中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

BMW MINI・ミニクラブマンの中古車の価格相場はいくら?狙い目モデルと選び方を解説

輸入車の中でも人気が高いMINIシリーズのうち、ミニクラブマンは基幹となる3ドア・5ドアなどよりも一回り大きく、居住性・積載力が向上しているのが特徴です。

今回は、車選びドットコムに掲載されているBMW MINI・ミニクラブマンの中古車相場をもとに、価格や年式、走行距離などの観点から掲載台数が多くて狙い目なミニクラブマンの中古車を紹介していきます。

Chapter
BMW MINI・ミニクラブマンとはどんな車?
価格と年式から見た、おすすめのミニクラブマン中古車
年式と走行距離から見た、おすすめのミニクラブマン中古車
新型発表後も中古車価格は変わらずか?

BMW MINI・ミニクラブマンとはどんな車?

MINI クラブマン

2022年現在、BMW MINIシリーズにはミニ 3ドア、ミニ 5ドア、ミニ コンバーチブル、ミニ クラブマン、ミニ クロスオーバーの5つの基本モデルが用意されています。
そのうちの一つであるミニクラブマンは、スタンダードなミニ 3ドア等のモデルより大型化しており、MINIの特徴である軽快な走りと快適な室内空間を両立している点が特徴です。

現行型の2代目モデルでは、荷室ドアが観音開き仕様になっているのも特徴の一つ。
リアバンパーの下に足をかざすと電動でドアが開く「イージーオープナー機能」が搭載されており、両手が塞がっていてもスムーズに荷物を乗せることができます。もちろんドアを手動で開閉するのも、特別感があって良いというオーナーも多いようです。

グレードは7つ用意されていて、グレードによってガソリンエンジン・ディーゼルエンジンを搭載するものがあります。またオプションセットを追加することで、MINIならではのお洒落なカラーや上質感のあるインテリア・装備も選択可能。自分らしいカスタマイズを楽しむことができるのも魅力です。

価格と年式から見た、おすすめのミニクラブマン中古車

中古車相場 価格と年式 ミニクラブマン

まずは、「年式と価格相場」から見た狙い目のミニクラブマンの中古車を紹介していきます。

2022年3月時点の中古車物件価格分布表から「価格と年式」の条件で、特に分布の多いところをピックアップしていきます。(※上記画像は2022年3月23日時点の情報)

出典:ミニクラブマン(BMW MINI)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

2021年式でも在庫豊富。ただし価格帯は高め

車選びドットコムに掲載中のミニクラブマンは、昨年新車登録されたばかりの2021年式の掲載台数が比較的多く、新しいモデルの中古車も選びやすくなっています。
ただし価格はどうしても高くなりがちで、廉価グレードの「ワン(ONE)」はほとんど出回っておらず、「クーパーD」などが安くて350万円前後から。またジョン・クーパー・ワークスモデルも多く掲載されており、こちらは530万円前後から600万円弱までという価格帯です。

パワートレインに着目してみると、ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンの掲載数はちょうど半々ほどなので、どちらを求める方でも選択肢は十分あります。

2019年式なら260万円からでも探せる

年式の条件を2019年式まで下げると、中古車価格が少し下がって250万円〜300万円の間で選べる数が増えてきます。
その要因の一つと考えられるのが、2019年10月に行われたミニクラブマンのマイナーチェンジ。このタイミングでエクステリア・インテリアのデザイン、またパワートレインも一新するといった変更が加えられており、中古車市場にはモデルチェンジ以前の車両が多めに出回っています。

人気のクーパーD、クーパーSD、クーパーSなどは掲載台数も多いので、予算を抑えつつできるだけ年式の浅いモデルを選びたい方におすすめです。

200万円台前半の予算なら、2016〜2017年式が狙いやすい

予算を200万円台、できれば250万円以内に収めたいという方であれば、2017年式を探してみてはいかがでしょうか。同年式になると多くの中古車が200万円台で掲載されており、どんなグレードでもお手頃な価格で狙いやすくなります。
また、走行距離が5万km以上まで伸びている車両だと200万円を切るものもあります。

より多くの選択肢から選びたいなら、2016年式の同価格帯も視野に入れて気になる一台を探してみましょう。

年式と走行距離から見た、おすすめのミニクラブマン中古車

中古車相場 年式と走行距離 ミニクラブマン

続いて、「年式と走行距離」から狙い目のミニクラブマンの中古車を紹介していきます。

2022年3月時点の中古車物件価格分布表から「年式と走行距離」の条件で、特に分布の多いモデルをピックアップして解説しています。(※上記画像は2022年3月23日時点の情報)

出典:ミニクラブマン(BMW MINI)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

2021年式は全体的に走行距離が浅く、価格も新車並み

先述したとおり、中古車の相場価格が高めとなっている2021年式ですが、その要因の一つが走行距離です。

車選びドットコムに掲載されている2021年式ミニクラブマンは、ほとんどが走行距離1万km未満と状態が良いものが揃っています。ただ人気が高い車種であることと、市場に出回っている車両数もそこまで多くないため、新車並みの価格は覚悟する必要があります。

年式・状態のバランスが良い2019年式

購入後しばらくは愛車として乗り続けたいと、年式がそこまで古くなく、走行距離も長すぎないバランスの取れた中古車を探すのであれば、2019年式がおすすめ。
同年式だと走行距離1〜3万km程度の車両が最も豊富で、価格は2021年式より安く300万円以内で購入できるケースもあります。

また、同じ走行距離帯の中古車を軸として探す場合、年式を古くすることでより幅広い選択肢が生まれます。特に予算を300万円以内としている方は、2017〜2018年式まで下げると予算に合う一台が見つけやすいでしょう。

お値打ち中古車を探すなら、3〜4万kmの車両も検討

予算はできれば抑えたいものの、年式をあまり古いものにしたくない方は、走行距離の条件を下げて3〜4万kmほど走行した車両からも探してみるのがおすすめ。
3万km前後であれば2016〜2020年式、4万km前後まで含めると2018〜2016年式の車両が多数掲載されており、希望の予算と年式に合う一台が見つけやすいのが特徴です。

最もお値打ちに狙うなら2016〜2017年式・走行距離3〜4万kmの車両が狙い目で、クーパーDを220万円前後から見つけることが可能。クーパーSDは260万円前後から、ジョン・クーパー・ワークスでも300万円ほどからの価格となり、新車よりもかなり手が届きやすくなります。

新型発表後も中古車価格は変わらずか?

BMW MINI ミニクラブマン 2代目

2021年3月に行われたBMWグループのロードマップ発表によると、次世代型MINIモデルは2023年から生産されることが分かっています。ただ、内燃機関モデルの発売は2025年を最後とし、2030年代前半にはMINIの全モデルをEV化する予定だとも発表されました。

一般的には、車のモデルチェンジが行われると中古車価格は下がっていく傾向にありますが、MINIにおいては今後ガソリンモデル・ディーゼルモデルが希少となっていくことから、新型が登場しても中古車価格はあまり下がらない、場合によってはむしろ値上がりする可能性も考えられます。

また一部では、新型モデルのラインアップからミニクラブマンは廃止されるのではとの情報もあり、ミニクラブマンを購入したいと考えるのであれば早めに検討するのが良いかもしれません。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

ミニクラブマン記事デイリーランキング

2022.07.02UP

デイリーランキング

2022.07.02UP

最新記事