中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

BMW・ミニ(MINI 3ドア/5ドア)の中古車の価格相場はいくら?狙い目モデルと選び方を解説

日本でも多く見かける輸入車の一つが、BMWのミニ(MINI)シリーズ。数あるラインアップの中でも、基本モデルであるハッチバック型の3ドア・5ドアモデルは人気が高い車です。

今回は、車選びドットコムに掲載されているBMW・ミニ(MINI 3ドア/5ドア)の中古車相場をもとに、価格や年式、走行距離などの観点から掲載台数が多くて狙い目なミニ(MINI)の中古車を紹介していきます。

Chapter
BMW・MINIシリーズ、ミニ(MINI)とはどんな車?
価格と年式から見た、おすすめのミニ(MINI)の中古車
年式と走行距離から見た、おすすめのミニ(MINI)の中古車
カラーリングで選ぶ、ミニ(MINI)の狙い目中古車
現行型モデルの買い時を見極めよう

BMW・MINIシリーズ、ミニ(MINI)とはどんな車?

MINI 3ドア

BMW・MINIは、2001年に初代となるモデルが発売されました。
かつてブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)時代に生産されていた「クラシックミニ」「ローバーミニ」などと呼ばれるモデルをモチーフとして生まれており、先述のモデルと区別して「ニューミニ」などと呼ばれることもあります。

ハッチバック型のモデルとしては、初代・2代目では3ドアのみだったものの、2014年に登場した現行型の3代目からは5ドアもラインアップ。これによって、より多くのライフスタイルにも活用できる使い勝手の高さを確保しています。

現行型のグレードは、3ドア・5ドアでそれぞれ5つずつラインアップ。ONE、COOPER、COOPER D、COOPER Sの4グレードはどちらにも用意されているほか、3ドアにはJCW(ジョンクーパーワークス)、5ドアにはCOOPER SDが用意されています。

価格と年式から見た、おすすめのミニ(MINI)の中古車

中古車相場 価格と年式 ミニ MINI

まずは、「年式と価格相場」から見た狙い目のミニ(MINI)の中古車を紹介していきます。

2022年1月時点の中古車物件価格分布表から「価格と年式」の条件で、特に分布の多いところをピックアップしていきます。(※上記画像は2022年1月11日時点の情報)

出典:ミニ(BMW)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

マイナーチェンジ実施の2021年式は、新車並みの高値

ミニの3ドア・5ドアモデルは、2021年5月にマイナーチェンジが行われています。
一般的にモデルチェンジが行われると、モデルチェンジ前の車両は中古車価格が下がる傾向にありますが、ミニにおいてはまだモデルチェンジ実施から間もないこともあって、中古車価格は未だ新車並みの高値となっています。

2021年式はほとんどが300万円以上の価格帯。クーパーDであれば320万円台から、クーパーSは400万円前後の価格帯で販売されている在庫が多い印象です。

高年式・200万円台なら2019年式がおすすめ

できるだけ新しい中古車を探したいという方で、予算を200万円台に抑えたいのであれば2019年式を探してみてはいかがでしょうか。
中古車相場表を見ると、200万円台の在庫が増えてくるのがこの年式からとなっています。

200万円台とは言っても、内訳を見ると多くは250万円以上の中古車価格のものがほとんど。グレードはワン(ONE)、クーパーDが多くなっています。

2018年式は、モデルチェンジ前の車両なら100万円台も

現行型のミニ(MINI)では、2018年5月にもモデルチェンジが行われています。3年落ちとなることもあって、2018年式の車両であれば中古車価格が比較的抑えられるのが特徴です。

数は少ないですが、この年式であれば100万円台の車両も見つけることが可能。走行距離もそこまで走っておらず、状態が良いものも多いため、じっくりとお値打ちな中古車を探したい方にはおすすめです。
200万円台の中古車であれば選択肢の幅が2019年式よりも広がるため、予算に余裕がある方はこちらもチェックしてみましょう。

年式と走行距離から見た、おすすめのミニ(MINI)の中古車

中古車相場 年式と走行距離 ミニ MINI

続いて、「年式と走行距離」から狙い目のミニ(MINI)の中古車を紹介していきます。

2022年1月時点の中古車物件価格分布表から「年式と走行距離」の条件で、特に分布の多いモデルをピックアップして解説しています。(※上記画像は2022年1月11日時点の情報)

出典:ミニ(BMW)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

2021年式は大半が5000km未満

年式が新しい2021年式であれば、走行距離が1万km未満の中古車がほとんどで、中でも1000〜5000kmの車両が多く掲載されています。

価格はグレードによって大きく異なり、エントリーグレードのワン(ONE)であれば300万円以内で購入可能な在庫もあります。
クーパー・クーパーDは300万円台前半、クーパーSは300万円後半から430万円ほどの間となる車両が多く、中古車だから安く購入できるというわけではないことに注意です。

