中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

迫力ある運転とボディを楽しむ200万円以下のクロカン

クロスカントリー車は悪路でも走れることが前提なので、値段の安い中古車ですと、場合によっては修理代などが多くかかってしまうかもしれません。200万円も予算があれば、状態が極端に悪いクルマは減るでしょう。

※2014年12月11日時点

Chapter
乗り心地で選びましょう

乗り心地で選びましょう

トヨタ ランドクルーザー

車高が高くて、頑丈なつくり、迫力のあるボディタイプからアウトドアライフを楽しむ方に人気のクロカン車。
SUVの一種であり、収納性がいいことから街乗りでしか運転しないという方もいらっしゃいますが、それよりも悪路での走行性が高いことから、雪道や山道など状態のよくない道路を走ることが多い方に購入されることの多い自動車でしょう。
日本よりもアフリカのような悪路が多く、気候条件の悪い国で人気の車種です。車に興味のない方でも、パリ・ダカールラリーの中で砂漠を走るクロスカントリー車をテレビで見たことはあるのではないでしょうか。

予算が200万円もあれば、中古車とはいえ状態も悪くないですし、選べる種類も多くなってきます。トヨタならばRAV4やハリアー、ヴァンガード、ランドクルーザー。日産ならばムラーノやエクストレイル、三菱のパジェロ、スバルのフォレスターといった車が選択肢となるでしょう。
どの車種でも走行距離が5万キロ前後で、年式は5万キロというのが相場のようです。

いろいろなクルマから選べますが、クロカン車は乗り心地が大きな価値を持つクルマですので、実際に試乗して高い運転席から運転がしっくりくるか、または足回りが選ぶときのポイントになるでしょう。
また、悪路で乗ることが多いという方は、頑丈なクロカン車といえども、クルマへの多きな負担がかかることが多いので、修理するときの部品の入手しやすさといった、のちのちのメンテナンスのことを考慮して、車種を選ぶべきでしょう。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

エディターズ・アイ

「車選びドットコム」のカーライターがお届けする、知って得する自動車情報が満載!

あなたの新しい車選びの参考にしてください。

エディターズ・アイ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

おすすめ記事デイリーランキング

2021.03.04UP

デイリーランキング

2021.03.04UP

最新記事