中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

意外と高くない!? 輸入車に掛かる維持費を比べてみた

輸入車を購入する際に気になるのは、なんといっても「維持費」です。
一般的に、輸入車は国産車よりも維持費が高いと言われています。その理由は輸入車のメーカー専用部品が国産のものより3割ほど高いからです。

しかし、それ以外の維持費は実は国産車とさほど変わらないのです。本記事では、具体的に輸入車のどの車種でどの程度維持費がかかるのかを紹介します。

※2016年9月6日時点

Chapter
車の「維持費」は何がかかっている?
フォルクスワーゲン・up!の維持費
BMW・ミニの維持費
メルセデス・ベンツ Cクラスの維持費
ポルシェの維持費
やっぱり高い…。フェラーリの維持費

車の「維持費」は何がかかっている?

車 お金 電卓

まず最初に、車の維持費と一口に言っても、なににお金が掛かるのかを紹介いたします。

まず、大きく2つに分けると、「固定費」「変動費」に分けられます。

固定費は、車の税金や保険などに掛かる費用です。税金は輸入車だから高いということはありません。
例を上げると「自動車税」は国産車、輸入車ともに排気量の大きさで決まります。フェラーリやポルシェなどの車種は排気量が大きいので、「自動車税」が高くなりますが、同じ輸入車でもミニなどのコンパクトカーは「自動車税」は高くありません。

「変動費」は、ガソリンや車検費用に掛かる費用のことです。
「固定費」と同じく排気量の大きい車は、ガソリン代などが高くなりますが、そうでないコンパクトカーなどは意外と維持費が掛からないのです。

それでは、続いて輸入車のメーカー別の維持費についてまとめていきます。

フォルクスワーゲン・up!の維持費

フォルクスワーゲン up!

まず、最初にフォルクスワーゲンの維持費を紹介いたします。

フォルクスワーゲン「up! !」の車検代を除いた維持費は、約20万円。月で割ると約1万6000円です。
それでは内訳を見ていきましょう。

任意保険は、仮に30歳以上の10等級のドライバーで(対人・対物無制限)、約17万円(月々約1万5000円)ほど掛かります。
また、自賠責の保険料が1年間で16,350円。排気量が999ccなので、自動車税は29,500円です。

燃費は25.9km/L。月500km走行し、ハイオクがリッター120円だとすると、月約2400円。
車検費用は約13万円です。車検代を含めても維持費は月2万2000円ほどです。

こうしてみると、セカンドカーとして十分利用できる維持費ではないでしょうか。

BMW・ミニの維持費

BMW MINI 3ドア 3代目

次にBMW・ミニの維持費を紹介いたします。

ミニの三代目に当たるF56の車検代を除いた維持費は、約25万7000円~約27万円。月で割ると、約2万1000円〜2万2500円です。
それでは内訳を見てみましょう。

任意保険は、仮に30歳以上の10等級のドライバーで(対人・対物無制限)、約17万円(月々約1万5000円)ほど掛かります。
また、自賠責の保険料が1年間で16,350円。それに加え、ミニの排気量が1198〜1998ccなので、1500cc以下の車は34,500円、1500cc以上の車は39,500円の自動車税が掛かります。

燃費は17.6〜20.2km/L。月500km走行し、ハイオクがリッター120円だとすると、月約3000~3600円。
車検費用は約13万円です。

車検代を含めても維持費は月2万7000円から2万8000円ほど。保険に入っていて月々3万円以下の維持費なら、コストパフォーマンスも悪くありませんよね。
さらに、中古車で車両の値段を安く抑えれば、学生や社会人一年目でも乗れてしまいます。

メルセデス・ベンツ Cクラスの維持費

メルセデス・ベンツ C200 アバンギャルド

次に紹介するのは、ベンツの維持費です。

人気のCクラス「C200 アバンギャルド AMGライン」の車検代を除いた維持費は、約27万5000円。月で割ると約2万3000円になります。
それでは内訳を見てみましょう。

任意保険は、仮に30歳以上の10等級のドライバーで(対人・対物無制限)、約17万円(月々約1万5000円)ほど掛かります。
また、自賠責の保険料が1年間で16,350円。それに加え、1991ccの場合自動車税が1年間で、39,500円掛かります。

燃費は約16.5km/L。月500km走行し、ハイオクがリッター120円だとすると、月約3750円。
車検費用は約14万円です。

車検代を合わせても月3万4000円ほどの維持費で乗れてしまいます。ベンツのCクラスには100万以下の中古車も豊富にありますので、購入を検討してもいいかもしれませんね。

ポルシェの維持費

ポルシェ ボクスター

次に紹介するのは、ポルシェの維持費です。

人気のSUVである「カイエン」やオープンカーの「ボクスター」の車検代を除いた費用は1年間で約48~52万円。月で割ると、約4~5万円になります。
それでは内訳をみてましょう。

任意保険は、仮に30歳以上の10等級のドライバーで(対人・対物無制限)、約20~35万円(月々約1万7000~3万円)ほど掛かります。
また、自賠責の保険料が1年間で16,350円。
それに加え、自動車税が1年間で、「カイエン」3,598ccの場合66,500円、「ボクスター」3,436ccの場合、58,000円掛かります。

また「カイエン」の燃費はリッター約14km/L、「ボクスター」の燃費は約8km/L。月500km走行し、ハイオクがリッター120円だとすると、「カイエン」ならば月4285円、「ボクスター」ならば月7500円。
車検料金は両方とも約20~30万円です。

高級車として名高いポルシェですが、車検代を合わせても月々約7万円の維持費で乗れちゃうんですね。
特にボクスターは1996年式で100万円以下の中古車も出ています。ちょっと背伸びしたら買えるかもという方はぜひ、中古車のボクスターを探してみてはいかがでしょうか?

やっぱり高い…。フェラーリの維持費

最後にフェラーリの維持費について紹介いたします。

車検代を除いた費用は1年間で約180万円。月で割ると、約15万円程度です。
内訳を見てみましょう。

フェラーリの維持費で、1番費用が掛かるのは任意保険です。仮に2,000万円の任意保険(対人・対物無制限)に加入すると、40代前後の方で年間約150万円(月々約13万円)ほどの保険料が掛かります。
また、自賠責の保険料が1年間で16,350円。それに加え、自動車税が1年間で76,500円掛かります。

また燃費をみると、フェラーリ「テスタロッサ」は約4.7km/L、「612スカリエッティー」は約4.2km/Lと、とても悪いです。仮に「612スカリエッティー」で月500km走行し、ハイオクがリッター120円だとすると、月に約1万5000円のガソリン代が掛かります。
それに加え、車検費用はなんの異常もない場合は約20~30万円。

「買うより飼う方が難しい」と言われるフェラーリ。これぐらいの出費は覚悟した方がいいでしょう。

メルセデスベンツ Aクラス

ここまで輸入車のメーカー別の維持費を紹介いたしましたが、いかがでしょうか?
メーカーや車種にはよるものの、そこまで輸入車の維持費が高くないモデルもあるということがお分かりいただけたと思います。

この際に、いままで維持費が高いとあきらめていた輸入車の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

Drivers

厳選自動車情報メディア。
車の事がどんどん好きになる厳選情報を「車選びドットコム」編集部がお届けします!

Drivers

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2022.10.03UP

デイリーランキング

2022.10.03UP

最新記事