型スイフト
3ペダルMTによるドライブを楽しめる数少ないコンパクトカー
新型スイフトは、経済的なのに乗るのが楽しい、素うどんのようなクルマだった

基本性能を高めた新型スイフト

スズキ スイフト HYBRID MX 2023

新型スイフトは、全長3,860mm×全幅1,695mm×全高1,500mmの5ナンバーサイズで2024年に登場しました。

基本骨格に、高剛性と軽量化を両立したプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。ボディの結合部には減衰接着剤を塗布するとともに、バッフル材の追加やダッシュパネルの板を厚くすることで、高い静粛性を実現しています。

パワートレインは、全車燃費性能を追求し高効率を実現した新開発のZ12E型1.2L直列3気筒DOHCエンジンと、それに最高出力3.1ps、最大トルク60Nmを発生するモーター機能付発電機(ISG)とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドの2種類。

トランスミッションは、トルクコンバーターに低剛性化したダンパーを採用し、高い静粛性能と燃費性能を両立する高効率CVTと、5速MT(HYBRID MZ・2WD)。

WLTCモード燃費はマイルドハイブリッド車が22.7〜24.5km/L(CVT)と25.4km/L(5速MT)、ガソリンエンジン車は22.0〜23.4km/Lです。

予防安全技術の『SUZUKI Safety Support(スズキセーフティサポート)』には、広角単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポートII」を採用。右左折時の歩行者や自転車さらに右折時の自動二輪車も検知できるようになりました。

くわえて、ハイビームの照射範囲を制御する「アダプティブハイビームシステム(HYBRID MZ)」「車線維持支援機能」「車線逸脱抑制機能」「アダプティブクルーズコントロール」などがドライバーの疲労を軽減します。

車両本体価格は、ガソリンエンジンの「XG」が172万7000円〜、マイルドハイブリッドを搭載した「HYBRID MX」が192万2800円〜、最上級グレードの「HYBRID MZ」は216万7000円〜。

メーカーオプションとして、カメラがドライバーの顔情報を認識し、居眠り、眠気、脇見を検知して注意をうながす「ドライバーモニタニングシステム」が使えるようになる全方位モニター付メモリーナビゲーション・スズキコネクト対応通信機装着車は「HYBRID MX」と「HYBRID MZ」で選ぶことができます。

3ペダルMTによるドライブを楽しめる数少ないコンパクトカー

今回試乗したモデルは「HYBRID MX」の5速MT車です

スズキコネクト対応の全方位モニター付メモリーナビゲーションのほか、ETC2.0車載機、ドライブレコーダー、フロアマットといったオプションが追加装備され、合計228万5800円という仕様です。

早速、走り出してみると1トン(車両重量970kg)を切るスイフトは、軽快さが際立っています。

クラッチペダルやシフトなどの操作も軽く、「クルマと日常を愉しめる」という新しい価値を提供してくれます。

スズキ スイフト HYBRID MX 2023

使うギアを自分の意思で選べる楽しさを味わったのは、箱根のワインディングを走行したときです。

急な上り坂では、1.2Lエンジンのパワー不足を感じるシーンがたびたびあり、モーターアシストが働くとはいえ加速時にはモタつきを感じることも少なくありません。

スムーズに走行するためには、エンジンのトルクバンドを外さないよう適切なギアを選びながら走る必要があります。

また上り坂はもちろんですが、エンジンブレーキを活用する下り坂でもMT車の利点を享受できます。

このように走行に合わせて最適なギアをドライバーが積極的に選択できるのは、MT車の醍醐味でもあり、魅力です。

新型スイフトは、経済的なのに乗るのが楽しい、素うどんのようなクルマだった

一般的にMTというと、スポーティ要素の強いモデルのように感じるかもしれませんが、ブレーキングでははっきり前に荷重が移動しますし、カーブでも控えめながらロール(クルマの傾き)します。

ハンドリングは非常に素直な印象で、走る・曲がる・止まるを大事にしたであろう車作りは好感が持てます。

また最新モデルらしく充実した運転支援機能や、手を出しやすい新車の価格設定など、初めてMT車に乗るビギナーから、長年乗り続けているこだわりのドライバーまで、すべての人にマッチする優しいクルマに仕上げられています。

今回東京と箱根を往復した燃費は20.5km/L。箱根のワインディングでは大きくダウンしましたが、アダプティブクルーズコントロールを使用した高速走行ではみるみる挽回。

スイフトの優しさはドライバーだけでなく、お財布にもおよんでいました。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として本格的に参画し、2006年に独立。現在は、日本でもっとも多くの広報車両を借り出して取材を行うフリーランスの編集者として活動中。中古車の流通、販売店に精通した「中古車相場師」と呼ばれるいっぽうで、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

スイフト記事デイリーランキング

2024.05.25UP

デイリーランキング

2024.05.25UP

最新記事