中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

フォルクスワーゲン・ゴルフの中古車の価格相場はいくら?狙い目モデルと選び方を解説

シンプルなデザインと求めやすい価格帯ながら、充実した機能性を備えるフォルクスワーゲン・ゴルフ

今回は、車選びドットコムに掲載されているフォルクスワーゲン・ゴルフの中古車相場をもとに、価格や年式、走行距離などの観点から掲載台数が多くて狙い目なゴルフの中古車を紹介していきます。

Chapter
フォルクスワーゲン・ゴルフとはどんな車?
価格と年式から見た、おすすめのゴルフ中古車
年式と走行距離から見た、おすすめのゴルフ中古車
新型モデル発売後の中古車市場を要チェック!

フォルクスワーゲン・ゴルフとはどんな車?

フォルクスワーゲン ゴルフ 8代目

1974年に発売された欧州Cセグメントに属する車です。初代と2代目はスクエアなボディが特徴的なBセグメントサイズの車でしたが、3、4代目から丸みのある現在のボディフォルムへと近づいていきました。
5代目では現在のボディフォルムとほぼ変わらない形のデザインとなり、ターボチャージャーとスーパーチャージャーを組み合わせたTSIエンジンの導入などが行われました。
6代目ではボディパネルと内装が一新され、7代目では新しく開発されたモジュールプラットフォームの「MQB」を用いた構造となっています。
そして、現行モデルの8代目は2021年に日本で発売されており、現在「TDI Active Basic」、「TDI Active Advance」、「TDI Style」、「TDI R-Line」の4グレードがラインアップされています。

性能と価格のバランスが良い車両として注目を集めるゴルフは、今後もフォルクスワーゲンの基幹モデルとして存在し続けることでしょう。

価格と年式から見た、おすすめのゴルフ中古車

中古車相場 フォルクスワーゲン ゴルフ 価格と年式

まずは、「年式と価格相場」から見た狙い目のゴルフの中古車を紹介していきます。

2022年5月時点の中古車物件価格分布表から「価格と年式」の条件で、特に分布の多いところをピックアップしていきます。(※上記画像は2022年5月31日時点の情報)

出典:ゴルフ(フォルクスワーゲン)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

高年式車の在庫少なめ、価格帯は高め

ゴルフの中古車市場は、高年式車の取り扱いが行われているものの、比較的在庫は少なめとなっています。特に現行モデルである8代目は、日本仕様が発売されたのが2021年で、市場には多く出まわっておらず、ほとんど在庫がない状況です。

新車時の本体価格が300万円以上する車種のため、高年式車だと中古車価格もそれに近い車両が大半を占めています。高年式車から気に入る一台を探す場合は、条件を緩める必要がありそうです。

200万円前後で探すなら、2019年式が狙い目

在庫が一気に増える2019年式は、新車に比べてかなり求めやすい価格の車両が揃っています。一番在庫が多いのは本体価格が290万円以上となっていますが、180〜240万円の価格帯でもタマ数が揃っているので、お買い得な一台が探しやすいです。

ゴルフは新車価格だと300万円以上するため、比較的高年式で、かつ価格も求めやすくなる2019年式は狙い目と言えるでしょう。

価格と年式のバランスが取れるのは2017年式

先代モデルにはなりますが、価格帯の幅が広がり、より条件に合う1台を見つけやすくなるのが2017年式でしょう。先述したように高年式のモデルもある程度在庫は揃っているものの、タマ数が少なめで価格帯も高めで設定されているため、予算に見合う1台が探しにくくなっています。

2017年式であれば、本体価格が約110万円の車両から、状態の良い約750万円の車両まで、幅広い選択肢の中から選ぶことが可能です。
もちろん、高価格帯に在庫が偏っていることもなく、140万円から200万円未満の価格帯で豊富に車両が揃っているため、探しやすくなっています。

年式と走行距離から見た、おすすめのゴルフ中古車

中古車相場 フォルクスワーゲン ゴルフ 年式と走行距離

続いて、「年式と走行距離」から狙い目のゴルフの中古車を紹介していきます。

2022年r5月時点の中古車物件価格分布表から「年式と走行距離」の条件で、特に分布の多いモデルをピックアップして解説しています。(※上記画像は2022年5月31日時点の情報)

出典:ゴルフ(フォルクスワーゲン)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

未使用車・走行距離が浅い車両は少なめ

走行距離が1万km未満という浅い車両はかなり少なく、未使用車は希少となっています。2020〜2021年式だと1000km〜2万kmで在庫が集中しており、本体の価格帯は230〜540万円と新車価格に近い金額で販売されています。

グレードはTSI、eTSI、TDIのラインアップが豊富となるため、状態の良い車両をお求めの方は、購入費用が高めになることを理解して探すことをおすすめします。

年式・状態のバランスが良い2019年式

購入後しばらくは愛車として乗り続けたいと、年式がそこまで古くなく、走行距離も長すぎないバランスの取れた中古車を探すのであれば、2019年式がおすすめ
同年式だと走行距離1〜3万km程度の車両が最も豊富で、価格は2021年式より安く200万円以内で購入できるケースもあります。

また、同じ走行距離帯の中古車を軸として探す場合、年式を古くすることでより幅広い選択肢が生まれます。特に予算を200万円以内としている方は、2017〜2018年式まで下げると予算に合う一台が見つけやすいでしょう。

お値打ち中古車を探すなら、2017年式・2〜4万kmの車両も検討

予算はできれば抑えたいものの、年式をあまり古いものにしたくない方は、走行距離の条件を下げて4万kmほど走行した車両からも探してみるのがおすすめ。
3万km前後であれば2017〜2019年式、5万km前後まで含めると2015〜2016年式の車両が多数掲載されており、希望の予算と年式に合う一台が見つけやすいのが特徴です。

最もお値打ちに狙うなら2017〜2019年式・走行距離2〜4万kmの車両が狙い目で、GTIを300万円未満から見つけることが可能。TSIも150万円未満と新車よりもかなり手が届きやすい価格帯となります。

新型モデル発売後の中古車市場を要チェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ 7代目

2019年にドイツで発売された8代目モデルは、日本仕様の発売が2021年6月に行われています。次のモデルチェンジは少し先の話になるでしょう。

一般的には、車のモデルチェンジが行われると中古車価格は下がっていく傾向にあるため、最近8代目モデルが発売されたゴルフは今後もさらに中古車価格は下がっていくことが予想されます。
現状はまだ高年式モデルの在庫が少ない状況ですが、7代目モデルの在庫が増えるにつれて金額も変動するため、今後の中古車市場の動向をチェックしておきましょう。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

ゴルフ記事デイリーランキング

2022.12.03UP

デイリーランキング

2022.12.03UP

最新記事