中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

運転が楽しい!中古でMT車を選ぶなら…プロがおすすめする10台

スバル BRZ 2012

DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の登場で、MT(マニュアルトランスミッション)車は年々減っています

単純な性能比較ではDCTが勝っているので無理のない話なのですが、車を操っている喜びや楽しみではMTが上。

そういった理由から、昔からMT派というベテランだけでなく、若い層にも少数ながらMT車を選ぶ人がいます。

ここでは、そんなMTドライブを気軽に楽しめるおすすめモデルを10台ピックアップしました。

Chapter
マツダ ロードスターはMT仕様で乗りたい筆頭
国産ホットハッチを代表するスズキ スイフトスポーツ
価格がこなれてきた先代トヨタ 86/スバル BRZ
ヒール&トゥは不要。自動で回転合わせするMTも
軽自動車はコペン、S660のほかホンダN-ONEという選択肢もアリ?
いまのMTは以前ほど難しくない

マツダ ロードスターはMT仕様で乗りたい筆頭

マツダ ロードスター 4代目

軽量オープンスポーツカーのマツダ ロードスターは、2ペダル(AT)仕様でもハンドリングの良さは楽しめるものの、手動でシフトチェンジしながら操る喜びは格別です。

初代のNAから現行型のNDまで、中古で選ぶ際は、予算はもちろん、ロードスター愛、憧れなどにより、それぞれ異なると思います。

とはいえビギナーであれば、現行ND型で状態のいい物件を探すのが無難でしょう。

国産ホットハッチを代表するスズキ スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツ

BセグメントのコンパクトハッチにもMT車が設定されています。

現在、筆者はマツダ デミオのMT車に乗っていますが、最後まで迷ったのがスズキ スイフトスポーツでした。

スイスポは、本格的なスポーツハッチでありながら最近値上がりしたとはいえ、新車価格も比較的抑えられていて、コスパの高さでもライバルを圧倒しています。

ベース車のスイフトに続き、2024年内にも新型が登場するはずですが、現行型のセーフティパッケージ装着車を狙うのが現時点ではベストでしょう。

価格がこなれてきた先代トヨタ 86/スバル BRZ

トヨタ 86

中古車で選ぶ際は、先代トヨタ 86先代スバル BRZも物件数が多く、価格の面でもこなれた個体が多く見つかります。

ただし、走行距離を重ねている個体やドレスアップ、カスタマイズ済みも多々あり、とくに後者は見た目の好みはもちろん、車両状態を確認するのが難しい場合もありそうです。

となると走行距離が短く、ノーマル仕様から探すのがオススメです。

人気なのは86が「GT リミテッド」、BRZは「R」「S」「STIスポーツ」など。それらは比較的多く出回っています。

ヒール&トゥは不要。自動で回転合わせするMTも

トヨタ カローラスポーツ

ビギナーや久しぶりにMT車に乗る方にオススメなのが、トヨタがカローラスポーツ、カローラツーロング、C-HR、GRヤリスなどに採用しているiMT車が狙い目です。

シフトアップ/ダウン時に自動でエンジン回転を合わせてくれる機能で、ヒール&トゥで回転合わせをする必要がありません。

手練れのドライバーには邪魔以外の何者でもないのですが、ビギナーはもちろん、イージードライブに徹したいときに重宝します。

日産 フェアレディZ Z34

ほかにも、日産がフェアレディZのMT車に、ホンダはシビックタイプRに同様の機能を装備しています。

中古車でタマ数が多いのは、フェアレディZ、後席にも大人がゆったり座れるカローラスポーツあたり。

現行Zはまだまだ高嶺の花ですから先代のZ34から、2018年6月登場の現行カローラスポーツはMT車の物件数は少ないものの走行性能が短く、程度のいい個体も出回りつつあります。

軽自動車はコペン、S660のほかホンダN-ONEという選択肢もアリ?

ホンダ N-ONE RS 2019

軽自動車では、ダイハツ コペンホンダ S660というオープンスポーツが根強い人気を誇っています。

コペンは現行型でも150万円くらいで低走行距離の個体が散見されます。ただし、現在は不正問題の見通しがようやく見えてきた状態ですので、積極的にはオススメできません。

また、S660のほうが中古車価格が高いのは、ミッドシップならではの本格的な走行性能を備えている点でしょう。

軽では、ほかにもホンダ N-ONEのMT車も狙い目。大人4人が乗れるハイトワゴンで、節度感のあるMTの操作フィールはさすがホンダ車と納得させられる仕上がりになっています。

いまのMTは以前ほど難しくない

スバル BRZ 2012

久しぶりにMTに乗りたい、けど坂道発進が不安といった方でも、最近はヒルスタートアシスト(一定時間ブレーキ力を自動で保持)が付いているMT車も多くなっています。

またシフトチェンジが不安という方は、トヨタのiMTようなモデルを選択する手もあります。

MT車に乗ってみたいと考えている方は、まずは手軽な車から探すと良いでしょう

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2024.02.21UP

デイリーランキング

2024.02.21UP

最新記事