中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

トヨタ・ルーミーは子育て世代の"ちょうどいい"が詰まった一台!その人気の理由を紹介

トヨタ・ルーミーは、コンパクトカーながら広々としたゆとりのある室内空間を持ち、若い家族や子育て世代を中心に人気の車となっています。ファミリーに人気のミニバン、軽スーパーハイトワゴンの中間にあたるサイズ感や、多くの便利機能や装備から、子育て世代にとって「ちょうどいい」が詰まった一台です。

本記事では、そんなルーミーの人気の理由や特長について詳しく紹介していきます。

Chapter
ルーミーとはどんな車?
子育て世代に人気のポイントとは?
初めて車を購入する方にもピッタリ

ルーミーとはどんな車?

トヨタ ルーミー

トヨタ・ルーミーは、LivingとDrivingを掛け合わせた「1LD-CAR」をコンセプトとして開発されたコンパクトカーで、2016年に販売が開始されました。ダイハツから販売されているトールをベースにOEM供給されているモデルでもあり、かつてはデザインが異なる姉妹車のトヨタ・タンクも販売されていました。

2020年9月にマイナーチェンジされると、タンクと統合する形でルーミーに一本化。デザインはタンクに近いものになったほか、搭載する安全装備の内容が向上しています。

特長は、なんといっても広々とした室内空間。「使える、動ける広い部屋」というキャッチフレーズからもわかる通り、コンパクトカーであることを感じさせないほどのゆとりある空間を持っています。
室内が広い車が欲しいものの、軽自動車(スーパーハイトワゴンなど)はちょっと小さいし、ミニバンだと大きすぎる…といったニーズから、若いやファミリーを中心に一定の人気を集めている一台です。

子育て世代に人気のポイントとは?

現在、ルーミーはガソリン車のみをラインアップし、グレードはエントリーモデルから順にX(2WD/4WD)、G(2WD/4WD)、G-T(2WD)、カスタムG(2WD/4WD)、カスタムG-T(2WD)となっています。

ここからは、ルーミーの人気を支える理由となっている特長や機能と、機能ごとに選択可能なグレードを紹介します。

室内空間と荷室の広さが自慢!

トヨタ ルーミー

先述したとおり、ルーミー最大の特長が室内空間の広さです。
全長3,700〜3,705mmの車体サイズに対し室内長は2,180mmとかなり広めにとられており、どの席に座ってもゆったりとしたゆとりある空間を確保しています。また前後席間の距離は1105mmもあり、足元の空間もかなり広くとられているため、後席に座っても圧迫感はほとんどありません

また、室内高は1,355mmを確保。小さな子どもであれば立って着替えることもできるほどの高さです。

荷室は、バックドアを開くと横幅1,077mmと大開口かつ、荷室フロア高は527mmと低床設計。そのため、大きなものや重たいものでも楽に積み込みやすくなっています。ベビーカーを横にして積むのはもちろん、立てたままでも積むことができるほどの広さなので、荷室をより効率的に広く使うことができます。

使い勝手が良い機能の数々

トヨタ ルーミー

ルーミーでは助手席側のパワースライドドアを全車標準装備し、運転席側のパワースライドドアもX以外の全グレードで標準装備しているのも特長です。

スライドドアを搭載する車は多くありますが、パワースライドドアの設定や装備する箇所はオプションで追加となることも多く、ルーミーのように両側で標準装備としているグレードがほとんどなのは嬉しいポイント。
さらに、車に近づくと自動でドアロックを解錠してくれるウェルカムドアロック解除機能も全車標準装備するなど、どのグレードを選んでも十分な機能性を備えています。

もちろん、乗り込み口は低床フロア設計されているので、小さな子どもでも乗り込みやすい作りとなっています。

トヨタ ルーミー インテリア

さらに、室内はフロントシートウォークスルーを採用。前後席間での移動や運転席・助手席間の横移動がしやすく、車内でスムーズに行き来することができます
例えば子どもを乗せるために後席から乗り込み、準備を終えたら自分はそのまま前席に移動することもできますし、雨の日には直接後席に移動して子どもの支度を整えたりと、特に子育て世代の利用シーンにおいてはあると便利な機能の一つです。

こちらも全車に標準装備されており、追加でオプション費用がかかることがないのは嬉しいですね。

また収納においても、室内の至るところに機能的な収納スペースを確保。
大型の助手席オープントレイから、ティッシュケースなどよく使うものを置ける助手席グローブボックス、買い物後に便利な買い物フックを助手席側と左右のデッキサイドに装備するなど、日常的に使える便利な収納を多数揃えています。

広さは確保しつつも車体は小さく、軽自動車並みの小回り

トヨタ ルーミー

ルーミーのボディサイズは、全長3,700〜3,705mm、全幅1,670mm、全高1,735mmというサイズ感。
軽スーパーハイトワゴンの代表格であるホンダ・N-BOX(3,395mm×1,475mm×1,790mm)と比べてみると、全長と全幅においては一回り大きい印象です。その分軽自動車よりも室内空間は広くなっていながら、大幅にサイズアップしているわけでもないので運転の感覚はそこまで変わらないものとなっています。

さらに、最小回転半径は4.6mと、小回り性能は軽自動車に匹敵するほど。細い道や曲がり角が多い街中での運転や、狭い場所への駐車もスムーズにできるのが魅力です。

そのため、例えば子供が大きくなり手狭になってきたため軽スーパーハイトワゴンから乗り換えたいというニーズにも応えてくれ、需要が高いモデルとなっている一面もあります。

手の出しやすい価格

様々な便利な機能を備えるルーミーですが、エントリーモデルのX1,556,500円(税込)、最も高いグレードのカスタムG-T(4WD)でも2,090,000円(税込)と、コンパクトカーとしては比較的安価な価格帯というのもファミリー層の支持を得ている理由の一つです。

この価格であれば軽自動車ともあまり変わらないので、軽を買うかルーミーを買うかという検討候補にもあがりやすく、ママが運転する家族のセカンドカーとしても人気の高い一台となっています。
また、もちろんミニバンと比べれば圧倒的に安い価格で購入できるため、初めてのファミリーカーとしても人気が集まっています。

初めて車を購入する方にもピッタリ

家族 夫婦 子ども

コンパクトなサイズながら、広い室内空間と運転のしやすさを兼ね備えるルーミー。ファミリーカーが欲しいけどミニバンほどの大きい車はいらないな…と思っている方や、普段使いできる広めのセカンドカーが欲しいな…と考えている方にもピッタリです。
またその手頃な価格帯から、初めてのマイカーとして選ぶ方も多い車となっています。

新車価格も十分安い車ではありますが、初期費用をできるだけ抑えたいのであれば中古車も視野に入れてみると良いでしょう。
発売から5年が経ち中古車市場にも多くの車両が出回っていますし、上位グレード・オプションが充実した車両をさらに安く購入することができるかもしれません。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

ルーミー記事デイリーランキング

2021.12.01UP

デイリーランキング

2021.12.01UP

最新記事