中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

3年落ちを売却するタイミングに選ぶ理由4つ|年式以外に考慮すべきことも紹介

車の売却を検討していても、その最適な時期がわからず悩んでいるという方も多いことでしょう。
この記事では、「3年落ち」売却するタイミングに選ぶ理由などを紹介していきます。車の売却や買い替え時期で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Chapter
3年落ちの車の売却はいいタイミングなのか?
3年落ちを売却するタイミングを選ぶ理由4つ
3年落ちの車の売却がおすすめの人
「3年落ち」以外に考慮すべきこと4つ
3年落ちの車の売却について知ろう

3年落ちの車の売却はいいタイミングなのか?

女性 考える

新車購入後の3年目となる「3年落ち」で売却するのは、タイミングとしておすすめです。その理由は、新車購入後の最初の車検が3年後となるため、3年落ちで売却すれば車検費用がかからないからです。
その他にも、購入後3年目であれば、市場価値が高い状態で売却できる可能性が高いというメリットがあります。

年式の数え方

車の購入や売却の際、注目すべきポイントの1つに挙げられるのが「年式」ですが、中には年式の数え方を誤って認識してしまっている方もいるのではないでしょうか。

年式の数え方は、国産車と輸入車で異なります
まず、国内で製造された車の場合、製造した年と登録した年は同じですので、問題はないでしょう。
一方、輸入車の場合は、本国での製造年と日本で登録された年に多少のズレが生じることがあります。そのため、輸入車は製造後に正式に登録された年が「年式」となります。
それぞれの数え方をしっかりと把握しておきましょう。

3年落ちを売却するタイミングを選ぶ理由4つ

車売却 タイミング

ここでは、「3年落ち」を売却するタイミングに選ぶ理由を紹介します。
「3年落ち」が売却のタイミングに適していることは先述の通りですが、車検以外の具体的な理由についても紹介していきます。車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1回目の車検前に売れる

1回目の車検前であれば、売却のメリットが大きくなります。

まず、車の売却の際に高値で買い取ってもらうためには、車内を綺麗に保ち、使用感が少ない状態で売ることが重要です。
また、購入から3年目の最初の車検の前に売れば、高い車検代を払うことなく、比較的高値で買い取ってもらえる可能性が高くなるというメリットが得られます。

新モデルの発表タイミング前に売れる

新モデルが発表されると、現行の車の相場が急落する可能性が出てきます。
一般的に、人気の車であるほど、定期的にモデルチェンジなどが行われます。そこで予期せぬ新モデルの発表があった場合に、現在乗っている車の型の相場が一気に落ちるという事例はよくあることです。

そのため、車を高値で売却したいと考えているのであれば、新モデルが発表される前の方が圧倒的に得になると言えます。車の売却を考えたら、メーカーの動向を注視しておきましょう。

大きく価値が落ちる前に売れる

車の売却では、売却するタイミングが遅くなるほど市場価値は落ちます。
車の売却においても、3年経過を目安に市場価値が半減すると言われているため、新車購入から3年経過する前に売却した方が、希望価格で買い取ってもらえる可能性も高くなります。
また、新モデルの発表が予定されていれば、早めに売却して新モデルの購入費用に充てることもできるので、価値が落ちる前がおすすめのタイミングになります。

メーカー保証の有効期限内に売れる

各自動車メーカーの保証期限が切れてしまうタイミングになると、車の市場価値は大きく下がってしまう傾向にあります。
多くの場合、各メーカーが用意している保証の有効期限は3年間です。
そのため、次に乗る車が決まっている方や、なるべく高値で取引したいという方の場合は、メーカー保証の有効期限が切れる前に売却するのがおすすめと言えます。

3年落ちの車の売却がおすすめの人

他人名義の車売却

「3年落ち」というタイミングでの車の売却は、以下の条件に当てはまる人におすすめです。
車検費用を払いたくない」「なるべく高値で売却したい」「新モデルの発表ごとに乗り換える」など、基本的に3年周期で乗り換えをするような車好きな人は、3年落ちの車の売却がおすすめです。

「3年落ち」以外に考慮すべきこと4つ

車 買い替え

ここからは、車の売却を検討する際に「3年落ち」以外に考慮すべきことを紹介していきます。
もちろん、「3年落ち」のタイミングでの売却であればメリットになる部分は多いですが、以下に挙げる4つのポイントを押さえることでも、高値で売却できる可能性があります。 下記で紹介する内容を参考にしながら、検討してみてください。

走行距離

車を売却する際に「3年落ち」以外にも、走行距離が大台に乗っていないかどうかを考慮しましょう。
車の買取査定において、「走行距離」は大きく関係してきます。大台の目安とされる5万km以上走っているかどうかは、買取金額に大きく反映されます。
売却を考えるのであれば、日頃の走行距離を意識しておきましょう。

年式が変わる時期

車を売却する際に、「3年落ち」以外にも年式が変わる前のタイミングを検討するのも、買取価格を上げる1つの方法です。
車の年式は、毎年1月に更新されますので、年式が変わる前に売却した方が得になるケースも多いでしょう。

例えば、3年落ちと4年落ちであれば、市場価値が大きく変わっている可能性が高いので、年式が変わる時期も意識しながら売却時期を検討しましょう。

ローンの返済

車を売却する際に、「3年落ち」以外にもローンの返済が終わるタイミングも考慮しましょう。
車のローンを完済したら、なるべく早めに売却するようにするのも良い方法です。車の年数が多くなるほど市場価値も下がっていきますので、時期の見極めがポイントになります。

生活スタイル

車を売却する際に、「3年落ち」以外にも生活スタイルに変化があった場合を考慮しましょう。
就職や転勤による引っ越し先が小回りの利く車が好ましいことや、結婚や出産を機にファミリーカーに乗り換えたいと考えるケースもあるでしょう。 各自の状況や環境に合わせて、売却のタイミングを検討しましょう。

3年落ちの車の売却について知ろう

車 お金 電卓

車の売却において、3年落ちを売却するタイミングとして最適な理由やおすすめの人、3年落ち以外に考慮すべきことを紹介しました。
車の購入は大きな買い物ですから、売却する際もなるべく高値で売却できるように、3年落ちの車の売却についての理解を深めて、売却時期を検討してみましょう。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

デイリーランキング

2022.09.26UP

最新記事