中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

スバル・レヴォーグにかかる維持費はいくら?費用内訳を解説!

スバル レヴォーグ 初代 2Lターボ車

スバル・レヴォーグは、日本市場にステーションワゴンブームを起こしたレガシィツーリングワゴンの後継車に当たるクルマです。高い走行性能と積載性を両立し、国産ステーションワゴンで圧倒的なシェアを誇ります。

初代、2代目ともにスバルの最新技術を投入されたレヴォーグ。マイルドハイブリッドなどの電動技術は搭載されていないため、かかる維持費は気になるところです。

今回はレヴォーグにかかる維持費の内訳を紹介し、購入を考えている方におすすめのモデルの選び方などを解説していきます。

Chapter
スバル・レヴォーグとはどんな車?
新車と中古車の維持費に違いはあるの?
レヴォーグにかかる維持費はこの6つ!
レヴォーグにかかる税金に軽減措置はある?
中古車の旧型レヴォーグを選ぶなら1.6Lターボ車がおすすめ

スバル・レヴォーグとはどんな車?

スバル レヴォーグ 初代 2Lターボ車

初代レヴォーグは、スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと最新技術を注ぎ込んだ新型スポーツツアラーとして2014年6月より販売開始されました。初代レヴォーグのデザインは、これまでのノウハウを活用した、新世代のスポーツツアラーに相応しい流麗でスタイリッシュなシルエット。そして使い勝手の良い大容量のカーゴルームを実現。インテリアは、ドライビングを快適に愉しめるゆとりある空間とし、仕立ての良さを感じさせる上質なデザインを採用しています。

搭載されているエンジンは、小排気量エンジンにターボ技術を採用し、軽快な走りを実現する動力性能と優れた燃費性能を両立した新開発の1.6L水平対向4気筒インテリジェントターボ“DIT”。そして最高出力300ps、最大トルク400Nmという高出力、高トルクの圧倒的な動力性能を発揮する2L水平対向4気筒パフォーマンスターボ“DIT”の2種類。組み合わされるトランスミッションはリニアトロニックと呼ばれるCVTで、2Lエンジンにはダイレクト感のあるスポーティで愉しいドライビングを味わえるスポーツリニアトロニックを採用しています。

安全装備は、新世代へと進化したスバル独自の運転支援システム「アイサイトver.3」を初搭載。より広角かつ遠方まで捕捉し、カラーでの認識も実現。操舵支援機能であるアクティブレーンキープをはじめ、AT誤後進抑制、ブレーキランプ認識制御などの新機能、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能向上により、最先端の予防安全技術を実現しています。

2015年4月に一部改良を行い、スバル国内初採用となる先進安全装備「アドバンスセイフティパッケージ」を展開し、車両周辺の全方位の安全性を高めました。「アドバンスドセイフティパッケージ」は、スバルリアビークルディテクション(後側方警戒支援機能)/サイドビューモニター/ハイビームアシスト/アイサイトアシストモニターの4 つの機能をセットで装備しました。また基本性能についても燃費性能や足回りのチューニング変更などを実施しています。

スバル レヴォーグ 2代目 アイサイトX

2016年5月にはスバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)とのコラボレーションにより、レヴォーグが持つ「走行性能」と「走りの質感」・「内外装の質感」をこれまでよりも更に高めた最上級グレードの STI Sportを設定しました。

2017年7月には大幅改良を実施。内外装の変更に加えて、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を初搭載し、ロングツーリングの際の快適性と安心感を大幅に高めています。更に、後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプ等の先進安全機能を新たに追加。全方位にわたってドライバーの安全運転を支援できるようになっています。

2018年4月に行った一部改良では、全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良。2019年5月の一部改良で、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/h から30km/h に変更。より低車速から作動を開始するようにすることで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上させています。

スバル レヴォーグ 初代 2014

2代目となる現行型レヴォーグは2020年10月に発表されました。現行型レヴォーグは、スバルに脈々と受け継がれる「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というグランドツーリングのDNA を継承。そのうえ、スバルの最新技術を結集し、「先進安全」、「スポーティ」、「ワゴン価値」の3 つの価値を革新的に進化させたパフォーマンスワゴンに仕立てられたモデルです。
現行型レヴォーグは総合安全性能のレベルを引き上げるとともに、ドライバーの意思に忠実なハンドリングや、不快な振動騒音を低減した快適な乗り心地を提供する「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。さらにその高いポテンシャルをベースに、ボディ全体の骨格連続性を高める「フルインナーフレーム構造」や微小な変形を抑える「構造用接着剤」などを採用し、さらなる高剛性化と軽量化を実現しています。

