中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古で日産・ADを買うならこの車種がオススメ!

商用バンを中心とする品揃えの日産・ADは、はたらくクルマとして1982年に誕生しました。

初代はサニーバンなどの系譜を受け継ぎ誕生。その後もブランド名や車名を少しずつ変えながら、商用コンパクトバンとして、日本の狭い道路、駐車場事情にマッチするモデルとして支持されています。

Chapter
サニーバンなどの系譜を受け継ぐライトバンとして誕生
2代目も初代と同様に中古車市場でのタマ数はほとんどなし
3代目はウイングロードベースのはたらくワゴンとして登場
先進安全装備が採用された4代目のマイナーチェンジ後を狙いたい

サニーバンなどの系譜を受け継ぐライトバンとして誕生

日産 AD 初代

1982年10月、新型FF商用車の「ADバン」シリーズとして誕生した初代は、サニーADバン、パルサーADバン、ダットサンADバンというラインナップを設定。

全長4085×全幅1620×全高1465mmというサイズで、現在から見るとかなりコンパクトになっています。

パワーユニットは、新開発の1.3L1.5Lガソリンエンジン1.7Lディーゼルを搭載。

空間効率の高さが特徴のFFレイアウトと、室内容積1.80平方メートルという余裕のある室内、荷室を備え、当時のライトバン市場でトップクラスの積載性を誇っていました。

ボディタイプは、2ドアと4ドアがありました。なお、初代は年代的にもほとんど中古車市場に出回っていないようです。

2代目も初代と同様に中古車市場でのタマ数はほとんどなし

日産 AD バン 2代目

2代目は、1990年10月にリリースされました。

フルモデルチェンジ版となるサニーカリフォルニア、ADバンのほか、ADシリーズに乗用のワゴンも設定されています。

コンパクトなバン/ワゴンというコンセプトはそのままに、専用ボディの開発により高効率なパッケージングを実現。

日産 サニーカリフォルニア ADワゴン 2代目

サニーカリフォルニアは、サニーと同じインパネとNXクーペと同じスポーツシートを備え、若いユーザーの獲得も狙っていました。

ADバンは、はたらくクルマとして多彩なポケッテリアを備え、使い勝手の向上が図られています。

パワーユニットは、1.3Lと1.5Lガソリン、1.7Lディーゼルを設定し、4ATと5MTを用意

サニーカリフォルニア、ADバンともに2代目も現在はほとんど出回っていないようです。

3代目はウイングロードベースのはたらくワゴンとして登場

日産 AD バン 3代目

1999年登場の3代目は、コンパクトワゴンのウイングロードをベースに、新プラットフォームの採用、新開発の2.2L直噴ディーゼルエンジンの搭載など新時代にふさわしい内容が与えられていました。

1.3L、1.5L、1.8Lのガソリンも「QGエンジン」に一新されています。

4WDも新開発の「オートトルクコントロール(ATC)カップリング」に進化。

ATも最新世代にアップデートされています。そのほか、エアバッグやABSなどの安全装備も採用されています。

3代目も中古車市場でのタマ数は少なく、20万円前後の個体が多いようです。

先進安全装備が採用された4代目のマイナーチェンジ後を狙いたい

日産 AD 4代目

中古車市場でADシリーズを狙うのなら、2006年登場の現行型でしょう。

なお、現行型は、2021年の一部改良時に車名もシンプルなAD/ADエキスパートに変更されています。

「スーパー コンビニエンス コックピット」を名乗る車内には、A4のノートサイズが置ける助手席シートバックパソコンテーブル、A4サイズのノートパソコンが入るビジネスバッグトレイなどの多彩な装備を用意。

日産 AD 4代目 2016

積載性の高さも特徴で、「スーパー ユースフル ビッグラゲッジ」というコンセプトにより、荷室床面長1952mmというコンパクトバンでトップクラスのラゲッジも備えています。

エンジンは、1.2L、1.5L、1.8Lのガソリンで、駆動方式は2WDのみでしたが、2008年に4WDを追加しています。

日産 AD 4代目 2016

中古車市場で現実的な選択肢になるのは、先述したように現行型の4代目です。

2016年11月のマイナーチェンジを機に、歩行者対応の衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報などが用意されましたので、マイナーチェンジ後モデルを選びたいところ。

なお、2018年までマツダ(ファミリアバン)、2019年まで三菱(ランサーカーゴ)にOEM供給していたため、OEM版も含めて探すと選択肢が増します。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

デイリーランキング

2022.09.26UP

最新記事