中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

最後のランドクルーザープラド(150系)。2024年、中古の狙いめ教えます

トヨタ ランドクルーザープラド TX“Lパッケージ・Matt Black Edition”

2009年9月に登場したトヨタ ランドクルーザープラド(150系)は、モデル末期でも根強い人気(新車販売)を維持しています。

2023年10月でも登録が続いて、前年同月比増という絶大な支持を集めています。

すでに発表されているランドクルーザー250に後を受け継ぐことが決まっていますので、駆け込み需要もあるのでしょう。中古車市場でも当然人気が高く、高値安定傾向にあります。

Chapter
いまでも大人気の最後のプラド。価格も高値安定傾向
軽快感でえらぶならガソリンモデルか!?
予算が許せば特別仕様車。2列シート車を基本に探す

いまでも大人気の最後のプラド。価格も高値安定傾向

トヨタ ランドクルーザープラド 特別仕様車 TX“Lパッケージ・70th ANNIVERSARY LIMITED”

2009年9月に全面改良を受けたランドクルーザープラド(150系)。新しいランドクルーザー250シリーズに後を託すため、これが最後のプラドになります。

ラダーフレームを採用する本格オフローダーでありながら、オンロードでも快適な走りを披露してくれます。

ボディサイズは全長4,825mm×全幅1,885mm×全高1,835〜1,850mmで、決して小さくはないものの、国内の道路事情でも比較的取り回しやすいサイズに収まっているといえます。

また2列5人乗り仕様だけでなく、3列7人乗り仕様も設定し、イザというときの多人数乗車にも対応します。

2015年6月の一部改良で、2.8Lディーゼルエンジンが追加されたこともプラド人気に大きく貢献しています。同ディーゼルエンジン(最新型)は、最高出力150kW(204PS)、最大トルク500Nmというスペック。

悪路走破時のコントロール性も鑑み、数値から想像するほど(驚くほど)トルクフルとまでは言えない印象ですが、2.2t〜2.3tという重量級ボディをストレスなく動かすことが可能。11.2km/LというWLTCモード燃費で、使用燃料が軽油というのもポイントです。

アウトドアやウインタースポーツ、マリンスポーツなどで長距離走行も多いのなら、ありがたみを一層実感できるでしょう。

軽快感でえらぶならガソリンモデルか!?

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017

2.7L V6ガソリンエンジンは、ディーゼルエンジン車よりも静かで、フロントノーズの軽さから適度な軽快感をともないながら颯爽と走るイメージです。

246Nmの最大トルクはディーゼルエンジンの半分以下、最高出力120kW(163PS)も40PS程度低くなっていますが、ボディはディーゼルエンジン車よりも130kg(大人2人ぶん)程度軽いため、ストップ&ゴーが続く街中でもストレスを抱くシーンは少ないはず。

2020年8月の一部改良で、先進安全装備の強化やディーゼルエンジン車の最高出力向上などが盛り込まれました。

予算が許せば特別仕様車。2列シート車を基本に探す

トヨタ ランドクルーザープラド  TX“Lパッケージ Black Edition”

グレード別では、本革巻ステアリング、木目調+金属調加飾オーナメントパネル、本革シート&前席パワーシート、センターコンソールイルミネーションなどを標準化する「TX“Lパッケージ”」

AVS(パワーステアリング連動)&リヤ電子制御エアサスペンション、KDSS(キネティックダイナミックサスペンションシステム)など悪路も含めた走りを強化した「TZ-G」がおすすめです。

また「TX“Lパッケージ Black Edition”」や、2022年8月登場の「TX“Lパッケージ Matt Black Edition”」といった特別仕様車は、比較的多くの物件が流通していて予算に合えば狙い目となります。

いっぽうでデビュー時にあった4.0L V6モデルは、いまではほとんど流通していないようです。

トヨタ ランドクルーザープラド TX“Lパッケージ・Matt Black Edition”

5人乗りか7人乗りかは、家族構成やニーズ次第。身長171cmの筆者も7人乗りの3列目に何度も乗っていますが、短距離用、非常用としては許容できますが、常時使うのはあまりおすすめできません。

とくに、お年寄りが3列目に乗り降りするのは厳しいでしょう。3列目がどうしても必要というオーナーをのぞき、2列シート車を基本に探したいところです。

また、プラドはカスタマイズ済みの物件も多く、好みのブランドであれば狙う手もありますが、状態などには注意したいところです。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

ランドクルーザープラド記事デイリーランキング

2024.07.19UP

デイリーランキング

2024.07.19UP

最新記事