中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

最新型CX-5のサイズを比較!CX-8・CX-3・MAZDA3も紹介

この記事では、マツダのSUV「CX-5」の特徴を先代モデルや他のマツダ車など、様々なクルマと比較しながら紹介します。
また、中古車を購入するときに気を付けるべき点についても併せて紹介しています。自動車購入の参考にしてください。

Chapter
最新型CX-5はどんな車?
最新型CX-5のサイズを先代モデルと比較
最新型CX-5のサイズをハリアーと比較
最新型CX-5のサイズをRAV4と比較
最新型CX-5とCX-8・CX-3・MAZDA3のサイズを比較
CX-5を中古車で購入するときに気をつけるポイント3つ
マツダCX-5のサイズや機能について知ろう!

最新型CX-5はどんな車?

マツダ CX-5

マツダの中核を担う人気SUVといえば「CX-5」です。
CX-5が人気を誇る理由にはいくつかあります。見るものを引き付ける「魂動デザイン」で設計された上質感のあるデザインもさることながら、消費者それぞれの生活スタイルに合わせて選択できる多様なエンジンラインナップ、人間工学に基づいて構成されたシート設計など、快適な機能を装備しているからです。

それでは、寸法をはじめCX-5の特徴を解説していきます。
CX-5のサイズは、全長4,545mm、全幅1,840mm、全高1,690mmとなっています。また、室内長は1,890mm、室内幅1,540mm、室内高1,265mmです。

出典:寸法・重量・定員|マツダ株式会社

最新型CX-5の駐車に必要なスペース

駐車場に入れるときに重要となるのは全幅です。「CX-5」は車幅1,840mmと幅が広い車体ですので、駐車する際は気を遣う必要があります。
というのも、一般的に駐車場の寸法は一台あたり幅2.5m、長さ5mというスペースで駐車ラインが引かれています。乗り降りする際のドアの開閉のことを考慮して駐車する必要があります。

全長に関しては、特別サイズが大きいというわけではありませんので気にする必要はありませんが、立体駐車場や屋内駐車場、地下駐車場のような、高さ制限のある駐車場に止める場合には注意が必要です。

最新型CX-5のサイズを先代モデルと比較

マツダ CX-5 初代

サイズに関しては特筆すべき変化はありませんが、大きな変化といえば乗り心地です。
ドライバーに心地よい走り、リラックスできる乗り心地を提供するために、「G‐ベクタリングコントロールプラス(GVC Plus)」が採用されています。これにより、ハンドル修正操舵の低減、乗員の体の揺れを低減、高速走行・悪路での安定性の向上というメリットをもたらしています。

最新モデルはすべての面において進化しているので、最先端の乗り心地を求めるのならば最新型がおすすめです。

  最新型 先代モデル
全長 4,545mm 4,540mm
全幅 1,840mm 1,840mm
全高 1,690mm 1,705mm
室内長 1,890mm 1,910mm
室内幅 1,540mm 1,530mm
室内高 1,265mm 1,280mm
ホイールベース 2,700mm 2,700mm
最低地上高 210mm 210mm
荷室容量 505L 505L

最新型CX-5のサイズをハリアーと比較

トヨタ ハリアー

ボディサイズに関しては、最低地上高がCX-5の方が高いことを除いて大きな違いはありません。アウトドアなどで悪路走行する方は下回りを擦る心配が少ないCX-5をおすすめします。

また、ディーゼルモデルに乗りたい人はCX-5ハイブリッドモデルに乗りたい人はハリアーを選択しましょう。
CX-5のラインナップは、2リッター自然吸気エンジンと2.5リッターターボエンジンのガソリン車、2.2リッターディーゼルエンジンを搭載するディーゼル車を用意しています。対してハリアーは、2リッターノンターボのノーマルタイプと、2.5リッターハイブリッド車を用意しています。

出典:スペック・装備比較|トヨタ自動車株式会社

  マツダ・CX-5 トヨタ・ハリアー
全長 4,545mm 4,740mm
全幅 1,840mm 1,855mm
全高 1,690mm 1,660mm
室内長 1,890mm 1,880mm
室内幅 1,540mm 1,520mm
室内長 1,265mm 1,215mm
ホイールベース 2,700mm 2,690mm
最低地上高 210mm 190mm
荷室容量 505L 409L

最新型CX-5のサイズをRAV4と比較

トヨタ RAV4

趣味やショッピングなどでたくさんの荷物を積みたいという人にはRAV4をおすすめします。
CX-5とRAV4のサイズの大きな違いは荷室容量です。CX-5が荷室容量505Lなのに対して、RAV4は荷室容量580Lという大きさを備えています。