搭載される新開発の1.8L水平対向4気筒直噴ターボ“DIT”エンジンは、日常での扱いやすさを重視し、低回転域から300N・mの高トルクを発生。また最新技術リーン燃焼などの採用により、高出力と優れた環境性能を両立しました。

安全装備では、360 度センシングを実現し、リアルワールドにおける安全性を進化させた「新世代アイサイト」を全車標準装備。さらに、3D 高精度地図データと、GPS や準天頂衛星「みちびき」などの情報を活用した高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を搭載したグレードを新たに設定することで、新次元のストレスフリーなセイフティドライビングを実現しています。

また、「つながる安全」がさらなる安心感をもたらすコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」を採用するなど、最新の安全性能だけでなく、コネクティッド機能も充実したモデルとなっています。

2021年11月に一部改良を行い、パワーリアゲートは、車内からドアロックしている状態でも運転席スイッチでの開閉操作が可能となり、日常の使い勝手を向上させています。また、安全面では、アイサイトXの「ドライバー異常時対応システム」機能により車線内で停車した際、全てのドアを自動で開錠し、非常時の車外からのアクセス・救出をスムーズに行えるようになっています。

加えて、最高出力275ps、最大トルク375Nmを発生する2.4L水平対向4気筒ターボエンジン+スバルパフォーマンスとトランスミッションを搭載した、新グレードSIT Sport Rを追加しました。

さらに、2022年11月の一部改良では、ヘッドランプ/室内灯消し忘れ時の自動消灯機能を追加。さらに、リレーアタック対策として、スマートキーへスリープ機能、およびモーションセンサーを搭載し防犯性を高めています。

現在、新車で販売されているグレードは1.8Lターボエンジンを搭載しているGT、GT EX、GT-H、GT-H EX、STI Sport、STI Sport EX。そして2.4Lターボエンジンを搭載しているSTI Sport R、STI Sport R EXの8グレードでEXがアイサイトX搭載車となっています。

新車と中古車の維持費に違いはあるの?

スバル レヴォーグ

レヴォーグを購入する際、初期費用をできるだけ抑えたいという場合は、新車ではなく中古車の購入を検討することもあるでしょう。ただ、購入後にかかる維持費にも新車・中古車で差があるのか?と気になる方は多いのではないでしょうか。

基本的には、購入するのが新車でも中古車でも必要となる維持費は変わりません。影響があると言えるのは選ぶグレードごとの燃費性能や、必要に応じて加入する自動車保険料、駐車場代などが主で、車によってではなく人によってかかる維持費が変わると言えます。

ただし、年式の進んだ中古車を選ぶ場合には自動車税(種別割)とメンテナンス代に影響があるかもしれません。

新車登録から13年以上が経過した車に対しては、自動車税(種別割)が約15%増税となります。また、車両の重さと登録からの経過年数で税額が決まる自動車重量税も、登録から13年経過後に税率が約40%増税となります。18年経過後はさらに約10%の増税となりますので、かなりの税負担を感じると思います。

初代レヴォーグは2014年登場なので、自動車税や自動車重量税の増税の対象となっていません

また、中古車は年式や走行距離に応じて劣化が進んでいる場合があり、その修理代やメンテナンス費用が余分にかかる可能性があります。

レヴォーグにかかる維持費はこの6つ!

スバル レヴォーグ 初代 2014

ここからはレヴォーグにかかる維持費について、その内訳とそれぞれにかかる具体的な費用を紹介していきます。

新車・中古車に関わらず、レヴォーグの購入を検討している方は、今後どのくらいの維持費がかかるのかの参考にご覧ください。

1:税金

2023年2月現在、レヴォーグにかかる税金は自動車税(種別割)、環境性能割、自動車重量税そして消費税です。これらの税金には、車の性能に応じて軽減措置が用意されているものもあります(具体的な内容については後ほど紹介します)。

