中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

【プロ解説】子育てファミリーにもおすすめ。新型スペーシア試乗

スズキ スペーシア ハイブリット X (2023)

スズキの売れ筋商品であるスペーシア/スペーシア カスタム2023年11月にフルモデルチェンジを敢行。3代目へと進化しました。

「わくわく満載!!自由に使える安心・快適スペーシア」をコンセプトにスペーシアのもつ魅力を進化させたという新型軽スーパーハイトワゴンのインプレッションをお届けします。

Chapter
スーツケースからコンテナへ。より頑丈で大きなイメージ
リアシートの居住性を大幅に高めたインテリア
クラストップレベルの低燃費を達成
軽自動車最高の性能を目指した予防安全システム
これならファーストカーとして使える
この実力なら独走するN-BOXを止められるかも

エクステリアのデザインモチーフを、先代のスーツケースから物流には欠かせないコンテナとした新型スペーシア。

前席の居住性を拡大するとともにリアシートにはマルチユースフラップを装備して、乗る人みんなが快適に過ごせるパッケージングとしました。

また熟成されたパワートレーンに、進化した予防安全技術。さらにコネクテッド機能を強化するなど、全方位に進化した新型スペーシアについて詳しく解説していきましょう。

スーツケースからコンテナへ。より頑丈で大きなイメージ

スズキ スペーシア ハイブリット X (2023)

新型スペーシアのボディサイズは、軽自動車枠いっぱいの全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,785mm、ホイールベース2,460mmというもので、先代スペーシアと同様です。

デザインモチーフを、スーツケースから頑丈で内容量の大きいコンテナとしたエクステリアは、ボディサイドにコンテナを連想させるビード形状や工業製品に用いられる角を面取りしたような造形を取り入れました。

まあボディ同色とされたDピラーも、コンテナの大きさと丈夫さを表現。くわえてボディセンター部分の強いキャラクターラインをいれることで、より頑丈なイメージとしています。

スズキ スペーシア カスタム ターボ 2023

全体デザインは、標準車のスペーシアが先代からのキープコンセプトとなっているのに対し、スペーシア カスタムは大きく変更されました。

細部を見てゆくと、標準車のスペーシアは、親しみやすく優しい表情を演出するLEDヘッドランプを採用。大型リフレクターを使ったLEDヘッドランプは、誰にでも好かれる優しい印象を与えています。

スペーシアカスタムは、水平に走る2本の太いバーが特徴の大型のフロントグリルを採用。そこに薄型のブラックアウトしたLEDヘッドランプを組み合わせることによりワイド感を強調します。

さらにバンパーガーニッシュにもメッキ加飾をくわえてよりカスタムらしい上質感と存在感としてます。

リアは、ルーフスポイラーとエアロ形状のバンパーにくわえ、リアウインドウ下にメッキのガーニッシュをプラスして、リアビューでの存在感を高めています。

縦型のLEDリアコンビネーションランプは共通ですが、内部のデザインを変更するとともに、スペーシア カスタムのみメッキ加飾とクリスタル感のあるインナーレンズでスタイリッシュなイメージを強調しています。

リアシートの居住性を大幅に高めたインテリア

新型となったことでスペーシア、スペーシア カスタムともにインテリアも変更を受けています。

注目はインストルメントパネルの助手席前スペースで、旧型はスーツケースのようなデザインのアッパーボックスを採用していましたが、新型では機能的なオープントレーが選択されました。

ビード形状デザインで内外装の統一感を出した前席ドアトリム、新デザインのステアリング、多彩な収納スペースなども新型のポイント。

全車デジタル式に変更されたスピードメーター&マルチインフォメーションディスプレイは、スペーシアとスペーシア カスタムで内部の意匠と配色が異なります。

スズキ スペーシア ハイブリット X (2023)

さらにスペーシア、スペーシア カスタムの上位グレード(HYBRID X/HYBRID XS/XSターボ)では、リアの居住性にもこだわっており、専用の装備が用意されます。

なかでも最大のセールスポイントが、リアシートの座面先端に用意されるマルチユースフラップです。

アームレストとセットで装備されるマルチユースフラップは、前方向に4段階、上方向に2段階で調整可能。

使い方は、停車中に脚を投げ出してくつろぎ感を得られるオットマンモード、走行中の姿勢安定をサポートするレッグサポートモード、荷物の落下を予防する荷物ストッパーモードの3つから選ぶことができます。

