中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

アリスト(トヨタ) モデルチェンジ情報

トヨタ・アリストは、1991年から2004年にかけて販売されていた高級セダンです。日本国外ではレクサスGSシリーズとして販売されていた車種を、日本ではアリストとして販売していました。
2005年からは日本国内でもレクサスGSとして販売されることとなり、アリストという名称はなくなりました。なお、レクサスGSは2020年8月に生産・販売が終了しています。

高級セダンでも高い走行性能を特徴とし、エンジンは直列6気筒ツインターボエンジンを搭載して、販売されていた当時は国内最速のセダンとしても知られていました。

ライバル車との比較

トヨタ・アリストとよく比較されるのが、同じトヨタのセルシオです。両車種を比較してみましょう。

なお、両車種ともすでに生産終了となっていますので、最終モデルである2004年時の仕様で比較しています。

トヨタ・セルシオ

トヨタ セルシオ

セルシオは発売当時トヨタの最高級セダンという位置づけでしたので、新車価格はアリストより200万円ほど高く設定されていました。
しかし、ボディサイズ、最高出力、最大トルクはすべてセルシオがアリストを上回ります。
燃費性能だけが、微差ですがアリストのほうが高くなっています。

どちらもすでに中古車しか販売されておりませんし、低年式ですので、中古車市場では状態、価格とも非常にバラエティに富んでいます。
新車では価格差がありましたが、中古車ではセルシオにお買い得品があるかもしれません。


トヨタ・アリストトヨタ・セルシオ
新車価格帯384.3~477.7万円593.2~787.5万円
全長×全幅×全高4805×1800×1435mm5015×1830×1490mm
室内長×室内幅×室内高1975×1550×1180mm2080×1535×1210mm
最高出力169kW206kW
最大トルク304Nm430Nm
燃費性能9.4km/L8.9km/L

まとめ

高級セダンの中でも、走行性能を重視したスポーツタイプとして位置づけられたトヨタ・アリスト
「アリスト」として生産終了後、海外で先行していたレクサスブランドを冠した「レクサス GSシリーズ」として販売され、レクサスブランドとしては日本で発売された初めての車となりました。

レクサスGSとなっても高い走行性能は特徴として引き継がれつつ、その後ハイブリッドモデルが誕生するなど進化し、レクサスブランドの代表的な車の一つとなりました。が、こちらも惜しまれつつ2020年に生産・販売が終了しています。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部
3/3
次へ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

デイリーランキング

2023.02.05UP

最新記事