■自動車税(種別割)
自動車税(種別割)は車の排気量に応じてかけられる税金です。排気量が大きくなると税金もかなり高額になります。現行型レヴォーグは1.8Lと2.4Lがありますので、3万6000円~4万3500円となっています。また、旧型レヴォーグは1.6Lと2Lですが、2019年9月30日以前に登録したクルマは3万9500円、2019年10月1日以降だと3万6000円と異なります。

ちなみに、この税金は4月1日時点の軽自動車の所有者に支払いが義務づけられており、各市町村から毎年納税通知書が届きます。 納付期限は5月末日。公共料金と同じように、銀行や郵便局などの金融機関、コンビニなどで支払うことができるので、忘れずに納付しましょう。

■自動車重量税
自動車重量税は、その名の通り車の重量に応じて課税される税金です。新車登録時に3年分の税金をまとめて支払うほか、2年ごとの車検時(新車登録後初めての車検時は3年後)にも2年分をまとめて払います。
現行型レヴォーグの場合、車両重量は1.5t~2tクラスなので、新車登録時に4万9200円を、その後の車検時には毎回3万2800円がかかります。しかし、モデルによってはエコカー減税が適用され免税となるモデルもあります。

また先述したとおり、新車登録から13年、18年以上が経った車両は自動車重量税が増加します。

■環境性能割
廃止された自動車取得税に代わり、2019年10月1日より、「環境性能割」という新たな税金が課されるようになりました。 環境性能割は、車の燃費性能等に応じて、取得したときに課税される税金です。電気自動車や燃料電池車、プラグインハイブリッド車は非課税となります。また、中古車などで取得価格が50万円以下の場合は課税されません。

現行型レヴォーグSTI Sport EX(車両本体価格420万2000円)を購入した際の環境性能割は10万3100円となります。

■消費税
日本国内で車だけでなく、モノやサービスを購入すると課税されるのが消費税です。2023年2月現在の税率は10%で、車の場合車両本体価格に消費税が含まれて提示されています。また、車の購入にあたって福祉車両はオプションや付属品の一部を除き非課税の対象となります。

2:車検代

車検は、新車登録から3年後、それ以降は2年に1度受ける義務がある定期点検です。これを受けないと公道を走ることはできず、また法律で厳しく罰せられます。
車検を受ける際は、主に法定費用と車検基本料が車検代として必要となります。

■法定費用
法定費用は、先述した自動車重量税に加えて自賠責保険料、印紙代(検査手数料)を合わせた費用です。これらは国や自治体に納めるもので、どの業者で車検を受けても同じ費用がかかります。

自賠責保険は、車を所有し運転する全ての人に加入が義務付けられている保険で、かかる費用はどの保険会社で契約しても同じです。
印紙代は基本的に1,100円が必要となります。ただし、認定工場で車検を受けた場合は証紙代も必要となるため、その分100~700円が上乗せとなる場合があります。

■車検基本料
車検基本料は、点検費用、整備費用、代行手数料など合わせた費用です。これは車検業者に対して支払うもので、業者ごとに価格設定が異なるため、維持費を安く抑えたいなら見積もりをとって比較した上で業者を選ぶのがおすすめです。

傾向としてディーラーはやや高めで、ガソリンスタンドや車検専門店、カー用品店などであれば比較的安く車検を受けられる場合が多いようです。

3:ガソリン代

最近はガソリン価格がかなり高騰しているので、ガソリン代はできるだけ安く抑えたい維持費の一つです。
そこで注目したいのは燃費性能。現行型レヴォーグはすべて駆動方式が4WDのため、搭載されているエンジンで差が出ています。

WLTCモード燃費を見てみると、1.8Lモデルは13.6~13.7km/L、2.4Lモデルは11.0km/Lと、となっています。街乗り中心であれば、燃費性能の優れた1.8Lモデルで十分ですが、レヴォーグ本来の高い走行性能を味わいたいという人は2.4Lモデルが選びたいところです。

4:自動車保険料

自動車保険には、全運転者に加入が義務づけられている「自賠責保険」と、任意で好みの補償を選び加入する「任意保険」の2種類があります。

■自賠責保険
車検の項目でも先述した通り、自賠責保険は車を運転する全ての人に加入が義務付けられている保険です。1か月単位で契約期間を選ぶことができ、かかる保険料もそれに伴って変わりますが、車検時に更新手続きを行うため新車購入時には37か月契約を選択する方がほとんどです。
軽自動車にかかる自賠責保険料は、37か月契約の場合2万7770円となります。

