中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

ポルシェのSUV、カイエンとマカンの違いを解説

ポルシェ マカン

ポルシェの全世界における2022年の販売台数は約31万台、そのうちもっとも売れたのはカイエンの9万5000台で、マカンの8万6700台がそれに続きます。

世界的なSUVブームもあるにせよ、全体の約半数がマカンとカイエンという2台のSUVで占められるという状況は、それぞれが世界的に支持されている証拠です。

そんなマカンとカイエンの違いと特徴について解説します。

Chapter
ポルシェの屋台骨を支えるSUVモデル
数値よりも大きく見えるボディデザイン
スポーツカーメーカーのSUVはカイエンが始まり
それぞれに価値があるポルシェのSUV

ポルシェの屋台骨を支えるSUVモデル

ポルシェ カイエンS

2000年にBMWがミドルクラスSUVのX5を投入したことで、火が付いた北米のプレミアムSUV市場。

それまではジープ チェロキーやフォード ブロンコに代表されるラダーフレームにオフロード性能を備えたモデルが主流でしたが、トヨタ ハリアーに続いてBMWもX5を投入したことで、モノコックボディのSUVが注目されるようになりました。 

2002年、そこにスポーツカーメーカーのポルシェが送り込んだモデルが、カイエンでした。

2002年にデビューしたカイエンは、VW トゥアレグとプラットフォームを共有する兄弟車ですが、ポルシェ独自のチューニングを施すことで、まったく異なるモデルに仕上がっていました。

当初は懐疑的な目も多かったカイエンですが、マニアの予想を裏切り大ヒット。ポルシェの経営を立て直した救世主的な存在です。

それと同時に、ハイパフォーマンスSUVというジャンルが確立され、数年後には他メーカーもこれに追随することになります。

マカンは、カイエンでの成功を受けコンパクトクラスの高級SUVとして、2014年にデビューしました。

いずれも、ひと目でポルシェと分かる特徴的なデザインに、オンロードでの優れた走りとオフロードでの高い走破性を備えたモデルです。

数値よりも大きく見えるボディデザイン

ポルシェ マカン

2002年にデビューしたポルシェ カイエンは現行型が3代目にあたります。

ボディサイズは、全長4,930mm×全幅1,983mm×全高1,698mm、ホイールベース2,895mm(ベースグレード)で、高さの違いを除けばトヨタ ランドクルーザー300とほぼ同じです。

それに対してマカンは、全長4,726mm×全幅1,922mm×全高1,621mm、ホイールベース2,807mmと、全長と全高は、現行のトヨタ ハリアーよりも小さくコンパクトにまとめられています。

見た目に大きく感じるのは、全幅が1,900mmを超えているためです。

この2台のデザインはよく似ており、バックミラーに映った姿はマカンの全幅が広いこともあって見分けがつきません。

911とボクスター/ケイマンも同様ですが、現在のポルシェは同じカテゴリーであれば、ボディの大小、車格に関係なく、共通のデザインを採用するというやり方で、これが2台の見分けをつきにくくしています。

スポーツカーメーカーのSUVはカイエンが始まり

ポルシェ カイエン

2002年にデビューしたカイエンに搭載されたエンジンは、4.5L V8と4.5L V8ターボ、VWのエンジンをベースにした3.2L V6の3タイプで、駆動方式はすべてフルタイム4WD、トランミッションは6速ATをメインに一部6速MTが用意されました。

なかでもカイエンターボに搭載された4.5L V8ターボは、最高出力331kW(450PS)/6,000rpm、最大トルク620Nm/2,250-4,750rpmをそれぞれ発生し、0-100km/h加速は5.6秒というSUVとしてとてつもない性能を発揮しました。

2代目は2010年に発表。初代のマイナーチェンジで排気量を拡大した3.6L V6および、4.8L V8エンジンにくわえ、3.0L V6ハイブリッドがラインナップに加わりました。

駆動方式はフルタイム4WD 、トランスミッションは8速ATまたは6速MTです。

現行型となる3代目は2017年の発売。ダウンサイズされたエンジンは、3.0L V6ターボとカイエンS用の2.9L V6ツインターボ、4.0L V8ツインターボという構成で、ハイブリッドは3.0L V6ターボと4.0L V8ツインターボに用意されています。

駆動方式はフルタイム4WDで、トランスミッションは当初MTとトルコン式のATが用意されていましたが、この3代目からはトルコン式の8速ATのみです。

ポルシェ マカン

対するマカンは2014年デビューです。

カイエンよりも小さなボディに搭載されるパワートレーンは、2.0L 直4ターボと、3.0L V6ツインターボ、3.6L V6ツインターボの3タイプで、駆動方式は全車フルタイム4WD、トランスミッションはツインクラッチの7速PDKが組み合わされます。

2台の大きな違いは、ボディサイズや搭載エンジンもさることながら、トランスミッションがカイエンのトルコン式ATに対し、マカンはスポーツ色の色濃いデュアルクラッチを使ったポルシェ独自のPDKを採用。この違いが、両車のキャラクターの違いに繋がっています。

これまでモデルチェンジはないものの、幾度かのマイナーチェンジによって細部のデザインが変わっています。

また現在のところラインナップにハイブリッドやEVモデルを持たないマカンですが、間もなく市場に投入される予定です。

それぞれに価値があるポルシェのSUV

ポルシェ カイエン ターボ S E-Hybrid 2023

2023年6月現在の日本で販売されているカイエンは、3グレードでいずれも1千万円オーバーの高級車です。スタイリングは、通常モデルとクーペが用意されます。

・カイエン(1198万円)
・カイエン クーペ(1273万円)
・カイエン E-ハイブリッド(1395万円)
・カイエン E-ハイブリッド クーペ(1440万円)
・カイエン S(1561万円)
・カイエン S クーペ(1644万円)

カイエンは3.0L V6ターボ、カイエンSは4.0LのV8ターボのガソリン車で、E-ハイブリッドのみ電気モーターを搭載したプラグインハイブリッドになります。

ポルシェ マカン 2022

いっぽうマカンは、マカンターボに変わり、ポルシェ伝統のネーミングを復活させたマカンTを加えた4グレード構成。

・マカン(838万円)
・マカン T(901万円)
・マカン S(1073万円)
・マカン GTS(1295万円)

搭載エンジンは、マカンとマカンTが2.0L 直4ターボ、マカン Sとマカン GTSが2.9L V6ツインターボとなっています。

マカンは、シティユースでも使いやすいサイズ感に、経済的でスポーティなパワーユニットで、気負わずに乗れるSUV。

マカンよりも大きなボディに、高出力のパワートレインを搭載したカイエンは、加速性能や最高出力、ラグジュアリーな乗り味という点で、ポルシェにふさわしいハイパフォーマンスSUVになっています。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式サイト:https://www.kurumaerabi.com/
公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2024.06.23UP

デイリーランキング

2024.06.23UP

最新記事