2020年式なら1万キロ前後の車両が豊富

走行距離が短い車両にこだわって中古車を探すのであれば、2020年式も検討の余地あり。車選びドットコムに掲載されている2020年式の中古車の傾向を見ると、2021年式と並んで走行距離1万km未満の車両が多くなっています。

価格帯は2021年式とあまり変わらないものの、JCW(ジョンクーパーワークス)のモデルに関しては400万円前後から見つけることができるので、ややお得に購入できます。

価格のバランスも取れた1〜2万kmの中古車なら、2018・2019年式

中古車価格は「年式が新しいほど」「走行距離が短いほど」高い傾向があり、予算に見合う車両が見つからない場合はこれらの条件を緩めて探す必要があります。

走行距離1〜2万kmほどの車両は、3年落ち前後にあたる2018・2019年式から在庫が増えてきます。
年式・走行距離ともに条件が緩まることで200万円台で購入できる車両も多くなるので、限られた予算で希望のグレードを購入したい場合はこちらからも探してみるのが良いでしょう。

カラーリングで選ぶ、ミニ(MINI)の狙い目中古車

最後に、本体色の系統ごとにミニ(MINI)のおすすめ中古車を紹介していきます。

MINIシリーズといえば、一目でミニだと分かる個性的なデザインが特徴。その見た目をさらに引き立ててくれるのが、豊富に用意されているボディカラーです。
また、ミニではボディカラーの他にルーフ&ミラー・キャップのカラーも選択でき、お気に入りの組み合わせを楽しむことも可能となっています。

車選びドットコムでは本体色から中古車を検索できるので、お気に入りの色のミニ(MINI)を探してみましょう。

伝統のオフホワイトカラー

BMW ミニ 3ドア

1代目ミニから用意されており、シックで落ち着いた印象のオフホワイト「ペッパー・ホワイト・ソリッド」は、世代を問わず人気が高いカラーの一つ。
2022年1月現在、車選びドットコムでは250台を超えるホワイト系カラーの車両が掲載されており、中古車でも多くの車両が出回っているので希望の一台を見つけやすいのもメリットです。

現行型モデルにおいては、ブラックのルーフ&ミラー・キャップを選択することもできます。シンプルに乗りこなすも良し、ミニらしい個性的なデザインを楽しむも良しの一色です。

これぞMINI!なレッドカラー

MINI 3ドア

ミニらしいボディカラーと言えば、鮮やかで映えるレッド系のカラーも外せません。
MINIシリーズでこれまでにラインアップされてきたレッドカラーは多数ありますが、現行型においては、こちらも初代ミニから人気を集めている「チリレッド」が用意されています。
これもルーフ&ミラー・キャップカラーを選択でき、ホワイトとブラックの2色から選べます。

なお、過去には「ピュアレッド」「ブレイジングレッド」など、ニュアンスが異なるカラーも用意されていました。細かな色味までこだわりたい方は、中古車の中でも好みの一台を探してみましょう。

個性的な印象のブルー

BMW ミニ MINI

特徴的なデザインのミニは、シックなボディカラーや鮮やかなボディカラーなど様々な色を用意しており、どれを選ぶかによってオーナーごとの個性を表現することが可能です。

中でも、現行型モデルにおいて鮮やかな印象のカラーとして、レッドと並んで用意されているのがブルー系の「アイランド・ブルー・メタリック」
こちらもルーフ&ミラー・キャップのカラーを選択可能で、ホワイト、ブラック、マルチトーンの3つから選ぶことができます。

なお、歴代のミニにおいてはシックなブルーカラーである「アイスブルー」など、ニュアンスの異なるカラーも用意されていました。中古車でミニを選ぶ際には、今はラインアップされていないカラーも選択することができますので、好みの色を探してみましょう。

現行型モデルの買い時を見極めよう

BMW ミニ MINI 歴代

2001年の初代登場以来、「クラシックミニ」から受け継いでいるアイコニックなデザインはそのままに、全世界で愛されているBMW・ミニ(MINI)
2021年にマイナーチェンジが行われたばかりですが、現行型は8年以上のロングセラーモデルとなり、そろそろフルモデルチェンジ?との噂も流れつつあります。

一般的に、モデルチェンジが行われると旧モデルの中古車価格は下がる傾向にあるため、まずは2021年マイナーチェンジ以前のモデルが狙い目となるでしょう。人気が高い車ということもあって中古車の需要も高く、良い車両はすぐに売れてしまうので、じっくりと探すことが必要です。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

デイリーランキング

2022.12.02UP

最新記事