中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

トヨタ・ライズはSUVに憧れる20代ファミリーにもピッタリ!その魅力を解説

近年、SUVラインアップを強化しているトヨタ。中でもトヨタ・ライズは5ナンバーサイズの小型SUVで、価格も170万円からと若い方でも購入しやすいモデルとなっています。

今回はそんなライズについて、子育て中のファミリーでも使えるのかをチェック。SUVに乗りたいというパパママの車選びの参考にご覧ください。

Chapter
ライズは「SUVに乗りたい若者」のニーズを満たしてくれる一台
ファミリーにもピッタリな特徴・機能を紹介!
SUVを買うなら、家族が増えても乗りやすいライズは要チェック!

ライズは「SUVに乗りたい若者」のニーズを満たしてくれる一台

トヨタ ライズ

トヨタ・ライズは2019年11月に発表・発売されたばかりで、トヨタのSUVラインアップの中でも新しい車種の1つ。こちらはダイハツとの共同開発車となり、ダイハツでは「ロッキー」の名で販売されています。

最近ではSUV人気が高まっていることもあり、20代の若者の間でも「せっかくならカッコいいSUVに乗りたい」というニーズが増加。また、家族で乗るファミリーカーとしてSUVを選ぶ方も増えており、その選択肢の1つとしてライズを検討することもあるようです。

若者にとってライズの魅力といえば、やはり購入しやすい価格であることが大きいでしょう。
エントリーグレードの「X(ガソリン車) 2WD」は1,707,000円からの設定で、200万円以内で購入可能。上級グレードの「Z(ハイブリッド車) 2WD」も2,328,000円からと選びやすくなっています。

また5ナンバーサイズというサイズ感も、運転歴が浅い若者世代にとっては運転感覚がつかみやすく、運転しやすいのが嬉しいポイント。
まさに20代を中心とした若者にピッタリのSUVといえます。

ファミリーにもピッタリな特徴・機能を紹介!

せっかく車を買うなら、好きな色やデザインなど自分の気に入った一台を選びたいところですが、ファミリーカーとして乗る場合には機能性も重要なポイントとなります。
特に若者世代の場合、なかなか頻繁に車を買い換えることができる方も少ないでしょうから、車選びは「使い勝手の良さ」も重視した上で慎重に検討するのがおすすめです。

ここからは、ファミリーカーとしてもライズが使えるポイントや便利な機能などについて、詳しく紹介していきます。

コンパクトボディながら、大容量の荷室を確保

トヨタ ライズ 荷室

先述したとおり5ナンバーサイズとコンパクトな大きさのライズですが、荷室容量同クラスの中でもトップクラスの広さを確保
2022年2月現在、デッキボード下段時の荷室容量は369L(VDA法)となっています。

容量だけではなく、荷室幅・荷室高もそれぞれ1,000mm・865mmと長めに取られていることで、ベビーカーなどの大きな荷物を積むことももちろん可能。
またシーンに応じて、リアシートを両側もしくは片側倒して使えるので、より多くの荷物を積むこともできます。

小さな子どもと一緒のおでかけは何かと荷物が多くなりがちですが、これだけの荷室を備えていれば普段のおでかけでも不便はありませんね。

チャイルドシートを設置しても広々な後席

トヨタ ライズ インテリア

また、若いファミリーの場合は子どももまだ小さいことが多く、チャイルドシートが必須ということがほとんどでしょう。
基本的にチャイルドシートは取り付け器具が後席にあるため、そこに取り付けますが、ライズは十分取付可能なスペースを確保しているだけでなく、子どもの乗せ降ろしがしやすいゆとりもあるのが魅力です。

一般的にファミリーカーと言うと、スライドドアでない車は子どもの乗降に不便で向いていないと言われがちですが、ライズはリアドア開口部が広く取られていることでスムーズな乗せ降ろしが可能。
またSUVということで車高も高く、子どもを抱っこした状態で腰をかがめなくても良いため、体への負担も軽く済みます。

先進安全装備・安全性能も充実

トヨタ 安全装備 Toyota Safety Sense

またライズは先進安全装備や安全性能が充実しているので、運転に不安があるパパママをサポートしてくれるだけでなく、大切な家族を守る意味でもおすすめできます。

トヨタの先進安全機能といえば「Toyota Safety Sense」が一般的ですが、ライズはダイハツとの共同開発車ということで「スマートアシスト」を搭載しています。
こちらは全車標準装備となっているため、予算によって装備を諦めることがないのは嬉しいですね。

スマートアシストの主な機能としては、対車両・対歩行者[昼夜]用の衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能、前方・後方どちらも対応可能なブレーキ制御付き誤発進抑制機能など、充実の内容が揃っています。

さらに、ライズが発売開始した2019年度のJNCAP(自動車の安全性能を試験・評価する自動車アセスメント)では、衝突性能の評価において最高ランクの「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を獲得。
先進安全機能だけでなく、車の基本性能としての安全性も高められています。

様々な観点から安全な車の開発に取り組んでいるトヨタのこだわりが詰まった一台となっています。

SUVを買うなら、家族が増えても乗りやすいライズは要チェック!

トヨタ ライズ

小さな子どものいる家庭で人気が高いのは、やはりスライドドアを搭載しているミニバンや軽スーパーハイトワゴンなどの車種が目立ちます。
そんな中SUVを選ぶとなると、何かと不安が大きい方も多いでしょうが、最終的には「自分が毎日乗って楽しい車」を選ぶのが一番。その中でも、どういった機能を重視するかによって車種を選んでいくとよいでしょう。

ライズは子どもが1〜2人増えても広々と乗れるスペースがありますし、4人乗車時の荷室容量も十分。独身時代から家族が増えても長く乗り続けやすいSUVの1つです。

「ファミリーカー=ミニバン」という風潮はあるものの、だからといって好みの車を諦める必要はなく、メリットを知った上で検討してみるのがおすすめです。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

ライズ記事デイリーランキング

2022.09.26UP

デイリーランキング

2022.09.26UP

最新記事