中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

デリカD:5中古車にかかる維持費の種類|維持費を抑えるポイントもあわせて紹介

デリカD:5は人気のディーゼルミニバンで、ミニバンながらSUVのように走行性能が高いと言われる車です。そんなデリカD:5の維持費を知りたい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、中古車のデリカD:5の維持費について紹介します。デリカD:5の維持費に興味のある方や中古車を購入検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

Chapter
デリカD:5はどんな車?
デリカD:5の中古車にかかる維持費5つ
デリカD:5中古車の維持費のポイント
デリカD5中古車の維持費を抑えるポイント6つ
デリカD:5中古車の維持費を試算して、購入を検討しよう

デリカD:5はどんな車?

三菱 デリカD:5

三菱自動車のデリカD:5は、走行性能が高いオールラウンダーのディーゼルエンジン搭載ミニバンです。

もともとバンタイプの商用車として販売されたデリカシリーズですが、乗用ワゴンへと進化した「デリカコーチ」の流れを汲むのがデリカD:5。乗用モデルの5代目にあたるデリカD:5はクリーンディーゼルエンジンを搭載し、燃費が向上したことによって維持費を節減しています。

デリカD:5の中古車にかかる維持費5つ

車 お金 電卓

デリカD:5の中古車を維持するためには、トータルで1年間に約207,000円かかります。

デリカD:5は排気量が2,000㏄から2,500㏄車体重量は2,000㎏以下が中心です。

自動車税は約45,000円、自動車税と自賠責保険料を含む車検費用を1年換算すると約55,000円、ガソリン代を約61,000円、任意保険料は約46,000円と見積もった時の内容と算出根拠を紹介します。

1:税金について

デリカD:5の1年あたりの税金は、自動車重量税自動車税を合計すると61,400円となります。

自動車重量税は車検ごとの課税で、1年あたり16,400円です。
自動車税は保有する車両に都道府県から課せられ、45,000円です。排気量が2,000㏄以下、または2019年以降発売のエコカー減税対象車両であれば更に安くなります。

自動車重量税は車検代金に含まれますが、自動車税は毎年個人で納付する必要があります。

出典:【継続車検を受ける場合】♦ フローチャート・税額表|国土交通省

自動車重量税について

自動車重量税は車両重量を基準に算出され、車検時に納付します。

中古車のデリカD:5は、全て1,500㎏以上2,000㎏未満の区分です。自家用車の場合、2年車検では32,800円になります。2021年4月30日までに新車登録し、2020年度燃費基準をクリアしたデリカD:5であれば、登録車検時のみ0円となります。

2020年度燃費基準をクリアしていない車両は、同じエンジンを搭載していても対象外になります。

自動車税について

自動車税は、毎年4月1日を基準に保有する車両に対する都道府県税で、車両の排気量によって算出します。

デリカD:5は発売以来、2,000㏄と2,200㏄、2,400㏄モデルが中心となっています。自動車税は2,000㏄以下と2,500㏄以下で異なる区分が適用され、2,000㏄以下は39,500円、2,000㏄超は45,000円になります。

また、新規登録からディーゼル車は11年、ガソリン車は13年経過すると環境負荷が大きい車両として重課対象となります。

2:車検費用について

車検費用は、法定費用と点検費用、メンテナンス費用で構成されます。

法定費用としてかかるのは自動車重量税と自賠責保険料です。点検では法令で規定された項目の確認を行うため、それに伴う点検費用が必要になります。メンテナンス費用は、オイルやオイルフィルターの交換、点検で発見された不具合の修理代などで必要です。

10年以上経過した中古車は修理が増え、維持費が高額になる可能性があるため、中古車を購入する際はそれを考慮して選ぶのが良いでしょう。

3:保険料について

保険には大きく自賠責保険と任意保険の2種類があります。

今回は、35歳のゴールド免許、年間走行距離は6,000㎞、20等級で補償内容は、本人限定、対人・対物無制限、人身傷害は車内・車外とも補償1名に対し5,000万円、車両保険は一般型の設定で、デリカD:5にかかる保険料を算出しました。

自賠責保険について

自賠責保険は、正式には自動車損害賠償責任保険と言い、自動車を運転する人全員が加入する必要がある保険です。

自賠責保険は支払限度額が定められており、また被害者に対してのみ補償される対人保険です。
保険料の算出は、損害保険料率算出機構によって行われ、過去の事故事例を参考に毎年改定されます。算出した基準料率を基に保険料と支払保険限度額を適用し、保険会社による違いはありません。

保険料は自家用車、軽自動車、貨物の自動車区分と離島料金です。

出典:自動車損害賠償責任保険基準料率|損害保険料率算出機構

任意保険について

任意保険とは、自賠責保険でカバーしきれない部分を補償する保険で、加入は任意ですが運転に欠かせない維持費です。

内容は、対人と対物などの賠償、搭乗者に対する傷害補償、自分の車両に対する補償などです。事故にあった際、相手がわからない時や無保険だった場合の補償などもあります。

任意保険は運転者の技能や使用状況、車両の種類や年式によって金額が変わります

4:ガソリン代について

ガソリン代は、店頭小売価格に企業が公表している燃費を使用して算出します。

燃費はディーゼル車が13.0㎞/L、年間走行距離を6,000㎞とすると461L必要です。軽油は2021年5月31日現在の全国の店頭小売平均価格が132.6円のため、1年に換算すると約61,000円になります。

