中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古で6代目スズキ・ワゴンRを買うならこの型式がオススメ!

2017年2月にフルモデルチェンジを受けたスズキ・ワゴンRは、従来どおりノーマル仕様とカスタムモデルのスティングレーを設定しています。
NAとターボエンジンのほか、マイルドハイブリッド(NA/ターボ)を用意し、全高1550mmを超える軽ハイトワゴンにおいて当時最高のJC08モード燃費33.4km/Lを達成し、走りと使い勝手の高さ、低燃費というバランスに富んだ軽自動車になっています。

Chapter
スズキ・ワゴンRとは?
高速道路やフル乗車が多いのなら燃費を考慮しながらターボを選択する手も

スズキ・ワゴンRとは?

スズキ ワゴンR

1993年に誕生した初代ワゴンRは、軽自動車の再発明といっていいほどの存在です。現在の軽ハイトワゴン、そこから派生したともいえる軽スーパーハイトワゴンの成立に大きく貢献しています。

都市部の狭小住宅は敷地に限りがあるため、3階建てなど上に延びていきます。初代ワゴンRも限られたボディサイズで広い車内や荷室スペースを確保すべく、全高を高めたのが特徴。立体駐車場などに入る全高1550mmを大きく超え、初代は1640mm〜という全高でした。
軽商用1BOX系などと異なる乗用系(アルト/セルボ)のフロアパンを使いながらも二重フロア構造にすることで、着座位置を高めています。余裕のあるヘッドクリアランスが確保できたことで、シートの座面を床から高く設定し、ペダルを踏みおろすようなアップライトな姿勢とすることにより、リヤシート乗員の膝前空間も広くなり、天井までの余裕もあることから高い開放感が得られるのがメリットといえます。

また、ワゴンRは、それまで女性ユーザーがメインだった軽自動車の企画において、男性ユーザーを強く意識し、一部の軽スポーツモデルをのぞき、多くの男性ユーザー(とくに40代以上の大人の男性)を獲得したのも特徴です。
そのデザインはシンプルでありながらも従来の安っぽいイメージを払拭し、いい意味での道具感(ギヤ感)もありました。雑貨を扱うロフトとのタイアップであるLoft仕様も設定されるなど、初代ワゴンRは軽自動車のイメージを覆す1台になっています。
その後、ダイハツ・ムーヴに代表されるフォロワーを生んでいます。現在の大人気モデルであるホンダN-BOXをはじめとした軽スーパーハイトワゴンも先述したように、初代ワゴンRとそれに続いたダイハツ・ムーヴなどの成功がなければ生まれていなかったかもしれません。
また、エアロ系グレードが設定され、若いユーザーにも支持されてきました。

その後、ダイハツ・ムーヴという最大のライバルが登場したことで、パッケージングや走り、燃費、デザインなどの面で軽自動車の進化を牽引してきました。また、現在に至るまでは、ダイハツとの軽自動車のカタログ燃費競争、今も続いている軽スーパーハイトワゴン人気により販売面からも少し影が薄くなっています。しかし、操縦安定性などの走りや燃費などを含めたトータル性能では依然として利点と魅力を備えていて、軽スーパーハイトワゴンまでの全高は高い必要はない、という人にとっては選択肢に入れて欲しい存在です。

高速道路やフル乗車が多いのなら燃費を考慮しながらターボを選択する手も

スズキ ワゴンR

さて、2021年2月で4年目を迎える現行(6代目)ワゴンRは、タマ数も多く、必然的に走行距離や価格帯の幅が大きく、パワートレーンやグレードなども多岐にわたっています。トランスミッションはCVTのみでしたが(2017年8月にMTを追加)、2WDと4WDを全グレードに設定しているため、降雪地域で必須の4WDも選択できます。

エンジンは、ノーマル仕様にはNAとマイルドハイブリッド(NA)、スティングレーには、NA、マイルドハイブリッド(NA、ターボ)を設定しています。マイルドハイブリッドは、極低速域に最長10秒間のモーター走行(クリープ走行)が可能で、ISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)により、約100km/hまでモーターアシストによるスムーズな加速と燃費向上という利点が得られます。
とはいっても基本的にはエンジンが主役ですので、トヨタのハイブリッド「THS2」のようなモーター走行(EV走行)はできません。また、JC08モード燃費では発売当時、6.0km/h以上の差がマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドなしのNA仕様とありました。しかし、最新のWLTCモード燃費(より実燃費に近い)では、CVT同士の比較でその差は1.0km/Lを切っていて、その物件の条件が良ければマイルドハイブリッドが付かない「FA」を狙う手もあるかもしれません。
ただし、2017年2月登場時の先進安全装備をチェックすると、2種類あった「セーフティパッケージ」は、「HYBRID FX」、「HYBRID FZ」、「ワゴンRスティングレー L」にオプション設定でしたので、「FA」では選べませんでした。いずれにしても「セーフティパッケージ」装着車を選ぶのはマストとしたいところです。

さらに、2019年12月の一部改良においてCVT仕様に、後方の誤発進抑制機能が加わっています。なお、「FA」も2019年12月の一部改良において、前後の衝突被害軽減ブレーキ、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーがCVT仕様(5MT仕様を除く)に設定されていますので、「FA」を選ぶ際も「スズキ セーフティ サポート」装着車を選びましょう(なお、同装備の非設定車もあるので要注意)。
また、高速道路も頻繁に使ったり、4人乗車が多かったりするのであれば、ワゴンRスティングレーの「HYBRID T」も選択肢に入れたいものです。「HYBRID X」よりもWLTCモード燃費は1.8km/L低くなりますが、シーンを問わずターボによる過給で力強い走りが得られます。
ほかにも、ノーマル仕様の「HYBRID FZ」と「HYBRID FX」の比較では、前者にLEDヘッドランプ、リヤ2スピーカーの追加、本革巻きステアリング、運転席シートリフターなどのほか、専用前後エアロバンパーなどが装備され、上質かつスポーティな仕立てになっています。予算が許せば、より高級感があり、充実装備の「HYBRID FZ」を狙う手もアリでしょう。

スズキ ワゴンR

タマ数が比較的多い6代目ワゴンRは、これまでご紹介したように、駆動方式の選択はもちろん、「FA」にはMTも追加されています(スズキ セーフティ サポートは未設定)。NAかマイルドハイブリッド(NA、ターボ)など、使い方や予算に応じてある程度選べるでしょう。
また、いわゆる未使用車や走行距離の短い物件もあり、状態のいいモデルに出会えるはずです。いずれにしても多くの人がCVTを選択するはずですから、ケチらずに衝突被害軽減ブレーキ付を「保険の特約」くらいに考えて選択したいところです。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

ワゴンR記事デイリーランキング

2021.10.22UP

デイリーランキング

2021.10.22UP

最新記事