中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

ポルシェのミッドシップクーペ「ケイマン」を中古で狙うなら2代目が断然おすすめ!

ポルシェ ケイマン 2012

オープンスポーツのボクスターから派生したクーペのポルシェ ケイマンは、2シーターミッドシップとして、ボクスターとともに同ブランドの入門モデルとして設定されています。

入門といってもピュアスポーツであることは間違いなく、GTSやGT4などの上級バージョンはサーキット走行を楽しむ層からも高く支持されています。

そんなケイマンを中古で買う際のおすすめモデルを紹介します。

Chapter
ボクスターの派生モデルとして誕生したポルシェ ケイマン
ATがPDKへと進化した2代目
ダウンサイジングされた718。3代目でもGTS、GT4は高値安定
価格的には2代目ケイマン、ケイマンSを狙いたい

ボクスターの派生モデルとして誕生したポルシェ ケイマン

ポルシェ ケイマン 2005 

911という看板車種が採用するRR(リアエンジン/リアドライブ)にスポットライトが当たりがちなポルシェの歴史において、ミッドシップやFR(フロントエンジン/リアドライブ)のなかには失敗作と評されるモデルも確かにありました。

そのなかでも大成功を収めたボクスターから派生するカタチで2005年に登場したケイマン(987型)は、ライバルに引けを取らないスペック、ひと目でポルシェのスポーツカーと分かるスタイリングが与えられたこともあり、商業的には十分に成功作といえる状況にあります。

SUV全盛の現在では、カイエンやマカンほどは見かけないにしても中古車市場にも比較的多くの選択肢が残っています。

ポルシェ ケイマン 2005

ミッドシップレイアウトの2シータークーペですが、リヤハッチ下のラゲッジに加えて、フロントにも収納スペースが用意されていて、大人2人の1泊旅行程度であれば十分にまかなえる実用性も備えています。

初代は2005年から2012年まで販売され、現在は物件数もかなり減っていますが、走行距離が3〜4万km程度で300万円を切る個体も散見されます。

MTとATであるティプトロニックSの比率は、ポルシェであっても後者のほうが多くなっています。

価格面でこなれているのは、2.7L水平対向6気筒を積んだ素のケイマンで、より速さを重視するのなら3.4LのケイマンSがオススメです。

ATがPDKへと進化した2代目

ポルシェ ケイマン 2012

中古車市場では、2012年12月に発表された2代目ケイマン(981型)のほうが、初代よりも少し選択肢が増えています。

エンジンは、初代同様、2.7Lと3.4Lの水平対向6気筒。2ペダルのトランスミッションは、デュアルクラッチ(DCT)のPDKへと進化しています。

加えて、よりスポーティな3.4LのGTS、2015年にはGT4というハードな仕様も追加されました。

ポルシェ ケイマン GT4 2015

GTS、GT4は予算が許せばとくにハードなスポーツ派にオススメですが、当然ながら価格は高値安定状態。さらに、GT4はかなり足まわりも引き締まっていて、街乗りではそれなりの覚悟が必要です。

街乗り中心であればケイマンを、ワインディングや高速道路を使ってロングドライブも楽しむならSがベストチョイスです。GT4は、サーキット走行も見据えている方に価値があります。

ダウンサイジングされた718。3代目でもGTS、GT4は高値安定

ポルシェ 718 ケイマン 2016

2016年4月、718というサブネームが与えられた現行型ケイマン(982型)になると、さらに選択肢が増えます。

いっぽうで、新しいこともあり、5万kmを超えた個体でも600万円近いプライスタグを付けていて、発売当時の619万円〜865万4000円という新車価格帯を考えると、お得感は薄くなっていますあまり。

水平対向6気筒から水平対向4気筒ターボにダウンサイジングされたものの、2.0L(300PS)の718 ケイマン、2.5L(350PS)の718 ケイマンSともに、最高出力は先代よりも上。トランスミッションは2ペダルのPDKが人気です。

718 ケイマンは、2017年にGTS、2019年にGT4、2020年にGTS 4.0、2021年にGT4 RSがそれぞれ追加されています。

GTSやGT4系は、少なくても1500万円級の予算が必要です。

価格的には2代目ケイマン、ケイマンSを狙いたい

ポルシェ ケイマン 2012

718ケイマンの走りは、素のケイマンでも鮮烈で、公道であればほとんど不足のない動力性能を堪能できます。

価格的にこなれているのは、2代目のケイマン、ケイマンS。2代目でも十分にミッドシップスポーツの世界を堪能できます。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

デイリーランキング

2024.03.01UP

最新記事