また、ハリアーとの比較と同様ですが、ハイブリッドモデルならばRAV4ディーゼルモデルに乗りたいのであればCX-5をおすすめします。

※RAV4はグレードによって寸法が少々異なります。
出典:トヨタ RAV4 主要諸元表|トヨタ自動車株式会社

  マツダ・CX-5 トヨタ・RAV4
全長 4,545mm 4,600〜4,610mm
全幅 1,840mm 1,855〜1,865mm
全高 1,690mm 1,685〜1,690mm
室内長 1,890mm 1,890mm
室内幅 1,540mm 1,515mm
室内高 1,265mm 1,230mm
ホイールベース 2,700mm 2,690mm
最低地上高 210mm 190〜195〜200mm
荷室容量 505L 580L

最新型CX-5とCX-8・CX-3・MAZDA3のサイズを比較

CX-5をCX-8・CX-3・MAZDA3と比較すると、ボディサイズは中間に位置しています。
サイズが大きすぎるというわけでもなく、最低地上高も高いため、街乗りでも悪路を走行するアウトドアでも問題なく乗ることができます。

出典:寸法・重量・定員|マツダ株式会社

  CX-5 CX-8 CX-3 MAZDA3
全長 4,545mm 4,900mm 4,275mm 4,460mm
全幅 1,840mm 1,840mm 1,765mm 1,795mm
全高 1,690mm 1,730mm 1,550mm 1,440mm
室内長 1,890mm 2,690mm 1,810mm 1,820mm
室内幅 1,540mm 1,540mm 1,435mm 1,490mm
室内高 1,265mm 1,250mm 1,210mm 1,160mm
ホイールベース 2,700mm 2,930mm 2,570mm 2,725mm
最低地上高 210mm 200mm 160mm 140mm
荷室容量 505L 239L 350L 334L

最新型CX-5とCX-8・CX-3・MAZDA3の乗りやすさの比較

乗りやすい車というと、ボディサイズがコンパクトなクルマが該当します。小回りが利き、狭い路地なども楽に運転できます。駐車もしやすいので、街乗りに選ぶ際は注視すべき点です。
4車種のボディサイズを比較すると、小さい順にCX-3、MAZDA3、CX-5、CX-8となります。

続いて、視野の広さも乗りやすさを比べる上でチェックすべきポイントです。視野が広いほど周辺が確認しやすく、事故のリスクが軽減されますし、車高が高い車は目線が高くなり車体感覚もつかみやすいです。
車高が高い車は順に、CX-8、CX‐5、MAZDA3、CX-3となっています。

最新型CX-5とCX-8・CX-3・MAZDA3の運転時の特徴を比較

CX-5は、街乗りでも悪路を走行するアウトドアでも問題なく乗ることができるバランスの取れた自動車です。

今回比較している4車種の中でもボディサイズは中間に位置しており、CX-3と比べると、取り回しという点では劣りますが、CX-8の次に車高が高いので運転しやすいといえます。
また、GVC Plusを搭載しているため、高速走行や悪路走行のとき安定して運転できます。

CX-5を中古車で購入するときに気をつけるポイント3つ

車 買い替え

中古車はもともと他の人が乗っていた車ですから、購入に踏み切る前に確認するべき点があります。しっかりと確認せずに購入すると、せっかく中古で安く手に入れても修理によって無駄な出費をすることになってしまう可能性があります。

そんなことにならないために、中古車を購入するときに気を付けるべき3つのことを紹介します。

修復や事故をおこしていないか確認する

事故や修復歴がある車は極力選ばない、もしくは信頼できる修復が行われているかどうかを確認しましょう。

事故の衝撃を受け、あるパーツが変形した場合、そのパーツのみならず、様々な部分に影響している可能性があります。
ただ修復すること自体が悪いというわけではなく、きちんと修復されているかどうかが大切なのですが、それを見極めるのは非常に困難ですので、事故・修復歴がある自動車は極力選ばない方がいいでしょう。

保障の内容を確認する

購入時には保障内容・期間について詳しく内容を確認しましょう。

故障した箇所によっては、保障の対象外になる場合もあります。中古車は新車と比べると故障等のトラブルが起きやすいので、どこまでの範囲がカバーされているのかを確認する必要があります。
また、「保障内容をしっかり把握していなくて、車を使用できない期間ができてしまった」ということがないよう気を付けましょう。

適正な価格か判断する

中古車価格が決定する要因は主に、「需要と供給」「車両コンディション」「販売店の判断」の3つです。

この中で中古車の価格に大きく影響を与えるのは車両コンディションです。走行距離や年式、内外装等の状態など、全体的な評価によって価格が決まります。
また、市場にどれだけの台数が流通しているのかによって価格は変動しますし、最終的に販売価格を決めているのは販売店です。ですので、複数の販売店をチェックして価格を比較しましょう。
そのとき、価格に差があっても、保証やサービスでその差を調整している場合もあるので要チェックです。

マツダCX-5のサイズや機能について知ろう!

マツダ CX-5

マツダCX-5の特徴を他車と比較するとともに、中古車で購入するときの注意点についてご紹介しました。

車選びは今後のカーライフに大きく影響しますので、クルマへの理解を深めて購入を検討しましょう。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

CX-5記事デイリーランキング

2021.09.28UP

デイリーランキング

2021.09.28UP

最新記事