中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

燃費が良くて走りもいい!マツダ「デミオ」の魅力

みなさんは、なにを条件に車を選びますか?

走りの良さ、燃費の良さなどさまざまな条件があるとおもいます。

そのなかでも、走りの良さと、燃費の良さを兼ねそろえた車があります。

その名も、マツダの「デミオ」。

2014年に9月にデビューしたデミオは、カーオブザイヤー2014を受賞するなど、発売当初から高く評価され、現在中古車でも人気を誇っています。

では、なぜデミオがそんなに人気なのか説明していきます。

※ 2015年10月1日時点

Chapter
燃料代が安くすむから!
実は、ディーゼル車はクリーンに生まれ変わっていた!?
一番の長所は、走りの良さ
マツダ デミオ

燃料代が安くすむから!

デミオには、実は2種類のタイプがあります。

1.3ℓガソリンのエンジンが搭載されたモデルと、1,5ℓのディーゼルターボのエンジンが搭載されたモデルです。

人気があるのは、1,5ℓのディーゼルターボのエンジンのほうで、デミオ全体の売り上げの約7割を占めています。

その理由は燃料代が安くすむから。

ディーゼル車のほうが軽油を使用する分、ガソリン車と比べて、リッターあたり40円ほど燃料費が安くすむのです。

しかし、昔からディーゼル車といえば、排気ガスが汚い、臭いという欠点があるといわれています。

その欠点は解決できているのでしょうか?

実は、ディーゼル車はクリーンに生まれ変わっていた!?

なんと、現在はディーゼル車はクリーンに生まれ変わっています。

昔のディーゼルエンジンは着火するために、空気を高圧縮し、そこに軽油を吹き付ける必要がありました。

ディーゼルエンジンは高圧縮だと、無駄が多くなって不完全燃焼が起こりやすくなり、排気ガスやにおいの原因となってしまいます。

しかし、マツダは空気を低圧縮で着火できるエンジン、「SKYACTIV-D」を開発。

平均的な圧縮比が15-16なのですが、マツダはなんと14.0を達成しました。

燃料を効率よく燃やすことで、排気ガスをクリーンし、においや汚れをなくすことに成功したのです。

その結果、車体を軽くすることができ、また無駄に燃やされる燃料も減ったので、以前のマツダのエンジンより燃費が約20%向上しました。

こうして、ハイブリットカーと肩を並べるほどの燃費の良さと、クリーンさを実現したのです。

実は、ここまでの低圧縮に成功し、また一般家庭にも手が届く価格でディーゼル車を販売しているのはマツダだけなのです。

しかし、まだまだガソリン車と比べると、値段が高い。

それなのに、デミオのディーゼル車のほうが圧倒的に選ばれているのはなぜでしょうか?

一番の長所は、走りの良さ

ディーゼル車のデミオ一番の魅力。それは他にはない〝走りの良さ〟です。

後ろからドンッ と押されるような迫力のある加速感にハマるドライバーは少なくありません。

低速でも力強いエンジンは走る喜びを感じさせてくれます。また、音もとても静かです。

その走りに魅せられて、高級車からデミオに乗りかけるドライバーも多いといいます。

コンパクトカーに走りの良さと燃費を求めるならば、ぜひデミオをおすすめします。

ちなみに、中古のお値段は200万前後とのこと。

エンジンの寿命も長いデミオは中古で買っても損はないはず。

一度検討してみては?

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

エディターズ・アイ

「車選びドットコム」のカーライターがお届けする、知って得する自動車情報が満載!

あなたの新しい車選びの参考にしてください。

エディターズ・アイ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

デミオ記事デイリーランキング

2021.10.22UP

デイリーランキング

2021.10.22UP

最新記事