同様にガソリン車では燃費が10.6㎞/Lで年間566L、店頭小売平均価格が152.5円から約86,000円です。

出典:石油製品価格調査|資源エネルギー庁

5:メンテナンス代について

デリカD:5の維持費には、エンジンオイルやタイヤなどのメンテナンス費用も含まれます。

一般的に、オイル交換は1年または5,000㎞程度が交換の目安です。デリカD:5は1回の交換で6Lのエンジンオイルが必要になります。同時にオイル交換2回ごとにエアフィルターの交換も行います。タイヤの交換頻度は気象条件によって異なります。

デリカD:5中古車の維持費のポイント

メモを取る人

中古車のデリカD:5は、エコカー減税を適用できる年式が維持費のポイントです。

2021年の税制改正によって、2020年の燃費基準を150%以上達成した車種は新規登録車検時の自動車重量税が無料です。その後の車検もエコカーに該当するため、本来41,000円の自動車重量税が40%引きの25,000円になります。

中古車のデリカD:5を購入する際は、できるだけ新しい年式を購入すると恩恵を受けられます。

出典:【継続車検を受ける場合】♦ フローチャート・税額表|国土交通省

デリカD5中古車の維持費を抑えるポイント6つ

車 買い替え

中古車のデリカD:5の維持費を抑えるためには、燃費の良い運転とこまめなメンテナンスが大切です。

走行中のアクセルやブレーキ操作により燃費は向上できますが、この他にもエアコンを適度な温度で使用することも影響を与えます。近くの場所は車で行かないなど、短距離走行を控えることも燃費向上に大切です。

1:ゆったり運転を心がける

運転中はスピードを出し過ぎないようにゆったりとした運転を心がけ、アクセルやブレーキの使用回数を節減します。

デリカD:5の高い運転席からは遠くまで良く見えます。そのメリットを活用して、前方の車の動きや道路状況を考慮しながら、スピードを一定に保つ運転を継続するよう気をつけましょう。

2:不要なものは載せない

車の重さに比例して燃料の消費が大きくなるため、不要なものを載せないようにします。

デリカD:5は、乗用車の中では車両重量が重い方です。また荷物が多く積載できるタイプのため、ついレジャー用品を載せたままにしがちですが、常に載せておくものは防災用品程度にして、使用後はきちんと荷物を下ろすようにしましょう。

3:急発進・急減速はしないようにする

急発進や急減速など頻繁にアクセルやブレーキを使わないよう、安定走行を心がけます

オートマチック車両であれば、ブレーキから足を離すと動き出すクリープ現象を利用します。また、下り坂の減速で利用するエンジンブレーキを信号などの停車にも応用して、ブレーキの使用回数を減らすことで、不要な燃料の消費やエンジンの劣化を抑えることができます。

4:任意保険を見直す

中古車の維持費を節約するためには、燃費の向上以外に任意保険の見直しも効果的です。

任意保険は毎年契約内容を確認して更新する必要があります。その際にネットの一括見積を利用して、自分に合ったプランで保険料が安くなる設定に変更することができます。
ネット割引や長期割引など、同じプランでも保険料を下げられるものを積極的に活用しましょう。

5:メンテナンス費用を節減する

中古車の維持費は、メンテナンス費用の節減でも減らせます。

自分で確認できるメンテナンスとして、1か月に1度はタイヤの空気圧を確認しましょう。空気圧が少ないと燃費が悪化します。
またワイパー交換やウォッシャー液の補充など、自分でできることはこまめに行って、点検時のメンテナンス費用節減を目指します。

自動車用品店の会員特約のオイル交換工賃サービスなど、使えるサービスを活用するのも、維持費の削減に繋がります。

6:車検代を節約する

ディーラー以外にも自動車用品販売店、整備工場など車検を手掛けるところは多いため、車検費用の見積もりを比較して選ぶと車検代を節約可能です。

自動車販売店はディーラーと比べて車検代が安いことが多く、また数か月前に予約することで早期割引など特典を受けられる場合があります。とはいえ、ディーラー車検は高いからと一概に敬遠するのではなく、車検後の品質保証や故障時の対応など中古車ユーザーにはメリットもあるため、見積もりをとって比較検討しましょう。

デリカD:5中古車の維持費を試算して、購入を検討しよう

三菱 デリカD:5

デリカD:5はクリーンディーゼルエンジン搭載で走行性能が高く、魅力的な中古車のため、維持費の試算は大切です。

中古車のデリカD:5が対象年式であれば、継続車検でもエコカー減税が利用できます。また、中古車維持に欠かせない車検費用や任意保険を見直し、燃費を向上させる運転を心がけて維持費を節減できます。

維持費が高くなりがちな車種ですが、購入後も満足してデリカD:5に乗るために、節約できる項目や方法を知った上で中古車を選んでみましょう。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

デリカD:5記事デイリーランキング

2021.10.22UP

デイリーランキング

2021.10.22UP

最新記事