中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

トヨタ・シエンタの中古車の価格相場はいくら?狙い目モデルと選び方を解説

トヨタ・シエンタは、5ナンバーサイズでありながら3列7人乗りが可能なコンパクトミニバン。ボディサイズや小回りの良さから、主に都市部のファミリーを中心に人気の一台です。

今回は、車選びドットコムに掲載されているトヨタ・シエンタの中古車相場をもとに、価格や年式、走行距離などの観点から掲載台数が多くて狙い目なシエンタの中古車を紹介していきます。

Chapter
トヨタ・シエンタとはどんな車?
価格と年式から見た、おすすめのシエンタ中古車
年式と走行距離から見た、おすすめのシエンタ中古車
間もなくモデルチェンジ?中古車を狙うならその後でも◎

トヨタ・シエンタとはどんな車?

トヨタ シエンタ 2代目

初代シエンタが登場したのは2003年9月。当時はカローラスパシオ、プレマシー、ストリームなど、コンパクトミニバンジャンルにも様々な車種がありましたが、現在はホンダ・フリードがライバル車として残るのみとなっています。

シエンタといえば、普段は家族4人で乗車し、かつ荷物もたくさん積むことができるほか、いざというときには最大7人で乗れる利便性の高さがポイント。
一般的なミニバンほど大きい車は必要ないものの、コンパクトカーでは手狭に感じるといったユーザーにはピッタリのサイズなのも、多くの方に支持されている理由の一つです。

現行型の2代目シエンタは、先進安全装備の「Toyota Safety Sense」を用意(Xグレードではオプション)しており、家族を乗せる車としても安心の機能が備わっています。

なお、「FUNBASE」という2列5人乗り仕様のモデルも用意されており、こちらは積載性や車中泊もできる広さ・機能性を求める方におすすめです。

価格と年式から見た、おすすめのシエンタ中古車

中古車相場 価格と年式 シエンタ

まずは、「年式と価格相場」から見た狙い目のシエンタの中古車を紹介していきます。

2022年3月時点の中古車物件価格分布表から「価格と年式」の条件で、特に分布の多いところをピックアップしていきます。(※上記画像は2022年3月2日時点の情報)

出典:シエンタ(トヨタ)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

2021年式でも、装備・グレード次第では180万円前後で買える

シエンタは中古車市場に出回っている台数が比較的多く、そのため新しい2021年式でも条件を絞って選択することが可能です。

同年式で特に在庫が豊富なのは、185〜190万円205万円以上の価格帯。
前者では廉価グレードのXが多数掲載されているものの、中にはGグレードのセーフティエディションなども見つけることができます。

一方後者は、ハイブリッドモデルを選びたい方や、G Cueroなどの上級グレードを選びたい方におすすめです。

掲載台数・価格のバランスが良いのは2019年式

2019年式まで年式の条件を下げると掲載台数が増えて、中古車価格帯もやや下がり、希望のグレードや装備を備えた車を見つけやすくなります。

価格は100万円台前半から200万円を超える上級グレードまで幅広いですが、主となるのは160〜200万円の間の車両。
ガソリンモデルであれば160万円台でもX、G、FUNBASE系グレードなど多くの選択肢があり、好みに応じて選択できます。数は少ないですが、ハイブリッドモデルも同価格帯で掲載されていることもあるので、ぜひチェックしておきたい狙い目の中古車と言えます。

価格重視でも、できれば2018年式以上がおすすめ

シエンタの中古車を選ぶ際には、少なくとも現行型の2代目モデルから選びたいという方が多いでしょうが、その中でも2018年式以上の車両をおすすめします。

2代目シエンタは2015年に登場しており、既に発売から6年以上が経過。当初は「Toyota Safety Sense」を搭載していましたが、2018年のマイナーチェンジ後から「Toyota Safety Sense」にアップデートされるなど、機能向上が図られています

また、2列シート仕様のFUNBASEがラインアップされたのもマイナーチェンジ後のため、これを選びたい方は2018年式以上を選択しましょう。

価格帯は2019年式とあまり変わりなく、主に160〜200万円の間でどのグレードも選択可能です。

年式と走行距離から見た、おすすめのシエンタ中古車

中古車相場 年式と走行距離 シエンタ

続いて、「年式と走行距離」から狙い目のシエンタの中古車を紹介していきます。

2022年3月時点の中古車物件価格分布表から「年式と走行距離」の条件で、特に分布の多いモデルをピックアップして解説しています。(※上記画像は2022年3月2日時点の情報)

出典:シエンタ(トヨタ)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

ほぼ未使用車を狙うなら2021年式

ファミリーカーとして使用したいという方も多いシエンタ。子育てのお供として長く乗るために走行距離が浅い車両を求めるなら、2021年式がおすすめの選択肢です。

同年式なら走行距離が1万km以内の車両がほとんどで、特に100km未満の車両が豊富。
価格も高い車両ばかりではなく、150万円台から掲載されているものも見つかるので、まずはここから中古車探しをしてみると良いでしょう。

2019年式までなら1万km未満の車両も豊富

走行距離100km未満とまではいかなくとも、1万km以内の車両であれば十分状態が良い中古車が見つかります。
走行距離の条件を緩めると掲載台数が増えるほか、中古車価格も安くなる傾向にあるため、予算に応じてこちらの車両も探してみるのがおすすめです。

価格帯は2021年式・100km未満の車両と同じく150万円ほどからとなっていますが、200万円以内で探せる車両が増えるためややお値打ちになっています。

コスパ重視なら2019年式・1〜3万kmを探そう

また、2019年式以前のものは幅広い走行距離の条件の車両から探すことができるため、予算に応じて条件を緩めて検索することも可能です。

特に掲載台数が多いのは1〜3万kmの走行距離の車両で、価格帯は130万円ほどから。この年式であれば現行型の中でも十分新しいモデルとなるため、装備や機能も充実しており、コストパフォーマンスの良い選択肢と言えます。

間もなくモデルチェンジ?中古車を狙うならその後でも◎

トヨタ シエンタ

2015年に販売開始した現行型(2代目)シエンタは、今年で7年目を迎えます。巷では2022年中にフルモデルチェンジされるとの情報もあり、公式からの発表が待たれるところです。

一般的に、中古車はフルモデルチェンジのタイミングで先代モデルの値下がりが起こりやすく、お値打ちに購入するには良いタイミングとなります。
そのため、特に新型にこだわりがないのであればフルモデルチェンジ前後を狙うのもおすすめ。好みに合わせて購入時期を検討してみてください。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

シエンタ記事デイリーランキング

2022.08.17UP

デイリーランキング

2022.08.17UP

最新記事