中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でBMW・3シリーズ(セダン、ツーカー)を買うならこのモデルがオススメ!

BMW・3シリーズは、同ブランドの基幹モデルです。欧州Dセグメントの中ではメルセデス・ベンツCクラス、アウディA4と共にドイツ・プレミアム御三家といわれるブランドの中でも非常に重要なクラスに属します。

3シリーズもほかの多くのクルマと同様に、代を重ねるごとに大型化していますが、日本の狭い道路や駐車場事情でも比較的扱いやすいサイズに収まっています。

Chapter
大人気の3シリーズは、スタイリングと走り、 扱いやすいサイズと実用性を備える
物件数が多い6代目(F30系)を狙うなら衝突被害軽減ブレーキ搭載車を選択したい
現行型も中古車市場に流通しつつあるが、 安くても300万円以上か!?

大人気の3シリーズは、スタイリングと走り、 扱いやすいサイズと実用性を備える

BMW 3シリーズセダン

BMWブランドのスローガンである「駆け抜ける喜び」を体現する1台といえるのがBMW3シリーズです。ここでは、日本市場で人気のあるセダンツーリングをピックアップします。

代々、FRレイアウトをベースに(4WDも設定)、大人4人が無理なく座れる居住性、数泊のドライブにも対応する積載性を備え、とくにステーションワゴンのツーリングは、セダンよりも多くの荷物や大きな物を積み込みたいニーズに応えてきました。
筆者の知人のプロカメラマンも多くの機材をツーリングのラゲッジに積み込み、移動中の運転も楽しんでいます。

BMW 3シリーズ 6代目(320i)

日本でも持て余さないサイズでありながら、走りもスタイリングも実用性も妥協したくない層から絶大な支持を集めています。

なお、6代目(F30型)は、フロントのアウタードアハンドルの形状を日本専用設計として全幅を1800mmに抑えるなど、日本市場への配慮が施されていました。

BMW 3シリーズ ツーリング 5代目

現在、中古車市場である程度タマ数が揃ってくるのが、2005年から2011年まで発売された5代目のE90系です。全幅は1800mmに収まり、マンションなどの駐車場に制約があるケースでも対応できるはず。
年代的にも価格はこなれていますが、走行距離を重ねた個体が比較的多く、物件選びは慎重に行いたいところ。

2.0Lガソリンを積む320i系でもストレスなく走らせることができますが、ツーリングに多くの荷物を積み込み、4人乗車が多いのなら、直列6気筒(通称シルキー6)を積む2.5Lガソリンの325iか3.0Lガソリンの335iの、スムーズで余力ある動力性能も捨てがたいものがあります。

物件数が多い6代目(F30系)を狙うなら衝突被害軽減ブレーキ搭載車を選択したい

BMW 3シリーズ 6代目(BMW 330e Celebration Edition)

中古車市場で、選択肢が多くなるのが先代の6代目となるF30系。2012年から2019年まで販売されています。

先述したように、フロントドアの専用設計により全幅を1800mmに抑えただけでなく、ディーゼルエンジン車や3.0L直列6気筒にターボを組み合わせたハイブリッドのアクティブハイブリッド3、2016年にはプラグインハイブリッドの330eなどもリリースされています。

BMW SOSコール 3シリーズ

また、2013年8月に新機能として衝突被害軽減ブレーキを含む「ドライビング・アシスト」が全車に標準装備されています。
加えて、BMWは、テレマティクスサービスへの取り組みも早く、通信モジュールを車載し、「BMW SOSコール」、「BMWテレサービス」も全車に標準装備されています。

6代目のF30系を狙うのであれば、衝突被害軽減ブレーキ付を条件としたいところです。

BMW 3シリーズ 6代目(320d)

なお、中古車市場では、ハイブリッドであるアクティブハイブリッド3はタマ数がかなり少ないものの、プラグインハイブリッドの330eは思いのほか流通しているようです。
ガソリン高のいま、とにかく燃料代を抑えたいのなら狙い目かもしれません。

人気なのは2.0Lガソリンを積む320iで、音振動面ではディーゼルらしさが残るものの、2.0Lの320dも値落ちが進んでいるようです。

現行型も中古車市場に流通しつつあるが、 安くても300万円以上か!?

BMW 3シリーズ 7代目(M Sport Limited)

もちろん、予算が許せば最も高い満足感が得られるのは現行型のG20です。まだ300万円級~という相場になっているようです。
全幅が1825mm以上となるなど、サイズの拡大は取り回しを考えると、歓迎だけとはいえませんが、3シリーズらしい俊敏なフットワークは健在。高速域の走行安定性も高まっています。

また、先進安全装備も大幅に進化しています。渋滞時の手放し運転が可能な「ハンズオフ」機能や、一度通った道を記憶し、自動で後退できる「リバース・アシスト」は、狭い道ですれ違えずバックする際に重宝します。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

おすすめ記事デイリーランキング

2022.07.02UP

デイリーランキング

2022.07.02UP

最新記事