■任意保険
自賠責保険で補償されるのは対人補償のみで、相手や自分の車、建物などに対しては保険金が1円も支払われません。また、補償される金額も最高で4,000万円までで、事故の内容によっては賠償金額がそれ以上かかる場合もあり、自賠責保険だけでは十分な補償とは決して言えません。
そこで、各保険会社が任意で加入できる様々な保険(任意保険)を用意しています。

任意保険にかかる費用は、補償内容や運転者の条件・年齢・人数、車種などによって変動します。そのため、同じ保険であっても運転する人や家族構成によって保険料は大きく異なる場合があります。
できるだけかかる費用を抑えたいなら、各保険商品の内容や保険料を比較した上で気に入ったものを選ぶようにしましょう。

5:メンテナンス代

車に長く乗るためには、定期的なメンテナンスが必要です。車が好きな方であれば自分でできるメンテナンスもありますが、女性の場合はなかなか自分で行うのは難しい…という場合が多いでしょう。そのため、基本的には専門店に頼むのが安心ですしおすすめです。

定期的に行う必要があるのは、エンジンオイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換など。身近なところではガソリンスタンドでも頼むことができますが、店ごとに価格設定は大きく異なるため、必ず複数のお店を比較して検討しましょう。
もちろん、自分で部品を調達して交換すればより安くすませることができます。車の取扱説明書に手順が記されていますので、家族と一緒にチャレンジしてみるのも良いですね。自身の知識や力量に応じて、お店とセルフメンテナンスを使い分けてみてください。

また、車検の際にも合わせて不具合のある箇所を点検してもらえるので、合わせて修理を依頼することも可能です。

6:駐車場代

持ち家の場合はあまり必要ありませんが、賃貸物件に住んでいる方や駐車場がない都市部などでは、駐車場代もかかってきます。
価格設定はお住まいの地域ごとに大きく異なるため、周辺の駐車場の料金を確認した上で維持費の計算をしてみましょう。

レヴォーグにかかる税金に軽減措置はある?

スバル レヴォーグ 2代目

2023年2月現在、車に関する税金に対してはいくつかの軽減措置が用意されています。

ここからは、レヴォーグで適用されている減税措置の対象となるグレードはどれかを詳しく紹介していきます。

■グリーン化特例について
グリーン化特例とは、環境負荷の少ない自動車の開発や普及を進めるために、燃費性能および排出ガス量が優良な自動車に対して自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)の税率を軽減する仕組みです。

■環境性能割について
環境性能割は、新車・中古車に関係なく車を購入した際にかかり、車の燃費性能に応じた税率が課せられる税金です。かつての自動車取得税に代わって新たに導入されました。

令和元年10月1日~令和3年12月31日までの間に取得した自家用乗用車については、自動車税環境性能割の税率をそれぞれ1%軽減する措置が取られています。

■エコカー減税について
エコカー減税は、排出ガス性能や燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて自動車重量税を免税・軽減する仕組みです。


現行型レヴォーグはいずれの軽減措置に対応しておりません。

中古車の旧型レヴォーグを選ぶなら1.6Lターボ車がおすすめ

スバル レヴォーグ 2代目

ここまでレヴォーグにかかる維持費について、項目ごとに紹介してきました。
税金やほとんどの項目でかかる金額は、新車・中古車どちらを購入しても、またどのグレードを選んでもほぼ同じとなっています。

できるだけ日々かかる費用を抑えたいのであれば、やはり一番注目すべきなのは燃費でしょう。ガソリン価格が高騰している今、できるだけ燃料にかかる費用を抑えるなら、燃費性能がより良い小排気量モデルを選択するのがおすすめです。

現行型であれば1.8L車、旧型であれば1.6L車となります。ただし旧型レヴォーグでは一部アイサイトが搭載されていないグレードもあります。中古車の旧型レヴォーグを購入する際にはアイサイトが装着されているかどうかを必ず確認したほうが、購入後の満足度に差が付きます。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として本格的に参画し、2006年に独立。現在は、日本でもっとも多くの広報車両を借り出して取材を行うフリーランスの編集者として活動中。中古車の流通、販売店に精通した「中古車相場師」と呼ばれるいっぽうで、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

レヴォーグ記事デイリーランキング

2024.06.23UP

デイリーランキング

2024.06.23UP

最新記事