中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でホンダ・バモスを買うならこのモデルがオススメ!

1970年にリリースされた初代バモス・ホンダは、オープン軽トラックというユニークなフォルムが特徴でした。
ホンダ・バモスとして車名が復活した2代目は、「ミッドシップ・リヤドライブ」を採用したセミキャブオーバーの軽バン、軽ワンボックスとして愛されていました。

ここでは、コレクターズアイテム化している初代バモスには触れず、2015年3月に発表され、2018年5月終了モデルの2代目をピックアップします。

Chapter
乗降しやすく、荷室も十分に広い。セミキャブオーバーの2代目バモス
先進安全装備は未設定。EBD付ABSを選択したいところ

乗降しやすく、荷室も十分に広い。セミキャブオーバーの2代目バモス

ホンダ バモス 初代

セミキャブオーバーの2代目ホンダ・バモスは、1999年6月、エンジンを後席床下に搭載し、後輪を駆動する「ミッドシップ・リヤドライブ」というユニークなレイアウトを採用して登場しました。

1972年生まれの筆者には、初代のバモス・ホンダは伝説の域を出ませんでしたが、2代目は、プレス試乗会や知人のカメラマンの愛車などで何度となくステアリングを握っています。
ミッドシップ、後輪駆動でも荷室広さは十分で、カメラマンが多くの機材を積んでも不足はありませんでした。

ホンダ バモス 2代目 インテリア

また、ほかのセミキャブオーバーとは異なり、前席下にエンジンがないため、フロアが低く、乗り降りのしやすさも印象的。
ホンダ車といえば、初代フィットで初めて採用されたセンタータンクレイアウトによる低床設計が現在も特徴のひとつになっています。バモスは、同レイアウトではないものの、乗り降りのしやすさは、その後のN-VAN(センタータンクレイアウトにより)などにも引き継がれています。

ほかにも2420mmによるロングホイールベースによる広いキャビン、後席の足元空間の余裕も美点です。

ホンダ バモス 2代目 荷室

さらに、フルフラットシートに対応するほか、後席は跳ね上げ式のポップアップ機構付の6対4分割可倒式で、先述したように多くの荷物の積載だけでなく、現在の車中泊ブーム前から釣りやキャンプなどの相棒としてバモスを選ぶ人もいました。

ホンダ バモスターボ

2代目発売時は、46PSのNAエンジンのみで、4WDも設定していたものの、動力性能は非力でした。しかもATは3段で、変速フィールも洗練されていたとは言いがたいレベルでした。

2000年2月のマイナーチェンジで加わったターボ車(バモス・ターボ)は、4ATが組み合わされ、力強い走りを獲得。4WDであれば雪道にも対応し、仕事やレジャーで高速道路を走る機会が多いのであれば「バモス・ターボ」一択という状況だった記憶があります。
このマイナーチェンジでは、静粛性や乗り心地の向上も図られたのもトピックスでした。

ホンダ バモスホビオ

さらに、2003年のマイナーチェンジで「バモス・ホビオ」が加わり、レジャー用途に対応しています。

バモスよりも全高を105mm高めることで、自転車などの大きな荷物も容易に積み込めるようになっています。さらにラゲッジには、ナット、フック類を荷室内側の壁面や床面に標準化することで、アウトドアや各種アクティビティに対応する積載性を身につけています。

先進安全装備は未設定。EBD付ABSを選択したいところ

ホンダ バモス 2代目

2018年に販売を終えた2代目バモス。衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備は設定されていませんが、2015年3月の一部改良で、EBD(電子制御動力配分システム)付ABSが採用されています。
中古車市場では、物件数は比較的少ないものの、年代的にもEBD付ABS搭載車を選びたいところです。

中古車市場ではATだけでなくMTも多いため、走行距離が短ければMTという選択肢もアリでしょう。

また、ホビオには4ナンバーの「プロ」もあります。まさにプロ仕様として探しているのなら選ぶ手もありますが、物件数はとても少なくなっています。

ホンダ バモスホビオ プロ

先述したように、車中泊や趣味で多くの荷物や大きな物を積むレジャー用途で選ぶのなら、背高系のホビオがベストでしょう。

2代目バモスは、世代的に走行距離を重ねた物件も多く、タイミングベルトやブレーキホース、ウォーターポンプなど壊れやすいパーツの確認も欠かせない時期にさしかかっています。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2022.09.26UP

デイリーランキング

2022.09.26UP

最新記事