中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でBMW・X1を買うならこのモデルがおすすめ!

BMWのSUVシリーズの中で最もコンパクトなX1。同社はSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と呼び、BMWらしい走りの良さを身上としています。

もちろん、SUVらしいユーティリティの高さも兼ね備えていて、X1はコンパクトなボディサイズによる取り回しの良さも美点です。

Chapter
初代はFRベースのスポーティなキャラ
FF化によりパッケージングが大きく進化し、全高も高まったこともありSUVらしい外観に

初代はFRベースのスポーティなキャラ

BMW 初代 X1

BMWは、初のSUV(SAV)としてX5を1999年10月に東京モーターショーでお披露目しました。その後、X3、X1、X7と奇数車名のSAVを展開。
さらにX2、X4、X6と偶数車名のクーペクロスオーバーモデルのSAC(スポーティ・アクティビティ・クーペ)シリーズも投入しています。そこに、iX3というバッテリーEVも加わっていますから、売れ筋のSUVシリーズの充実ぶりが目を惹きます。

BMW X1 初代

今回のお題は末弟のX1。初代は2010年4月に日本で発売されました。写真を見ると分かるように、フロントノーズが長くて低く、全高も1545mmに抑えられています。
1550mmの機械式立体駐車場に入庫できるなど、機動力の高さが美点です。

それでいながら最低地上高は195mmあり、4WDならウインタースポーツなどを楽しむ方の相棒としても十分に実用になるはずです。

BMW X1 初代

さらに、ライバルの多くがFFベースの中、初代と2代目の1シリーズと同様にFRベース(FRと4WDを設定)であるのも特徴。
後輪駆動ベースらしいフットワークの良さを披露してくれる一方で、パッケージングの面ではFFベースと比較すると不利な面もあります。

まず、全高が抑えられているため、前後席ともに頭上空間はSUVとしては狭く、後席はそのヘッドクリアランスを確保するためもあってか、床から座面までの高さ(ヒール段差)が低め。身長171cmの筆者の場合、座り心地や快適性の面では今一歩という印象でした。

また、前席もフロアとシートの座面が低いため、SUVに期待される視界の良さ、アイポイントの高さも、少し背の高いステーションワゴンという域から出ていません。初代X1の中古車市場のタマ数は、輸入車としては比較的揃っている印象で、FRを中心に低走行距離の物件もまだ手に入ります。
先述したようなメリット、デメリットを織り込み済みとしながら、狙う手も十分にアリでしょう。

FF化によりパッケージングが大きく進化し、全高も高まったこともありSUVらしい外観に

BMW X1 2代目

2015年10月にリリースされた2代目は、初代のFRからFFベースに変わると共に、全高を35mm高め、SUVらしいタフなエクステリアが与えられました。全長はFF化により30mm短くなり、ホイールベースも100mm短縮されています。

それにも関わらず、全高が高くなったこともあり、床面と座面がより高い位置に座らせるSUVらしいアップライトな乗車姿勢により居住性も改善しています。当時、最新のパッケージングによって後席の足元(膝前)空間は、最大で66mmも広くなっています。

さらに、後席にスライド機構が備わったことで、荷物の大きさや量と乗員の空間の調整がしやすくなっています。
荷室容量も初代から85L増となる505Lにまで拡大し、4対2対4の後席分割可倒式により、中央部分を前倒しすれば4人乗車しながら長尺物の積載も可能です。

BMW X1

また、FF化しながらもBMWらしい爽快感のある走りが損なわれていないのも美点。4WDはオンデマンド式4WDに進化し、FFベースということもあって悪路走行時の安定性も高まっています。

さらに2代目には、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報などの安全装備が用意されているのも見逃せないポイントです。2019年10月のマイナーチェンジでは、内外装のリフレッシュに加えて、運転支援システム「ドライビング・アシスト」の標準化やコネクティビティの強化も図られています。
予算が許せば、同マイナーチェンジ後モデルを狙うことで最新SUVらしい装備や機能を享受できます。

BMW X1 2代目

2代目となる現行型は、FFレイアウト化パッケージングの大幅な進化により、居住性、乗降性、積載性などの向上が盛り込まれています。もちろん、先進安全装備が付くのも大きなポイントです。

初代は機械式立体駐車場に入庫できるなど、取り回しのしやすさが美点で、都市型SUVとしての魅力を備えています。
2022年現在であれば、初代も含めて、ニーズに応じて選べる状況が揃っています。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

X1記事デイリーランキング

2022.05.18UP

デイリーランキング

2022.05.18UP

最新記事