中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でダイハツ・ミラココアを買うならこのモデルがおすすめ!

取り扱いやすさと経済性の高さで人気の軽自動車は、女性をメインターゲットに絞ったモデルが発表されます。

現在新車で手に入るモデルではダイハツ・ミラトコットやスズキ・ラパンが該当します。

ここでは、ミラトコットのルーツともいえるミラココアについて紹介します。

Chapter
カワイイだけでなく質感の高さも追求した意欲作
ルーフレールなどがオシャレなココアプラスXがオススメ

カワイイだけでなく質感の高さも追求した意欲作

ダイハツ ミラココア 2009 発売時

2022年6月にスズキ・アルトラパンにLCというモデルが追加されました。アルトラパンをベースにメッキを多用したパーツを装着し、レトロ・カワイイというテイストに仕上げられています。

軽自動車では、こういったレトロやカワイイというブームは何度も流行しています。

今回紹介するダイハツ・ミラココアもカワイイ系軽自動車として女性を中心に人気のモデルでした。

ミラココアは、2009年8月に登場。「私にぴったり!賢いハッピーパートナー」をキャッチコピーに、毎日を肩肘張らずに楽しむ女性をターゲットに開発されています。

ミラココアのルーツであるミラジーノは、レトロ・カワイイ路線でしたが、このミラココアはモダン・カワイイ路線という新しいトレンドを追求した意欲作です。

ダイハツ ミラココア 2009年

ミラココアの外観デザインはまるで子犬のような、 愛着のわいてくる「あたたかモダン」なスタイルが特徴です。

丸型のフロントヘッドランプにターンランプをつなげたグラフィックで愛らしさを演出。

そして、シンプルな水平基調のラインとクリーンな面構成の基本造形に、角にしっかりと丸みをつけた“なで肩&台形シルエット”で、親しみやすさとあたたかみを表現しています。

ダイハツ ミラココア 2009年

インテリアは、 水平基調のシンプルな基本造形に加えて、インストルメントパネルやドアトリムに外観同様、角に丸みをつけたラウンドスクエアとすることで、親しみやすさとあたたかみを表現。

さらに、お気に入りのバッグのようなパイピングを施すことで、さりげないお洒落感を演出しています。

ミラココアに搭載されているエンジンは、最高出力58ps、最大トルク65Nmを発生する660cc直列3気筒DOHCの1種類で、グレードによってトランスミッションは4速ATとCVTを採用。

駆動方式は全グレードで2WDと4WDを選ぶことができます。

ダイハツ ミラココア 2009年

グレード構成はスタンダードモデルのココアLX

外観ではルーフレールやシルバーリング付のフォグランプなどを採用。

インテリアでは、デオドラント機能付の上質なスエード調シート表皮(イエローベージュ)や、シートとコーディネートしたファブリックトノカバーの採用により、統一感のある仕立ての良さを表現するココアプラスL、X、Gの全5グレードが用意されています。

ダイハツ ミラココア 2014 マイナーチェンジ

ココアプラスの専用装備を紹介すると、外観ではシルバーバンパーコーナーモール、シルバードアアウターハンドル、シルバールーフレール、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ、ドアミラーターンランプ。

そして14インチツートンカラドフルホイールキャップとなります。

インテリアでは、分割可倒式リアシートスエード調シート表皮(イエローベージュ/デオドラント機能付/ココアエンブレム装着)、ファブリックトノカバー助手席シートバックポケットです。

ダイハツ ミラココア 2009

グレードのよる装備面の違いを見ると、ココアL/ココアプラスLに対して、ココアX、ココアプラスXは、トランスミッションがCVTになるのをはじめ、ABS(アンチロックブレーキシステム)、オートエアコン、グリーンエアフィルター、キーフリーシステム(イモビライザー機能付)/ン転籍リクエストスイッチ付。4ドアスピーカーパックです。

さらに、ココアプラスGはココアプラスXに加えて、革巻きステアリングホイールバックモニター内蔵ルームミラー(自動防眩機能付)、リバース連動リアワイパー(2WD車)と運転支援装備が充実しています。

ダイハツ ミラココア 2014 マイナーチェンジ

2014年8月にミラココアはマイナーチェンジを実施します。

「ユーザーの感性に合ったクルマづくり」をキーワードに、内外装を変更しました。

さらに、全15色のボディカラーや、9通りから選べる内装色など当時の軽自動車最多となる160通りのバリエーションを設定

ユーザーの好みに仕立てる楽しさを味わえるのが魅力です。

また、搭載するエンジンは、ダイハツ独自のエンジンの燃費向上技術を挿入することで、JC08モード燃費で29.0km/L(2WD車)まで燃費性能を向上させています。

ルーフレールなどがオシャレなココアプラスXがオススメ

ダイハツ ミラココア ココアプラスX 2014

ダイハツ・ミラココアは2009年〜2018年3月まで販売されていました。現在でもミラココアの中古車は約2,500台以上流通していて非常に豊富です。

また、中古車の価格帯は約4万円〜約148万円と幅広くなっています。

流通しているミラココアの中古車のグレードを見ると、ココアXココアプラスXが中心となっています。

快適装備のオートエアコンや便利なキーフリーシステムを装着していますので、このグレードをメインに探すと良いでしょう。

特にルーフレールを装着したココアプラスはアクティブな雰囲気が漂っているだけでなく、内装の質感も高いのでオススメのモデルです。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

ミラココア記事デイリーランキング

2022.08.17UP

デイリーランキング

2022.08.17UP

最新記事