中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

オヤジイメージから脱却できた?クラウン スポーツ解説

トヨタ クラウン スポーツ Z

2022年に新型クラウンの第1弾として華々しく登場したクラウン クロスオーバーに続いて、2023年10月にクラウン スポーツがデビューしました。

クラウンの新しい世界感を想像させるクーペシルエットのSUVスタイルに、時代を超えて受け継がれてきたクラウンネスが内包されたクラウン スポーツとは、どんなクルマに仕上がっているのでしょうか。くわしく解説します。

Chapter
ドメスティックカーからワールドカーへ
ライバルは欧州Dセグメントカー
クロスオーバーから受け継いだアシメントリーデザイン
20km/Lを越える燃費に、起動方式は4WDのE-Fourのみ
運転支援は最新のToyota Safety Senseを搭載
オヤジイメージは皆無。新しい層にリーチするクラウン スポーツ

ドメスティックカーからワールドカーへ

トヨタ クラウン スポーツ Z

国産高級車の代名詞といえるのがトヨタ クラウンです。国内専売イメージの強いクラウンですが、じつは初代デビューから2年後の1957年にアメリカへ輸出されています。

このときは、アメリカ車にくらべて性能的に劣るところが多く、早々に撤退することになりましたが、2000年代に入ると中国での生産を開始。

一定の人気を獲得し、ミニバン(クラウン ヴェルファイア)やSUV(クラウン クルーガー)もリリースされています。

新しい16代目クラウンは、これまでのドメスティックカーから約40の国と地域で販売する予定のワールドカーとして、クロスオーバーをはじめ4タイプのボディが公開されました。

ライバルは欧州Dセグメントカー

トヨタ クラウン スポーツ Z

凝縮感あふれる力強いシルエットが特徴のクラウン スポーツのボディサイズは、メルセデス・ベンツ GLCやBMW X3などに近い、全長4,720mm×全幅1,880mm×全高1,565mm、ホイールベースは2,770mmというもの。

最低地上高は160mmに設定され、オンロードが前提になっていることがわかります。

フロントマスクには、トヨタの新しいデザイントレンドであるハンマーヘッドフェイスを採用。レンズ幅を薄くしたデイランプを黒色部分に集約することで、よりシャープで精悍な表情を作り出しました。

映り込みが刻々と変化する抑揚のあるサイド部と、Dピラーからリアタイヤに大きく張り出したフェンダーは、スポーティさと躍動感を表現するだけでなく、ダイナミックで低重心な印象を高めています。

クロスオーバーから受け継いだアシメントリーデザイン

トヨタ クラウン スポーツ Z

クラウン スポーツのインテリアは、ディスプレイやシフトなどの各種機能をまとめて島のように配置する「アイランドアーキテクチャー」を採用。メーター&ディスプレイを水平に集約することで視線移動を最小限にして、操作に迷わず、運転の楽しさに集中できる空間としています。

運転席と助手席がアンシンメトリーにデザインされたインパネは、クラウン クロスオーバーと共通。

フロントシートには、ホールド感のある本革スポーティシートを採用します。

ハイブリッド版であるSPORT Zの室内カラーは、ブラックを基本にオプション設定としてサンドブラウンが用意されます。

トヨタ クラウン スポーツ Z

室内は乗員同士の言葉がダイレクトに伝わり、会話がしやすい空間を実現する”調音天井”をトヨタとして初採用。

大径タイヤの採用により得られた高いヒップポイントによる乗り降りのしやすさは、ロッカー(サイドシル)高さ、段差やリアドアトリム形状にもこだわり、足さばきの良さも実現しました。

20km/Lを越える燃費に、起動方式は4WDのE-Fourのみ

トヨタ クラウン スポーツ Z

搭載されるパワートレインは、ハイブリッドとPHEVで異なります

2.5L直列4気筒エンジンこそ同じものを搭載しますが、フロントモーターとメインバッテリーが異なり、システム最高出力もハイブリッド車のSPORTS Zの172kW (234ps)に対し、PHEVのSPORT RSは225kW(306ps)とよりパワフルになります。

組み合わされるトランスミッションはCVT(Direct Shift-6AT)で、駆動方式はリアをモーターで駆動する4WDシステムのE-Fourです。

燃費性能はWLTCモードで、ハイブリッドが21.3km/L、PHEVは20.3km/L。PHEVの満充電時のEV走行距離は90kmで、航続走行距離は最大で1,200km以上を可能としています。

運転支援は最新のToyota Safety Senseを搭載

トヨタ クラウン スポーツ Z

運転支援システムは、従来の機能に加えて、先行車やカーブに対して減速支援とステアリングの支援を行う、プロアクティブドライビングアシスト[PDA]を搭載する最新のToyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)を標準装備

トヨタチームメイトには、アドバンスドドライブ[渋滞時支援]、アドバンストパーク[リモート付]を設定。高速道路渋滞時一定条件下での運転不可軽減や安全安心な駐車支援を実現しています。

また、トヨタスマートセンターと連携するセンター通信型コネクテッドナビの対応に加えて、通信が途切れて地図情報の外に出てしまった場合でも、続けてナビ機能が利用できる車載ナビを搭載するなど高いホスピタリティを誇っています。

オヤジイメージは皆無。新しい層にリーチするクラウン スポーツ

トヨタ クラウン スポーツ Z

最新の運転支援システムとフルタイム4WDながらリッターあたり20kmを越える低燃費を実現したクラウン スポーツ。

スポーティさを前面に押し出したデザインは、クラウン=オヤジ臭さというイメージから脱却し、これまでのユーザーよりも下の30-40歳代のオーナーに訴求できる魅力を秘めています

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2024.02.28UP

デイリーランキング

2024.02.28UP

最新記事