中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

【プロ解説】新型N-BOX カスタムと新型スペーシア カスタム。ぶっちゃけどちらが買い?

ホンダ N-BOX カスタム ターボ

軽自動車市場の牽引役となっている背の高いスーパーハイトワゴンのなかでも人気の中心となっているホンダ N-BOXは、前回のモデルチェンジから6年目を迎えた2023年10月に新型を発表。

ライバルのスズキ スペーシアは、約1ヶ月遅れの2023年11月に新型を投入して、N-BOX追撃を狙っています。

ほぼ同時期に新しくなった気になる2台の軽スーパーハイトワゴンを比較してみましょう。

Chapter
N-BOXの1ヶ月遅れで登場した新型スペーシア
マイルドハイブリッドがスペーシアの魅力
安全運転支援システムは互角
いずれもリアシートの居住性にひと工夫
キープコンセプトのN-BOXと、大きくデザインを変えたスペーシア カスタム
それぞれに魅力がある新型軽スーパーハイトワゴン

N-BOXの1ヶ月遅れで登場した新型スペーシア

スズキ スペーシア カスタム ターボ 2023

今回、新型ホンダ N-BOXのライバルとしてピックアップしたのはスズキ スペーシア2023年10月デビューのホンダ N-BOXを追いかけるように、11月にフルモデルチェンジを行いました

N-BOX、スペーシアともに、標準車と押し出しの強いカスタム系のN-BOX カスタム、スペーシア カスタムという2モデル展開。

両車ともにターボ車はカスタム系専用となり、標準モデルは自然吸気エンジンのみ。駆動方式も全グレードでに2WDと4WDを用意するなど、なにかと似ている2台を比較します。

ホンダ N-BOX カスタム ターボ

気になる車両本体価格は、N-BOXが164万8900円~188万1000円、N-BOX カスタムは184万9100円~236万2800円。

対するスペーシアは153万100円~182万4900円で、スペーシア カスタムが180万1800円~219万3400円です。

N-BOX カスタムの最上級モデルは2トーンカラー仕様となっており、それを除くとN-BOXに対してスペーシアは10万円くらい安価に価格設定されています。

では、それぞれの違いを具体的に見ていきましょう。

マイルドハイブリッドがスペーシアの魅力

スズキ スペーシア カスタム ターボ 2023

わかりやすく違うのが、それぞれのパワートレーンです

ホンダ N-BOX、スズキ スペーシアともに、660cc直列3気筒の自然吸気とターボというラインナップは同様。トランスミッションもCVTも同じです。

大きく異なるのはスズキ スペーシアには、スズキ独自のマイルドハイブリッドシステムが採用されていることです。

ISGと呼ばれるモーター機能付き発電機とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムは、蓄えた電力を発進時などの際にエンジンをアシストに使用し、スムーズな加速性能と高い燃費性能を発揮します。

ホンダ N-BOX カスタム ターボ

燃費性能(WLTCモード)を比べてみると、自然吸気エンジンがN-BOXで19.4~21.4km/Lなのに対し、スペーシアは22.4~25.1km/L。

ターボエンジンでも、N-BOXは18.4~20.3km/L、スペーシアは19.8~21.9km/Lといずれもスペーシアがリードします。

安全運転支援システムは互角

ホンダ N-BOX カスタム ターボ

続いて安全装備を比較してみましょう。

ホンダ N-BOXは、衝突軽減ブレーキや渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)といった11の機能に加えて、近距離衝突軽減ブレーキと近距離衝突軽減ブレーキを加えた全13の機能を搭載した、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全グレードに標準装備。

見通しの悪い交差点への進入や狭い道ですれ違う場合、さらに後退駐車時に運転をサポートするマルチビューカメラをカスタム系にオプション設定しています。

スズキ スペーシア カスタム ターボ 2023

いっぽうスペーシアは、新型となって基本システムをステレオカメラ方式から、単眼カメラとミリ波レーダー方式に一新。「衝突被害軽減ブレーキデュアルサポートII」を核とした安全運転支援システムが標準装備されます。

アダプティブクルーズコントロール(一部グレードを除く)は、カーブ速度抑制機能や車線変更時補助機能などを加えて性能を向上させています。

いずれもリアシートの居住性にひと工夫

インテリアは、いずれも後席の居住性にまでこだわって設計されています。

ホンダ独自のセンタータンクレイアウトによるN-BOXの室内は軽最大級の広さを実現。2.0Lミニバンに匹敵する前後カップルディスタンスにより、後席の足元やヒザまわりに余裕があります。

リアシートは左右独立スライドにくわえてチップアップ&ダイブダウン機能付きで、さまざまなシートアレンジが可能です。

いっぽうスペーシアは、リアシートに“レッグサポートモード”“オットマンモード”“荷物ストッパーモード”という3つのモードで自在に使えるマルチユースフラップを装備

さらに室内の空気を効率よく循環させて室内全体を適温するスリムサーキュレーターを、頭上に装備します。※一部グレードを除く

キープコンセプトのN-BOXと、大きくデザインを変えたスペーシア カスタム

最後に外観デザインですが、N-BOXがキープコンセプトなのに対して、スペーシア カスタムは大きくデザインを変更しています。

先代モデルは大きな縦長のフロントグリルが特徴でしたが、現行モデルでは水平基調の太い2本のバーを採用し、横方向のワイド感を強調したフロントマスクとなっています。

カスタム系モデルに求められる迫力はN-BOXよりスペーシアのほうが上かもしれません。

それぞれに魅力がある新型軽スーパーハイトワゴン

ホンダ N-BOX カスタム ターボ

こうして新しい2台のスーパーハイトワゴンを比較してみると、それぞれに特徴があり、いちがいにどちらが上ということは言えません。

とはいえ普段の買い物やお子さんの送り迎えなど近隣のドライブが多いユーザーはマイルドハイブリッドを搭載したスペーシア、軽スーパーハイトワゴンの枠を超えてファーストカー的な使い方まで考えるのであればN-BOXがおすすめといえそう。

そのうえで各部の質感やデザインのフィニッシュなど、実車で納得ゆくまで確かめて購入を決めましょう。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として本格的に参画し、2006年に独立。現在は、日本でもっとも多くの広報車両を借り出して取材を行うフリーランスの編集者として活動中。中古車の流通、販売店に精通した「中古車相場師」と呼ばれるいっぽうで、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2024.06.23UP

デイリーランキング

2024.06.23UP

最新記事