さらに静粛性を高めたスリムサーキュレーターやタイプA/Cに対応するUSB電源ソケット(後席右側)、パーソナルテーブルを装備

パーソナルテーブルには、スマートフォンやタブレットを立てかけることのできるストッパー、幼児用マグに対応したドリンクホルダー、テーブル収納時でも使用可能なショッピングフックを備え、利便性と快適性を大幅に向上させています。

クラストップレベルの低燃費を達成

スズキ スペーシア ハイブリット X (2023)

新型スペーシアに搭載されているエンジンは自然吸気(NA)とターボの2種類で、先代同様ターボはカスタムのみの設定で、駆動方式は全グレードでFFと4WDを選ぶことができます。

スズキ スペーシア カスタム ターボ 2023

ターボエンジンは旧型からのキャリーオーバーですが、自然吸気エンジンはR06D型に変更。マイルドハイブリッドを組み合わせることで、25.1km/L(WLTCモード:ハイブリッドG 2WD車)という軽スーパーハイトワゴンでトップレベルの低燃費性能を実現しています。

軽自動車最高の性能を目指した予防安全システム

スズキ スペーシア ハイブリット X (2023)

新型スペーシアの予防安全技術「スズキセーフティサポート」のベースとなるシステムは、単眼カメラ+レーザーレーダーから高価な単眼カメラ+ミリ波レーダーに変更されました。

これにより衝突被害軽減ブレーキである「デュアルセンサーブレーキサポートII」の検知対象は、車両や歩行者、自転車、オートバイまでとなり、交差点での検知にも対応しています。

またアダプティブクルーズコントロール(ACC)は、先行車に合わせ、車間距離を適正に保ちながら加速や減速、停止まで自動で追従。さらにカーブ手前で自動的に速度を抑制するカーブ速度抑制機能やウインカレバーと連動して加減速を行う車線変更時の補助機能、前方の割り込みなどに対する接近警報機能などを搭載。

くわえて車線維持支援機能では、車線中央付近の安定した走行をサポートするとともに、区画線が見にくいときには先行車の走行軌跡情報なども活用して、運転をサポートします。

新型スペーシアは、オプションとしてコネクテッドサービスのスズキコネクト対応のナビゲーションシステムが用意されています。

これはスズキ緊急通報(ヘルプネット)やスズキトラブルサポートをはじめとした各種アプリサービスにくわえ、加入者があらかじめ登録した家族などと機能を共有できるシェア機能を備えています。

新型スペーシア/スペーシアカスタムの車両本体価格は、スペーシアが153万100円~182万4900円。スペーシアカスタムは180万1800円~219万3400円です。

これならファーストカーとして使える

スズキ スペーシア ハイブリット X (2023)

今回試乗したのは、スペーシア HYBRID X(2WD)のセーフティプラス・パッケージ装着車(車両本体価格177万1000円)で、HYBRID Xにスペーシア カスタム同等となるアクティブクルーズコントロール、車線維持支援機能、電動パーキングブレーキが追加されます。

それにオプションのツートーンのボディカラー(6万500円)と全方位モニター付メモリーナビゲーション・スズキコネクト通信機(19万5800円)が追加されて、合計202万7300円という仕様です。

早速、走り出してみると、まず室内の静粛性の高さを感じます。これは、新しいR06D型 エンジンと、アンダーボディ接合面使われる減衰接着材、左右計8カ所の遮音バッフルが大きな効果を生んでいるのでしょう。

またハーテクトと呼ばれる軽量・高剛性のプラットフォームの採用に加えて、環状骨格構造や構造用接着材の採用により、ボディ剛性や操縦安定性を向上させた結果、背の高いスーパーハイトワゴンにも関わらず、カーブを曲がる際のクルマの傾きが抑えられています。

アダプティブクルーズコントロールは、カーブ手前で自動的に速度を落とす、カーブ速度抑制機能は初採用ながら精度の高さが光ります。

車線維持機能は制御にやや粗さを感じますが、高速道路を使った移動では、アダプティブクルーズコントロールと合わせて、ドライバーの疲労をかなり軽減してくれそうです。

この実力なら独走するN-BOXを止められるかも

スズキ スペーシア ハイブリット X (2023)

これまではセカンドカーという印象が強かったスペーシアですが、新型は走りや安全装備の質感を向上させており、ファーストカーとしても十分な実力であることが確認できました。

軽ベストセラーカーであるホンダN-BOXとの差は、かなり縮まったと言えそうです。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2024.02.21UP

デイリーランキング

2024.02.21UP

最新記事