中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

ホンダ・フリードの中古車相場はいくら?狙い目のモデル・選び方を解説!

ホンダ・フリードは5ナンバーサイズのコンパクトミニバンで、確かな小回り性能やコンパクトサイズながら広々とした空間を確保しており、特に都市部を中心に人気のファミリーカーとなっています。

今回は、車選びドットコムに掲載されているホンダ・フリードの中古車相場をもとに、価格や年式、走行距離などの観点から掲載台数が多くて狙い目なフリードの中古車を紹介していきます。

Chapter
ホンダ・フリードとはどんな車?
価格と年式から見た、おすすめのフリード中古車
年式と走行距離から見た、おすすめのフリード中古車
カラーリングで選ぶ、フリードの狙い目中古車
ガソリンモデルなら高年式でも在庫あり。ハイブリッドは条件を緩めて

ホンダ・フリードとはどんな車?

ホンダ フリード 2代目

一般的なミニバンでは大きすぎると感じるユーザーをターゲットに、コンパクトで運転しやすいサイズかつ室内空間にもゆとりを持たせたミニバンとして、2008年に初代フリードが発売されました。
コンパクトミニバンながらスタイリッシュなデザインを採用したことで、男性も乗りやすく、老若男女を問わず幅広いユーザーに人気の一台となりました。

現行型の2代目は2016年に発売。6・7人乗りが設定されているほか、5人乗り仕様の「フリード+」も登場しました。
またパワートレインを一新し、ガソリン車・ハイブリッド車ともに燃費も向上。ガソリン車ではWLTCモード燃費で最大17.0km/L、ハイブリッド車ではWLTCモード燃費で最大20.8km/Lと、ミニバンという車種ながらかなりの低燃費となっています。

2021年6月末には、初代モデル発売からのシリーズ累計販売台数が100万台を突破するなど、多くのユーザーに支持されている車です。

価格と年式から見た、おすすめのフリード中古車

中古車価格 価格と年式 フリード

まずは、「年式と価格相場」から見た狙い目のフリードの中古車を紹介していきます。

2021年12月時点の中古車物件価格分布表から「価格と年式」の条件で、特に分布の多いところをピックアップしていきます。(※上記画像は2021年12月6日時点の情報)

出典:フリード(ホンダ)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

在庫多数の2017年式。特に160〜180万円が豊富

フリードにおいては、現行型の2代目モデルから安全運転支援システム「Honda SENSING」を採用しています。
グレードによって標準装備・メーカーオプション設定かは異なりますが、家族を乗せるファミリーカーとして購入するなら、中古車でも安全装備が充実したものを選びたいところです。

現行型の初期モデルにあたる2017年式は、中古車の在庫が豊富で選択肢が多くなっています。また価格帯も100万円台前半から探すことができるため、お値打ちに購入できます。
特に豊富なのは160〜180万円の車両で、ガソリンモデルならHonda SENSING搭載車も選択可能。ハイブリッドモデルは当時の最上級グレード「ハイブリッド EX」が選択でき、高機能モデルを安く購入したいならおすすめです。

現行型初期モデルが候補なら、2018年式も狙い目

現行型フリードの中古車を探していて、マイナーチェンジ前の初期モデルを候補にしている方であれば、2018年式も狙い目。
2017年式と比べると掲載台数は少ないですが、160万円以上の価格帯でHonda SENSING搭載・上級グレードも選択可能という点には変わりなく、選択肢の幅が広がります。

ただ、2017年式と比べるとガソリンモデルの台数が多く、ハイブリッドモデルは見つけにくいのが難点。ガソリンモデルで探している方にはおすすめです。

現行型マイナーチェンジ後モデルを選ぶなら、2021年式がおすすめ

現行型フリードのマイナーチェンジが行われたのは2019年10月。最新モデルの中古車を選ぶならそれ以降の2020年式・2021年式が選択肢ですが、中古車台数の多さから2021年式の方が好みの一台を見つけやすいと言えます。
ただし、ハイブリッドモデルの高年式中古車は人気が高いため在庫が少なく、2021年式はほとんどがガソリンモデル(マイナーチェンジ後は全車にHonda SENSING搭載)となっています。

特に在庫が豊富なのは200〜230万円の車両。ハイブリッドモデルを選びたいのであれば、250万円以上の車両帯から探すのがおすすめです。

年式と走行距離から見た、おすすめのフリード中古車

中古車価格 年式と走行距離 フリード

続いて、「年式と走行距離」から狙い目のフリードの中古車を紹介していきます。

2021年12月時点の中古車物件価格分布表から「年式と走行距離」の条件で、特に分布の多いモデルをピックアップして解説しています。(※上記画像は2021年12月6日時点の情報)

