中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

わかりにくい?N-BOXとN-WGNの違いとは? 〜N-ONE、N-VANについても解説〜

ホンダ N-BOX カスタム ターボ

軽自動車のみならず、登録車も含めた販売ランキングでトップの常連であるN-BOXをはじめ、N-WGN、N-ONE、商用車のN-VANという軽自動車をラインナップしているホンダ。

今回はN-BOXとN-WGNの違いを主題に、N-ONE、N-VANを含めたホンダ「N」シリーズの各キャラを紹介します。

Chapter
Nシリーズ第1弾の「N-BOX」は軽スーパーハイトワゴン市場を活性化
「N-WGN」はちょうどいい高さの軽ハイトワゴン
走りも魅力のセミトールワゴンの「N-ONE」
助手席ピラーイン構造を採用する軽商用モデルの「N-VAN」
四車四様、それぞれに魅力があるNシリーズ

Nシリーズ第1弾の「N-BOX」は軽スーパーハイトワゴン市場を活性化

ホンダ N-BOX 2023

ホンダのNシリーズ第1弾として2011年に発売された初代N-BOXは、「ミニ・ミニバン」を目指したモデルで、F1のエンジン開発やF1プロジェクトリーダーを務めた浅木泰昭氏が開発主査(LPL)を務めました。

F1から軽自動車の開発というあまり例のないなか、先入観なしで新時代の軽自動車を作り出した感があります。

当時、軽最小のエンジンルーム長、前席下に燃料タンクを配置したセンタータンクレイアウトにより、低い床面と広いリヤシートを確保。居住性、積載性に優れ、ファーストカーに耐えうる使い勝手を確保

さらに両側スライドドア、高めのアイポイントなどにより小さなミニバンのような乗降性や利便性も備え、ダイハツ タントの追随車として、軽スーパーハイトワゴンに参入しました。

軽といえば女性ユーザーが中心というイメージですが、初代N-BOXは男性も含めた幅広い層から支持を得ました。

さらに開発主査の浅木泰昭氏は、介護ニーズも狙いN-BOX+(プラス)も2012年に世に送り出しています。

現在、ラインナップから消えたN-BOX+ですが、1台で介護も車中泊もキャンプにも出かけられることを目指し開発した、と筆者に明かしてくれたことを思い出します。

その後、2014年に「チョップドルーフ」を採用したN-BOX SLASHを発売。デザインや快適、安全装備、走りなどを進化させながら3代目となる現行型に至っています。

「N-WGN」はちょうどいい高さの軽ハイトワゴン

ホンダ N-WGN 2代目

初代N-WGNは、スズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴなどが牽引してた軽ハイトワゴン市場に2013年に投入されました。

初代N-BOXの全高1,770mmに対して、初代N-WGNは1,655mmと115mmも低く、リヤはスライドドアではなく、一般的なスイング式(ヒンジ式)が採用されています。

とはいえ、ハイトワゴンというだけあって前後席ともに十分な頭上空間を備えています。

室内はセンタータンクレイアウトが採用され、290mmという深さを誇る荷室の床下収納、200mmの後席スライド機構などがポイントです。

2019年に2代目にスイッチし、軽では現在唯一のチルト&テレスコピック機構をステアリングに備え、軽のなかでもっともドライビングポジションが取りやすいクルマになっています。

走りも魅力のセミトールワゴンの「N-ONE」

N-ONELOW画像0013

N-ONEは、N360をデザインモチーフとしたセミトールワゴンで、初代の全高は1,610mmと初代N-WGNの1,655mmよりも45mm低く設定されました。

とはいえ、スズキ アルトやダイハツ ミラ(ミライース)などの軽セダンと呼ばれるクラスよりも室内や荷室が広くなっています。

センタータンクレイアウトが採用され、室内や荷室の広さを確保しつつ、全高の低さを活かした低重心な走りが魅力です。スポーティな「RS」には、6MTも設定されるなど、スポーツ派にも支持されています。

助手席ピラーイン構造を採用する軽商用モデルの「N-VAN」

ホンダ N-VAN

N-VANは、バモス/アクティバン、バモスホビオという軽商用車の後継として2018年にデビュー。軽商用車初となる助手席ピラーイン機構により、広大な助手席側ドア開口部が魅力です。

また助手席の作りを簡易にし、助手席と後席を格納すると最長で2,635mmもの荷室奥行きが確保されていることもポイント。

運転席をのぞき室内はすべてフラットにすることが可能で、商用バンとしてはもちろん、移動販売車や軽キャンピングカーのベース車としても使われています。

四車四様、それぞれに魅力があるNシリーズ

ホンダ N-BOX カスタム ターボ

現在のNシリーズは、N-BOXをはじめ、N-WGN、N-ONE、軽商用のN-VANが揃っています。

N-BOXはファミリー層に最適な両側スライドドアを備え、N-VANは独身の方から家族ニーズにも応えてくれます。

N-ONEは、そのスタイリングのファンが多く、走りの良さも魅力。N-VANははたらくクルマ、アウトドアやアクティビティなど趣味の相棒として適任です。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2024.04.23UP

デイリーランキング

2024.04.23UP

最新記事