中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

内装が高級なクルマ

ロールス・ロイス/ベントレーのような贅をこらしたレザーシートや、今では見かけないウッドパネルのダッシュボードなど、高級感を備えた内装は温かみがありくつろぎの空間でもあるでしょう。
内装が高級な車種であっても中古車であれば意外と手の届く値段だったりもします。

※2014年12月11日時点

Chapter
高級か上質か、その両方か?
コストがかかるのも、コストカットの対象になりやすいのも「内装」です
「本物志向過ぎる」と、かえって苦労することも

高級か上質か、その両方か?

トヨタ クラウン 内装

内装が高級なクルマは、なんともいえないくつろぐことのできる雰囲気がありますね。
しかし「内装が高級である」とは一体どんな状態のことを言うのでしょうか。
素材にお金がかかっていること?手間のかかる細工がしてあること?明確なルールは分かりませんが、さほど高級感は無いもののくつろぐ空間であり、ゆったりしてしまうシートのクルマがあったりするのです。

詳細について調べだすと、一冊の本になるほど奥の深い内装についてですが、いくつかそのようなクルマを選ぶ上でのポイントをご紹介したいと思います。

コストがかかるのも、コストカットの対象になりやすいのも「内装」です

昔、貴族が馬車に変わってクルマを買い始めたころ、クルマは今でいうヘリコプターのようなもので、限られた人のみが持つことのできるものでした。当時のクルマはとてつもなく手の込んだ、丁寧なつくりのものがほとんどで、押しなべてコストがかかるものだったからです。
それゆえ、クルマを持っていることが富の象徴にもなっていました。

やがて時代は進み、軽量化され、クルマは大衆のためのものになりました。その一方で、高出力低エミッション化など、ドライブトレーンの進化とともに軽量化され、コストカットのあおりを受けたのが内装だったのではないでしょうか。

今、スプリングの入ったシートのクルマはめったにありません。中に樹脂製のあんこが入ったような椅子で、「むにゅ」という感触が多かったりします。
ですので、クルマがモデルチェンジすると声高に「安普請になった」と揶揄するコメントを出すクルマ愛好家も少なくないのですが、クルマはかつてのような「工芸品」的な立ち位置ではなく、「工業製品」へと変質してしまった以上、前より安く、高性能であることが基本になるため、ある程度は仕方のないことかもしれません。

高級な素材を使っていることと、しっかりと手をかけて骨格を作っている椅子、この二点が自動車の内装における高級感では大事なポイントではないでしょうか。
いい椅子というのは本当に疲れ知らずです。一見車輪が4つ付いている同じ自動車が何倍もの値段になる、というような場合、差が出るポイントの一つが椅子だったりするのです。

ロールス・ロイス/ベントレーに乗りましょう

ベントレー レザーシート

内装の高級感では、これらの右に出るものは無いでしょう。
今のモデルも十分高級ですが、BMWやフォルクスワーゲンの資本が入る前のモデルは特に、ロールス・ロイス/ベントレーの内装の縫製を仕事のメインとしていた、革製品専門の「コノリー社」で革シートが作られていました。
1台あたり10頭分以上とも言われる牛から厳選した革だけがロールス・ロイス/ベントレー用にあてがわれていました。

ジャガー、ローバーをはじめ、日本車などでも「コノリー」のシートを採用していたクルマはありますが、それらの表皮はロールス・ロイス/ベントレーへの供給に使用した残りの部位から造られていたとか。
それでもレザーシートの品質の標準より相当良質な皮革表皮のシートを出荷し続けていました。

しかし、これほどまでに高級な内装のクルマでも、中古車として流通している今なら私たちでも手が届くかもしれません。
正直、コノリー社製の椅子一脚だってもっとするでしょう?という価格で買えてしまう、1980年代から1990年代に製造されたSZ系と呼ばれるロールス・ロイス/ベントレー、これは注目していただきたいクルマです。
(もっとも今は安いですが、新車では私たちの住んでいるマンションの新築価格くらいするクルマです。整備代がヴィッツと同じわけにはいかないことだけはご注意くださいませ。)

「本物志向過ぎる」と、かえって苦労することも

レクサス LS600h

高級内装でもう一つ思い出されるのが、木目パネルではないでしょうか。
とてもメカニカルであるクルマという存在に、木のぬくもり、安らぎ、華やかさなど、有機的な雰囲気を与えるのがこの木目パネルです。ダッシュボードなどに貼られる事が多いですね。昔は木目ではなくウッドパネルでした。本物の木だったのです。
最近では金属の板の上に木目の板を張ったものや、樹脂に木の模様をプリントしたシートを貼ってからコーティングするというものが多いようです。最近のクルマで本当の木をはめているクルマは、かなり少数派であるといえます。

こうご説明すると「フェイクなのか」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、ホンモノでない以上、「はいそうです」とお答えしなくてはなりません。
ですが、最近ではかなりプリントで再現される木目の表情もリアリティが増していますし、何より、昔のようにもろにウッドを使っている場合、木が反り返ったり、木目が割れたりということが不可避でした。
そのようなことがかなり防止できるので、実は木目の樹脂パネルのクルマのほうが扱いが楽であるという場合も少なくないのです。

なかなか日本では駐車場事情も良くなく、炎天下に停めなくてはならない場面も多いと思います。そんな状況下でもタフな今時の木目パネル。個人的にはオススメしたいものです。
確かに本物志向を極めると、なかなか釈然としない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、背に腹はかえられません。

こうした処理がなかなか巧いのは、やはり国産車ではレクサスではないでしょうか。ウッドのあしらい方も含め、内装がなかなかいい仕上がりだと思うLSの初期型などは、200万円台でも探すことができるほどです。
そういうクルマをマイカーにすると、ちょっと上質な毎日が送れるかもしれませんね。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

エディターズ・アイ

「車選びドットコム」のカーライターがお届けする、知って得する自動車情報が満載!

あなたの新しい車選びの参考にしてください。

エディターズ・アイ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

おすすめ記事デイリーランキング

2021.08.06UP

デイリーランキング

2021.08.06UP

最新記事