中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

【プロ解説】400万円オーバーの小さな高級車!レクサス LBXのインテリアを解説

レクサス LBX

レクサス LBXは、これまで漠然と存在していたボディサイズによるヒエラルキーを超えたモデルとして、2023年11月に登場しました。

走りやデザイン、各部に使われる素材、乗り味までも上質であることを目指して開発されたLBXのインテリアにはどのような“高級”が隠されているのでしょうか?

気になるLBXのインテリアデザインと装備について紹介しましょう。

Chapter
日常シーンでカジュアルに使いたくなるコンパクトSUV
ドライビングに集中できるコクピットデザイン
“ドライバーとクルマの一体感”にこだわったコクピット
最新のコネクティッドサービスを搭載
上級車に匹敵するラグジュアリーな室内空間と高い利便性

日常シーンでカジュアルに使いたくなるコンパクトSUV

レクサス LBX

レクサス LBXのデザインコンセプトは「Premium Casual」。ボディサイズのヒエラルキーを超えた上質さと存在感をあわせ持ち、目の肥えたユーザーが日常でカジュアルに使いたくなるコンパクトSUVを目指して開発されました。

インテリアは、2021年に登場したNXから採用されている”Tazuna Concept”を基本としながら、プレミアムモデルに相応しいしつらえにこだわってデザインされています。

ちなみにTazuna Conceptとは、馬を操る際に使う“手綱”に着想を得たもので、運転中のドライバーは大きな視線移動をすることなく、ナビや各種機能の操作を可能としたものです。

ドライビングに集中できるコクピットデザイン

レクサス LBX

水平基調でシンプルなデザインのダッシュボードは、メーターフードからドアトリムまでつながる造形テーマにより、開けた視界と空間の広がりを実現しています。

9.8インチのタッチディスプレイを採用するセンターコンソールは、全体の高さを抑えるとともに、扱いやすく配置した操作系により、運転に集中できる造形としました。

メインのメーターパネルには、12.3インチの大型フル液晶を採用。メーターパネルの視認性を向上させることにより、運転支援情報などをわかりやすく表示し、ドライバーがより運転に集中できるように工夫されています。

レクサス LBX

速度などの情報は、カラーヘッドアップディスプレイによってドライバーに伝えられるほか、ステアリングスイッチのタッチトレーサーオペレーション機能によって、ドライバーが触れているスイッチの操作ガイドまでも表示します。

全グレードに標準装備のインテリアイルミパッケージに用意されるアンビエントライトは、美しい自然現象を見た際の感情や気持ちの変化を表現した14色をプリセットした全64色です。

“ドライバーとクルマの一体感”にこだわったコクピット

レクサス LBX

LBXのシートはクルマとの対話のしやすさを追求し、車両の挙動を感じやすく正確な運転操作ができる性能を目指して開発されています。

クッションは深吊り構造を採用し、コーナリング中のドライバー姿勢の優れた安定性を実現するとともに、シートバックは腰の指示圧を上げて支えることで、頭部の揺れの軽減と視線の安定化を図っています。

くわえてドライビングポジションや視認性を徹底的にこだわったLBXでは、ドライバーの着座位置をさげることでクルマとの一体感を高めるだけでなく、力の入れやすいペダルの角度と配置、ステアリング操作のしやすい位置と角度を実現しています。

シートの電動調整機能は運転席側のみ。ヒーター機能はフロントシートに加えて、ステアリングにも採用されています。

レクサス LBX

グレード別では、“Cool(クール)”は表皮がセミアニリン本革×ウルトラスエードで、ブラック×グレーのシートカラー。

“Relax(リラックス)”は、セミアリニン本革でサドルタンまたはブラック。それぞれシート刺繍やステッチの意匠が変わります。

またオーダーメイドの“Bespoke Build(ピスポークビルド)”は、L-ANILINE本革、セミアリニン本革、ウルトラスエードの3つの表皮に、ブラック、ソリスホワイト、オーカー、ダークローズという4つのカラーが用意されるほか、メインカラーに異なるカラーを組み合わせるアクセントカラーが選べます。

オーディオは、“Cool”と“Bespoke Build”には高級オーディオのマークレビンソンプレミアムサウンドシステムを標準装備。“Bespoke Build”はレクサスLBXプレミアムシステムを装備します。

最新のコネクティッドサービスを搭載

レクサス LBX

サイズやカタチ、レイアウト、表示情報、使用頻度など細部にまでこだわってデザインされたタッチディスプレイは、コネクティッドサービスのG-Link機能により、ナビの地図データがつねに最新となるだけでなく「My LEXUS」を利用すればスマートフォンでクルマの燃料残量や走行距離の確認も可能です。

またレクサスの音声対話サービスとなるエージェントが搭載されており、乗員はナビゲーションやオーディオ操作、車両操作だけでなく、スマートセンターのコンテンツを利用して目的地検索やニュース、天気予報などの情報を取得することができます。

室内のセンターコンソール前方には、通信用と充電用のUSBタイプCをそれぞれ1個づつ用意するほか、センターコンソール下部には充電用USBタイプCとDC12Vのアクセサリーソケット、コンソール後部には後席用として2個の充電用USBタイプCが設置。

スマホのおくだけ充電と、アウトドアなどで役立つAC100V・1500W/非常時給電システム付アクセサリーコンセントは、“Bespoke Build”に標準装備。“Cool”“Relax”はオプションです。

室内の温度調整は、レクサスクライメイトコンシュルジュを標準装備して、運転席・助手席それぞれに最適な心地よさを提供します。

ドアの開閉は、電気制御のe-ラッチシステムを採用し、無駄のないスムーズなドア操作と滑らかな操作フィーリングを実現しています。

レクサス LBX

荷室容量は、全長約4.2mというコンパクトなボディサイズながら、ラゲッジルーム内の凹凸をできるだけ減らすことで237Lを確保するとともに、デッキ下にも50Lの収納スペースを用意します。

上級車に匹敵するラグジュアリーな室内空間と高い利便性

レクサス LBX

レクサスLBXは、全長4.2mというコンパクトクラスのSUVです。

各部に使う素材やデザインにもこだわった設計で、上級車に匹敵するラグジュアリーな室内空間と高い利便性を小さなボディに凝縮しています

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

LBX記事デイリーランキング

2024.04.23UP

デイリーランキング

2024.04.23UP

最新記事