中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

【プロ解説】日本のLサイズミニバン、ホンダ オデッセイと日産 エルグランドを比較

ホンダ オデッセイ 2023 RC5

2022年にいったん販売を中止した後、2023年12月に市場に再投入されたホンダ オデッセイ

国内のLクラスミニバン市場では圧倒的シェアを誇るトヨタのアルファード/ヴェルファイアがライバルですが、中古車で狙うなら値落ちの少ないアルファード/ヴェルファイアよりも、お得感は上。

そんな中古でお得感の高いLクラスミニバンとして、日産 エルグランドを比較対象車にピックアップしてみました。

Chapter
FRからFFプラットフォームに変更して大変革を遂げた現行型エルグランド
価格帯の近い2台を比較
ボディサイズはエルグランドが上だが室内は…

FRからFFプラットフォームに変更して大変革を遂げた現行型エルグランド

日産 エルグランド 2012

現行型の日産 エルグランドは2010年8月に登場しました

プラットフォームをFRベースからFF(前輪駆動)ベースに刷新して、低床化による車内空間の拡大と、車両の低重心化を実現して商品力を高めていました。

しかし2014年には、早くもビックマイナーチェンジが行われ、エクステリアデザインの変更、インテリアの質感アップと3列目シートに240mmのスライド機能を追加。

さらにラゲッジボードの高さを床面に合わせ、ゴルフバックを縦に最大6個積載できるように変更するなどしましたが、アルファード/ヴェルファイアの牙城を崩すには至りませんでした。

直近のマイナーチェンジは2020年10月で、内外装のデザインを一新するとともに、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などの先進安全装備で構成される従来の「360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)」にくわえて、前方2台前の車両を検知し、急な減速などにより自車の回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意をうながす「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」をはじめ「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」「BSW(後側方車両検知警報)」「RCTA(後退時車両検知警報)」が標準装備となりました。

さらに2024年発売の現行モデルには「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)」と「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」を全車標準装備するなど、近年は安全性を中心に商品力を高めています

エルグランドに搭載されるパワートレインは、3.5L V6ガソリンエンジンと2.5L 直4ガソリンエンジンの2つ。組み合わされるトランスミッションはCVTで、駆動方式は2WDと4WDを選ぶことができますが、ハイブリッドはありません。

価格帯の近い2台を比較

ここでは、オデッセイの最上級グレードにあたる「オデッセイ e:HEV アブソルート EX ブラックエディション」と、「エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム」を比較します。

車両本体価格は、オデッセイ e:HEV アブソルート EX ブラックエディションが516万4500円、エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム アーバンクロムが507万7600円です。

いずれも室内は2列目にキャプテンシートを搭載した7人乗り。駆動方式はFFです。

ボディサイズはエルグランドが上だが室内は…

まずボディサイズは、オデッセイが全長4,860mm×全幅1,820mm×全高1,695mmエルグランドは全長4,975mm×全幅1,850mm×全高1,815mm

ホイールベースはオデッセイの2,900mmに対し、エルグランドは3,025mmと、すべてにおいてエルグランドがひと回り大きくなっています。

パワートレインは、オデッセイが最高出力107kW(145ps)/最大トルク175Nmの2.0Lガソリンエンジンと、最高出力135kW(184ps)/最大トルク315Nmのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムのe:HEV。

エルグランド 250ハイウェイスターは、最高出力125kW(170ps)/最大トルク245Nmを発生する2.5L直4エンジンです。

燃費性能(WLTCモード)は、オデッセイの19.8km/Lに対して、エルグランドは10.0km/Lとほぼ半分。しかもエンジン排気量が大きいので、毎年の自動車税も高くなります。

室内の寸法は、オデッセイの室内長2,935mm×室内幅1,625mm×室内高1,325mmに対し、エルグランドは室内長3,035mm×室内幅1,580mm×室内高1,300mmと、前後にゆとりがあります。

装備は、オデッセイ e:HEV アブソルート EX ブラックエディションが本革シート&インテリア、2列目パワーシート+シートヒーター、ハンズフリーアクセスパワーテールゲートが標準。

エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム アーバンクロムは、本革シート、助手席オットマン、リモコンオートバックドアなど。

運転席&助手席に加えて2列目もパワーシートとシートヒーターを搭載したオデッセイは、快適さという点でエルグランドをリードしています。

日産 エルグランド 2020

運転支援機能はオデッセイが11の機能で構成されるHonda SENSING(ホンダセンシング)、エルグランドはインテリジェントエマージェンシーブレーキをはじめとした9つの機能を搭載した360°セーフティアシストをそれぞれ標準装着しています。

デビューは2013年ながらホンダコネクトも標準装備するなど、現代的にアップデートが進んでいるオデッセイに対し、エルグランドにはコネクテッドサービスの用意がないなど、やや物足りない印象です。

ホンダ オデッセイ 2023 RC5

エルグランドにくらべて、さまざまな機能が時代にあわせてアップデートされているオデッセイ

中古車での流通価格を考えると、アルファード/ヴェルファイア以外のLクラス高級ミニバンの選択肢としてアリなのではないでしょうか。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として本格的に参画し、2006年に独立。現在は、日本でもっとも多くの広報車両を借り出して取材を行うフリーランスの編集者として活動中。中古車の流通、販売店に精通した「中古車相場師」と呼ばれるいっぽうで、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2024.07.19UP

デイリーランキング

2024.07.19UP

最新記事