中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

レクサス製ミニバン、2代目LM登場で、新型アルファードはどうなる?

レクサス LM

レクサスメイドのMPV(ミニバン)となるLMの次期モデルが、2023年4月18日から開催されている中国・上海モーターショーで公開されました。 2023年の夏前に登場すると言われているトヨタ アルファードと兄弟車になるレクサス LMとはどんなクルマに仕上がっているのでしょうか?

現行アルファードよりも大きなボディに、豪華装備と最新のパワートレーンを搭載したLMを見ながら、今年、登場すると言われている日本を代表する最高級ミニバンのトヨタ アルファードとの共通点と、中古車市場への影響について考えてみました。

Chapter
レクサス製ミニバン、LMがついに登場!
豪華で贅沢な4人乗り仕様も用意するLM
RXにも通じるエクステリアデザイン
パワートレーンは2.4Lと2.5Lの仕様の異なるハイブリッド
最先端の安全装備

レクサス製ミニバン、LMがついに登場!

レクサス LM

2023年4月18日から開催されている上海モーターショーで公開されたレクサス LM

ショーファードリブンとしても通用する性能が要求されたレクサス LMのボディサイズは、全長5,125mm×全幅1,890mm×全高1,955mmというもので、現行アルファードより全長が約80mm、全幅は40mm拡幅されました。

ホイールベースの3,000mmは変わらずですが、画像で見る限りスライドドアが長く大きくなり、後席の乗降性をアップしていることがわかります。

トヨタ アルファード

とはいえ、ボディの開口部を広げるとボディ剛性にはマイナスです。それをレクサスの開発陣は素性から見直し、ラジエターサポートブレース/ロッカーストレート構造/リヤ床下ブレース/クォーターピラー部リインフォースメント設定などにより、従来型比で約1.5倍のボディねじり剛性を確保したといいます。

正式には発表されていませんが、ボディ剛性アップにはプラットフォームの性能も寄与しているはずで、この点は共通のプラットフォームを採用するであろう新型アルファードも期待できますね。

さらにLMでは、音や振動の低減のため、ボディ各部へのさまざまな対策と、高遮音ガラスのアコースティックガラスの採用、エンジンマウントなどのチューニングなどを敢行。

加えて室内のシートの開発と、ボディの細かな振動を軽減する周波数堪能バルブ付きAVS、ドライブモードセレクトに後席の快適性を重視した”Rear Comfort”モードを用意するなど、徹底的な対策が施されています。

豪華で贅沢な4人乗り仕様も用意するLM

レクサス LM

レクサスのコクピット思想であるTazuna Conceptから生まれたシンプルなインパネとコンソールのセンターには、大型の液晶ディスプレイをフローティングマウントするとともに、メーターパネルも液晶ディスプレイとして先進性をアピールしています。

フロントのシートは座面の面圧分布を最適化し、疲労を軽減する座り心地と、クルマとの対話に集中できる環境を追求。

2列目シートは、特性の異なる2種類の衝撃吸収材を使用することで、停車時から走行時まで乗員を優しく包み込みながら支える構造としました。

また3列目シートは大人でもゆったりと座れるよう、シートバックとクッションに厚みを持たせるなど、各ポジションで最適な乗り心地となるよう設計されています。

シート配置は、3列6人または7人乗りが基本で、2,3列目の開放感や見晴らしに配慮しながら、前後左右に広がりのあるトリムやオーバーヘッドコンソールによって乗員のパーソナル感を追求しました。

4座仕様では、フロントシート裏にパーティションを設けるとともに、左右独立したシートにはオットマンを装備。シートのアームレストとオットマンにはヒーターが内蔵されています。

パーティションには48インチワイドディスプレイ、下部には冷蔵庫や収納スペースも用意されています。 またパーティション部に内蔵された温熱感IRマトリクスセンサーにより、後席スペースのエアコンやシートヒーターを自動で一括コントロールして、快適な移動空間を提供します。

RXにも通じるエクステリアデザイン

レクサス LM

エクステリアの押し出し感のあるフロントマスクには、ボディカラーと同色のスピンドルグリルを採用して、先日デビューしたRXとの共通性を感じます。

新型アルファードではこのあたりの処理がギラギラ系になるのか、気になるところです。

ルーフからDピラーにかけてのデザイン処理は、浮き上がったイメージのフローティングルーフとピラーの一部をブラックアウトすることでクーペのように軽快なサイドビューを演出。

スピンドルグリルとともにレクサスのいちモデルであることをアピールしています。

パワートレーンは2.4Lと2.5Lの仕様の異なるハイブリッド

レクサス LM

搭載されるパワートレーンは、RXでも作用されたeAxle(イーアクスル)を搭載する2.4L直列4気筒ターボハイブリッドと、従来からある2.5L直列4気筒ハイブリッド(FF/E-Four)の2つが用意される予定。

SUVでは共通のプラットフォームを持つモデルであってもレクサスとトヨタでは、パワートレーンを違えることがほとんどですから、LMと新型アルファードも同様になるのでしょうか。

最先端の安全装備

LMの安全装備は、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたセンサーを基本とする「Lexus Safety System+」で、さらに高度運転支援技術「Lexus Teammate」のアドバンストドライブ(渋滞時支援)と、アドバンストパーク(リモート機能付)まで採用し、現状で最上級の安全装備を備えています。

レクサス LM

LMの日本での発売は、2023年の秋ごろを予定。新型アルファードの発表は、2023年春ごろと言われていますので、発売もそれより前になりそう。

となると現行アルファードの中古車価格がどうなるのか気になります。

価格設定にもよりますが、通常であれば新型になっても大幅な価格引き上げはないものと考えると、熟成された現行アルファードの中古車か、新型を狙うのかいまから悩ましいところですね。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式サイト:https://www.kurumaerabi.com/
公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

アルファード記事デイリーランキング

2024.04.13UP

デイリーランキング

2024.04.13UP

最新記事