中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

まさにセレブのための空間!? トヨタ センチュリー徹底解説【インテリア編】

トヨタ センチュリー

2023年9月6日に全世界に公開された新しいフラッグシップとなるであろう、SUVタイプのトヨタ センチュリー

5mを余裕で超す5.2mという全長の半分以上が後席にあてられたデザインは、ひとめで後席重視のモデルであることを理解できます。

その後席は、どんな豪華装備でセレブをお迎えしてくれるのでしょうか?

Chapter
後席のゆとりを最優先した室内設計
荷室からの音をシャットアウト
快適なドライブが安全性に寄与する

後席のゆとりを最優先した室内設計

トヨタ センチュリー

セダンのセンチュリーからホイールベースが140mm短縮されたにもかかわらず、SUVスタイルとしたことで広くなった後席は、シートを左右独立タイプのみとして乗員の快適性を高めています。

トヨタ センチュリー

標準装備の本革シートは、ヒーター付き電動オットマン、シートヒーター、シートベンチレーションのほか、エアブラダーを内蔵。

エアブラダーとは空気袋のことで、それを膨張させることで乗車姿勢のまま背中から大腿部までを押圧してくれます。

トヨタ センチュリー

サイドのドアおよびクォーターガラスのプライバシーガラスは、スイッチを入れると2枚の合わせガラスにサンドイッチされたフィルムがホワイト調に変化する調光機能付き。

外部からの視線をさえぎりながら、後席を和室のような落ち着いたプライベート空間へと変化させます。

トヨタ センチュリー

また頭上には大開口の電動サンシェード付きパノラマルーフを配置して、開放感を高めるとともに、夜間は光の帯が室内を装飾するLEDカラーイルミネーションを装備しています。

トヨタ センチュリー

シートの前後カップルディスタンスは1,220mm

これはフロントシート利用時でも後席の乗員は足をつま先まで伸ばせるほか、フルリクライニング(最大77度)時には身長190cmの人が足を伸ばしてリラックスできるなど、セダンではなし得なかったおもてなしを可能としました。

トヨタ センチュリー

左右前席のヘッドレスト背後には、多彩なマルチメディア環境に対応する11.6インチの大型ディスプレイを搭載するとともに、室内は18個のスピーカーで構成されるセンチュリープレミアムサウンドシステムを装備して、高画質かつ高音質の映像や音楽を楽しめます。

トヨタ センチュリー

シートの調整およびオーディオ、エアコン、室内灯/読書灯、イルミネーションの操作は、中央のアームレスト先端にセットされた脱着式のマルチオペレーションパネルを使って行います。

またアームレストには大型テーブルのほか、スマートフォンスタンド、スマートフォンポケット、充電用USB端子(Type-C)、ヘッドフォンジャック、カップホルダー、、小物入れ、AC100V・1500Wアクセサリーコンセント/充電用USB端子/HDMI端子を備えた電源ボックス、冷蔵庫(メーカーオプション)などが装備されます。

トヨタ センチュリー

レザー加工によって下層のアルミニウムをストライプ状に露出させた本杢パネルを使用したタワーコントロールは、前席と後席をセパレートするパーツ。

アナログ時計、空気清浄機能を持つナノイーX、Blu-rayディスクプレーヤーとSDカードスロットを装備します。

荷室からの音をシャットアウト

トヨタ センチュリー

SUVやハッチバックなどの2ボックススタイルでは、後方の荷室と室内がひとつの空間になっていることからノイズの侵入が問題になります。

これまでショーファードリブンが空間効率に優れる2ボックスやワンボックス採用しなかった理由は、ここにあります。

それの問題を解決するため、今回のセンチュリーでは後席の後ろに隔壁(バルクヘッド)を設け、そのうえに合わせガラスをセットして侵入を防いでいます。

トヨタ センチュリー

ラゲージルームセパレーターと名付けられた装備は、室内のノイズ対策と同時にボディ剛性の強化や乗り心地の向上にも貢献しています。

もちろんエンジンノイズやロードノイズに対しては、遮音材と制振材を要所要所に配置。エンジンのこもり音などは、スピーカーから逆位相の音を発することで室内の静粛性を向上させるなど、徹底的な防音対策が施されます。

トヨタ センチュリー

さらに後席乗員の美しい乗降所作を考え、リアシートの最適な配置をはじめ、乗員が足をあげることなく乗り降りできるフラットな吐き出しフロア、電動格納式のオートステップ、Bピラー部の大型アシストグリップ、最大75度の開度を可能にしたリアドアなど、細部に渡って煮詰められています。

トヨタ センチュリー

面白いのは、後席のBピラーに靴べら置きが用意されていること。オプションで用意される手織りの緞通(絨毯)と同等の風合いと豪華さをもつ丹後緞通のフロアマットとあいまって、後席の乗員が靴を脱いでくつろぐ姿が想像できます。

トヨタ センチュリー

荷室容量は340L(VDA法)で、ゴルフバックを3個収納することができます。開閉はバックドアのスイッチ、スマートキーのほか、運転席からも操作が可能です。

リアドアに傘を内蔵するロールス・ロイス カリナンに対し、センチュリーの後席には上質なマットと靴べらの装備。このあたりはお国柄を表しているようで面白いですね。

快適なドライブが安全性に寄与する

トヨタ センチュリー

リラックスできる後席とは対象的に、前席は安全で快適なドライブを実現する機能と装備を揃えたプロドライバーのため空間となっています。

12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションで構成されるメーターパネルは、4つのテイスト(Casual/Smart/Tough/Sporty)と3つのレイアウトのなかから、好みに合わせて表示を変えることが可能。

ウインドシールドガラスに情報を投影するカラーヘッドアップディスプレイも装備して、視線の移動を少なくしています。

トヨタ センチュリー

フロントシートは8ウェイパワーシートで、シートヒーター、シートベンチレーションのほか、電動ランバーサポート、シートポジションメモリー、パワーイージーアクセスシステム、静電気を軽減する除電スタビライジングプラスシートなどの機能が付いています。

Apple CarPlay/Android Autoにも対応する12.3インチHDディスプレイオーディオは、センター通信型コネクティッドナビ対応に車載ナビ機能をプラスして、万がいちトヨタスマートセンターとの通信が途切れても車載ナビ機能がカバーするシステムを搭載。

音声で、目的地検索や天気予報、エアコンの温度調節やウインドウの開閉といった車両の操作も可能なエージェント機能は、コネクティッドナビとセットで搭載されます。

トヨタ センチュリー

くわえてT-Connectには、車内Wi-FI機能をオプションながら用意していますので、車内でZoom会議や通信も思いのまま。走る会議室として活躍します。

センターコンソールには、後席の環境を整えるモジュールスイッチをはじめ、ワイヤレス充電、12Vソケット、充電用USB端子(Type-C)、通信用USB端子(Type-C)などを装備して、完璧な空間を形成しています。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式サイト:https://www.kurumaerabi.com/
公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

センチュリー記事デイリーランキング

2024.07.19UP

デイリーランキング

2024.07.19UP

最新記事