出典:フリード(ホンダ)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

高年式の2021年式なら、100km未満の車両から選べる

最新の2021年式中古車であれば、ほとんど走行していない100km未満の車両から選ぶことができます。

グレードはほとんどがガソリンモデルの「G・Honda SENSING」で、価格は180万円から掲載。
中古車ながら新車とほぼ変わらない価格帯のものが多いですが、現在新車の工場出荷時期が2〜3ヶ月待ちとなる状況であることから、購入後できるだけ早く手元に欲しいという方は検討の余地ありと言えます。

2019年式・1〜2万kmならハイブリッドモデルも見つけやすい

現行型のマイナーチェンジ前後モデルが混在する2019年式は、走行距離が1〜2万kmの車両が多数となっています。
ガソリンモデルであれば200万円以内で購入できる車両も多く、ハイブリッドモデルでも210〜240万円ほどで見つけることができます。また、台数は少ないですがモデューロ・クロスターといったモデルも選ぶことが可能です。

高年式では見つけにくいハイブリッドモデルの中古車を探している方であれば、ここから探してみるのも良いでしょう。

2017年式・2〜4万kmはお値打ちな中古車が豊富

中古車の在庫が豊富な2017年式は、走行距離が2〜4万kmのものが特に豊富で、好みの装備・デザインの一台を探しやすい車両帯となっています。
価格は安いものなら140万円台から見つけることができますが、特に台数が多いのは170万円台です。

なお、2017年式ではガソリンモデル・ハイブリッドモデルともにHonda SENSING搭載車と非搭載車がラインアップされており、中古車を選ぶ際には注意が必要。この年式であれば比較的安く上級グレードを選択できるので、ぜひHonda SENSING搭載車を選びたいところです。

カラーリングで選ぶ、フリードの狙い目中古車

最後に、本体色の系統ごとにフリードのおすすめ中古車を紹介していきます。

現行型の2代目フリードにおいては、全9色のボディカラーをラインアップ。全体的に都市に馴染むスタイリッシュな印象のカラーが多く、男性も女性もかっこよく乗りこなせる一台となっています。

車選びドットコムでは本体色から中古車を検索できるので、お気に入りの色のフリードを探してみましょう。

定番のホワイトはどのモデルでも人気

ホンダ フリード 2代目 マイナーチェンジ

車の定番カラーであるホワイトは、年齢や性別を問わず人気が高い色。そのため需要が高く、中古車として出回る台数も多くなっています。車選びドットコムでは、2228台のうち566台もの掲載台数を誇ります(2021年12月6日時点)。
台数が多い分、車選びの際の選択肢も多くなりますので、好みの一台が見つかりやすいカラーとなっています。

現行型モデルでは、初期は「ホワイトオーキッド・パール」、マイナーチェンジ後は「プラチナホワイト・パール」を設定。こちらは+33,000円の有償色となります。

リセールバリューの良いブラック

ホンダ フリード モデューロX 2代目 マイナーチェンジ

黒も車の定番色で、多くの人気を集めるカラーの一つ。2021年12月6日現在、車選びドットコムではブラック系カラーのフリードを448台掲載中です。

現行型フリードでは、漆黒の中にきらりとパールが光る「クリスタルブラック・パール」を採用。こちらは初期モデル・マイナーチェンジ後モデルどちらにも用意されており、無償で選択できるカラーとなっています。

需要が高いカラーということで、売却の際にも色を理由に値下がりすることが少ないのもメリット。リセールバリューが気になる方にもおすすめです。

ブルーも密かな人気

ホンダ フリード 2代目 マイナーチェンジ

フリードの中古車の中で、意外にも掲載台数が多いのがブルー系のボディカラー。2021年12月6日時点では、433台の中古車が掲載されています。

現行型登場時には、ブルー系カラーとして「ブルーホライゾン・メタリック」「コバルトブルーパール」の2色を用意。
マイナーチェンジ後の現行型では「シーグラスブルーパール」「ミッドナイトブルービーム・メタリック」が設定されています。前者は無償色、後者は+33,000円の有償色として選択可能です。

ガソリンモデルなら高年式でも在庫あり。ハイブリッドは条件を緩めて

マイナーチェンジから2年が経ち、現行型の最新モデルの中古車も見つかりやすくなってきたホンダ・フリード。ただし、高年式のハイブリッドモデルは人気が高いため、掲載されるとすぐに売れてしまうことが多いようです。
多くの選択肢の中から探したいのであれば、年式の条件を緩めて現行型初期モデル(2017〜2018年式)からも探すのがおすすめです。

ガソリンモデルであれば、2021年式でも多くの中古車が掲載されています。価格は新車よりもやや安いか、ほとんど変わらないものが多いですが、納車時期が遅れ気味の今は選択肢として十分アリと言えるでしょう。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2022.09.26UP

デイリーランキング

2022.09.26UP

最新記事