中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でホンダ・ストリームを買うならこの車種がオススメ!

ミニバン全盛期の後半に生まれたホンダ・ストリームは、ステーションワゴンの背を少し高くしたようなロールーフタイプの3列シート車です。

初代は2000年10月に誕生し、ホンダらしい走りの良さとサードシートまでの乗車を可能にしていました。

Chapter
ライバルのトヨタ・ウィッシュを生んだ 走りが自慢のロータイプ7人乗りミニバン
2代目後半のマイナーチェンジで 7人乗りから6人乗りに変更

ライバルのトヨタ・ウィッシュを生んだ 走りが自慢のロータイプ7人乗りミニバン

ホンダ ストリーム

ロータイプの3列シートミニバンは、2000年代を中心にブームを迎えました。

ハッチバックを少し大きくしたようなマツダ・プレマシー、ストリームと競合していたトヨタ・ウィッシュ、スバル・エクシーガなどのほか、ストリームよりも9か月ほど早く誕生した三菱自動車のディオンなど、多くの自動車メーカーが参入。

背の高さを抑えることで、走りの良さを確保しながらイザという時に6〜7人乗れるのがポイントでした。

ホンダ ストリーム3

初代ホンダ・ストリームは、2000年10月にデビューを飾り、「新価値7シーター」を標榜し、スタイリッシュなスタイリング、スポーティな走り、快適空間の両立を目指して開発されました。

5ナンバー枠に収まるボディサイズにより、狭い道路や駐車場でも扱いやすいのが特徴です。

サードシートは、頭上、足元ともに大人にとっては窮屈なのは間違いないものの、短時間用、子ども用としてエマージェンシーの事態に活用できます。

サードシートを格納すれば、ステーションワゴンのようなフラットなラゲッジが出現し、高い積載性も備えています。

搭載されるエンジンは、2.0Lの直列4気筒で154PS、10・15モード燃費は14.2km/Lを達成していました。トランスミッションは、5速ATもしくは4速ATです。

2代目後半のマイナーチェンジで 7人乗りから6人乗りに変更

ホンダ ストリーム4

2代目は、2006年7月に登場しました。

初代と同様に、5ナンバーサイズを維持し、さらにFF(2WD)の全高を1545mmに抑えることで、1550mmの高さ制限のある機械式立体駐車場に入庫可能でした。

都市部などでの取り回しや駐車のしやすさをさらに向上させながら、7人乗りを実現。ホンダ自慢の低床設計など、高効率なパッケージングが光るキャビン、ラゲッジスペースになっています。

サードシートをはじめ、居住性も改善されています。20mm延ばされたホイールベース、ペダル配置の見直しにより、2列目と3列目間の前後シート間距離を30mm拡大することで、3列目の足元空間を格段に広くしています。

さらに、1列目と2列目のフロア幅が20mm広がり、3列目の床面は薄型燃料タンクなどにより低床化も果たしています。

さらに、フロアトンネルの廃止やフラットフロア化などにより前席下への足入れ性も向上するなど、姿勢の自由度も高まっています。

エンジンは、新開発の2.0Lをはじめ、1.8Lを設定し、燃費性能に有利なトルクコンバーター付CVTが組み合わされています。

シャーシも鍛え上げられていて、3列シート車とは思えない軽快なハンドリングも楽しめます。装備では、ミリ波レーダーが前走車を検知する車速/車間制御機能IHCC、ダメージ軽減を図る追突軽減ブレーキ(CMBS)などが用意されていました。

ホンダ ストリーム5

2009年6月のマイナーチェンジでは、2列シート仕様の「RST」を追加。

5ナンバーサイズのステーションワゴンの受け皿にもなりました。

さらに、横滑り防止装置のVSAの設定を拡大(4WDにもオプション設定)するなど、装備の強化が図られています。

2012年4月にマイナーチェンジを受け、6人乗りにシート配列を変更。

2列目左右間にシート用センタートレーを備えることで、利便性を向上。

そのほか、インターナビパッケージを設定するなど、ナビや通信機能も強化されています。

ホンダ ストリーム2

初代ストリームは、トヨタ・ウィッシュに代表されるライバルを生むインパクトを残したものの、2代目になると想定よりも販売台数が伸びず、3代目にスイッチされることはありませんでした。

初代は、年代的にほぼ物件は残っていません。2代目も豊富とはいえませんが、走行距離の短い個体も比較的多く残っています。

スポーティなストリームらしさを最も享受できる「RSZ」が人気です。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

ストリーム記事デイリーランキング

2023.02.05UP

デイリーランキング

2023.02.05UP

最新記事