中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でマツダCX-3を買うならこのグレード(エンジン)がオススメ!

マツダ CX-3 2014

デミオ(現在はMAZDA2)をベースに、コンパクトSUVとして仕立てられたマツダ CX-3は、スタイリッシュなエクステリア、デミオよりも居住性や積載性が若干高められた実用性が魅力です。

日本の狭くて複雑な道でも取り回しがしやすく、新型車の多くがボディサイズを拡大するなかでコンパクトなSUVを探しているのなら、選択肢に入れたい1台です。

Chapter
デミオをベースにSUV化で居住性、積載性を向上
度重なる商品改良でエンジンや 乗り心地などを地道に進化
ロングドライブが多いならディーゼル、街乗りはガソリンを選ぶと吉

デミオをベースにSUV化で居住性、積載性を向上

マツダ CX-3

2015年2月にデビューしたマツダ CX-3は、Bセグメントハッチバックのデミオ(現在はMAZDA2)がベースです。

MAZDA2とともに次期型はなく、販売が終わるのではないか?など行方が不透明なモデルでもあります。

ベース車よりも着座位置を高め、荷室容量を280Lから350Lまで拡大。着座位置が高くなったことで、デミオよりも視界がよく、広くなったように感じられます。

後席は内側に寄せられ、前席と対角線上に座らせることで、前後席間の会話をしやすくするという配慮も盛り込まれています。

デミオに乗っている筆者からすると、荷室容量の増加も魅力で、上下2段式フロアボードを備えるなど、積載力の向上により1人もしくは2人であればキャンプなども楽しめそうです。

また、最低地上高は160mmとSUVとしては高くはないものの、4WDも設定していて、降雪地域のユーザーニーズにも応えています。

マツダ CX-3 2014

スタイリッシュなエクステリアも美点です。

個人的には、発売当時、逆スラントノーズといえるフロントマスクの横顔やスタンスの良さ、塊感のあるフォルムなどは、デザイン代(しろ)の小さなコンパクトカー(コンパクトSUV)にあって、かなり頑張っているように映りました。

登場時のパワーユニットは、1.5Lディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 1.5」のみで、6ATだけでなく6MTも設定。駆動方式はFF(2WD)と4WDから選択できました。

度重なる商品改良でエンジンや 乗り心地などを地道に進化

マツダ CX-3

2016年10月に商品改良を受け、「G-ベクタリングコントロール」の採用をはじめ、サスペンションチューニングなどにより、課題であった乗り心地を改善。

歩行者も検知対象とした衝突被害軽減ブレーキを採用しています。

2017年6月には、2.0Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」を追加。街乗り中心のニーズに応えるとともに、ディーゼルエンジンよりもイニシャルコストを抑えることで、より幅広いユーザーの獲得を図りました。

2018年5月に大幅改良を受け、デザインやエンジン、サスペンションやシートにまで手が入れられています。

ディーゼルエンジンは、1.5Lから「SKYACTIV-D 1.8」に排気量を拡大させることで、余力のある走りと実用燃費を向上。

車格に対して排気量を最適化させるライトサイジングターボの考え方が採用されています。

そのほか、夜間の歩行者認識精度を向上させた衝突被害軽減ブレーキの採用など、安全面でもアップデートが図られました。

2020年5月の改良では、1.5Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 1.5」を追加。改良当時、189万2000円〜というエントリー仕様とすることで、ユーザー層の拡大を狙っています。

ロングドライブが多いならディーゼル、街乗りはガソリンを選ぶと吉

マツダ CX-3 2018

中古車市場では、ディーゼルターボエンジンの人気が高く、1.5Lのほうが多いものの、1.8Lも出回っています。

より余力のある走りを享受するのであれば、1.8Lのほうが当然上で、走行フィールも含めて洗練されています。

さらに、最新の先進安全装備「i-ACTIVSENSE」が標準化されるなど、安全面も見逃せません。

長距離移動の機会が多く、状態のよい個体と出会えるのなら1.8Lを軸に、1.5Lも含めたディーゼルターボを本命にするのが王道でしょう。

いっぽうで、筆者はベースのデミオ(1.5Lガソリン+MT)に乗っていますが、1.5Lガソリンでも街乗り中心であれば、パワー不足を抱くシーンはそれほどありません。

1.5Lガソリンは、走行距離が少ない個体で、150万円前後の物件も散見されます。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

CX-3記事デイリーランキング

2024.06.24UP

デイリーランキング

2024.06.24UP

最新記事