中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

日産・デイズルークスの中古車の価格相場はいくら?狙い目モデルと選び方を解説

2014年にデイズシリーズの第二弾として登場した日産・デイズルークスは、日産と三菱自動車の協業によって開発された軽スーパーハイトワゴン。ルークスの2代目モデルとして登場した同車でしたが、3代目では初代と同じ「ルークス」に回帰し、デイズルークスの名はなくなっています。

今回は、車選びドットコムに掲載されている日産・デイズルークスの中古車相場をもとに、価格や年式、走行距離などの観点から掲載台数が多くて狙い目なデイズルークスの中古車を紹介していきます。

Chapter
日産・デイズルークスとはどんな車?
価格と年式から見た、おすすめのデイズルークス中古車
年式と走行距離から見た、おすすめのデイズルークス中古車
状態の良いデイズルークス中古車を買うなら、早めがおすすめ!

日産・デイズルークスとはどんな車?

日産 デイズルークス

デイズルークスは、日産と三菱の合弁会社NMKVによって企画・開発された軽スーパーハイトワゴンで、2014年に登場しました。
車名には、合弁会社NMKVによって先に企画開発・販売された「デイズ」と、先代となる「ルークス」の名をそれぞれ引き継いだものとなっています。

ボディサイズは3,395×1,475×1,775mmと、先代モデルよりも全高が高く、ホイールベースも長くなったことで広々とした室内空間を実現。室内高は、27インチ自転車も積載できるほどの1,400mmもの高さを確保しており、ゆとりがあるのが特徴です。

また、アラウンドビューモニターやタッチパネル式のオートエアコン、リモコンオートスライドドアなど、細かな利便性を高めた機能が充実。
デザインにも豊富なカラーバリエーションやエアロパーツ装備の「ハイウェイスター」を用意するなど、老若男女を問わず幅広いユーザーが選びやすい一台となっています。

なお三菱では、外装や装備内容が一部異なるものとなり「ekスペース」として登場。こちらはフルモデルチェンジも行われ、現在は2代目モデルが販売されています。

価格と年式から見た、おすすめのデイズルークス中古車

中古車相場 価格と年式 デイズルークス

まずは、「年式と価格相場」から見た狙い目のデイズルークスの中古車を紹介していきます。

2022年1月時点の中古車物件価格分布表から「価格と年式」の条件で、特に分布の多いところをピックアップしていきます。(※上記画像は2022年1月13日時点の情報)

出典:デイズルークス(日産)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

2021年式でも十分お値打ちな価格帯

デイズルークスは2020年3月に新車販売を終了していますが、2021年に初めて登録されたものは「2021年式」として中古車市場にも流通しています。
年式がかなり新しいこともあって、いずれも走行距離が短いものが多く、新車同様の状態の中古車を選びたい方であればおすすめの選択肢です。

軽スーパーハイトワゴンの2021年式の中古車としては、価格がそこまで高くなく手が届きやすいのも魅力。車選びドットコムに掲載中の車両を見ると、おおよそ115〜200万円の間で購入することができます。
特に、エントリーグレードであるSは130万円以内で購入できるものがほとんどなので、かなりお値打ちです。

選択肢が豊富なのは2017年式

中古車の在庫が豊富で、好みの一台を見つけやすいと言えるのは2017年式
デイズルークスのマイナーチェンジは2016年12月に行われているため、同年式の車両の多くはモデルチェンジ後の最終型となります。

にも関わらず、ほとんどが150万円以内で購入可能な価格帯。この年式であれば100万円以内で選べる車両もあり、中にはハイウェイスターやVセレクションなどの上位グレードも多数掲載されています。
中古車で買うなら、2017年式がコスパの良いモデルと言えます。

マイナーチェンジ前モデルは、100万円以下も余裕で狙える

2016年12月のマイナーチェンジ以前のモデルになると、100万円以内で購入できる車両がかなり増えてきます。特に発売初期にあたる2014〜2015年式であれば、掲載されている車両の多くが100万円以内の価格帯に収まり、かなりお安く購入することができます

ハイウェイスターや4WDモデル、ターボエンジンモデルなども掲載されており、安い価格帯でも上位グレードを選びたい方の選択肢としてはアリ。ただし年式は決して新しいとは言えないため、長く乗り続けたい方にはあまりおすすめできません。

年式と走行距離から見た、おすすめのデイズルークス中古車

中古車相場 年式と走行距離 デイズルークス

続いて、「年式と走行距離」から狙い目のデイズルークスの中古車を紹介していきます。

2022年1月時点の中古車物件価格分布表から「年式と走行距離」の条件で、特に分布の多いモデルをピックアップして解説しています。(※上記画像は2022年1月13日時点の情報)

出典:デイズルークス(日産)の中古車価格相場 | 中古車情報・中古車検索なら【車選びドットコム(車選び.com)】

2021年式なら100km未満の車両も狙える

走行距離ができるだけ短い中古車を探すなら、やはり最も年式が新しい2021年式から選ぶのがおすすめ。
この年式の車両であればほとんどが走行距離1万km未満に収まっており、中でも100km未満とほぼ新品同様の状態のものも多数掲載されています。

また同年式の中古車としては購入しやすい価格帯も、デイズルークスならではの嬉しいポイント。高年式で走行距離も短い軽自動車を購入したい方にはぴったりの選択肢です。

年式・走行距離・価格のバランスが取れた2019年式

2021年式でも十分手が届きやすい価格帯のデイズルークスですが、年式にこだわらず最終モデルの中から選びたい方であれば2019年式もおすすめの選択肢。
この年式であれば、走行距離1万km未満と十分状態が良い車両も多数掲載されているので、予算次第ではこちらも探してみましょう。

価格は90〜160万円と、2021年式よりもやや求めやすい価格帯になっています。

走行距離1万km前後でも、2018年式はかなりお値打ち

さらに年式を下げて探す場合は、2018年式の中から選ぶのもおすすめ。
2018年5月には一部改良が行われており、安全装備の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」が性能向上したほか、ハイウェイスターにはLDW(車線逸脱警報)が新たに標準装備されるなど、安全性が高められています

走行距離も1〜2万kmの車両が多く掲載されており、中古車で購入しても十分長く乗り続けられる範囲。価格も100万円以内に抑えられる車両が多いため、コストパフォーマンスが良い車両帯と言えます。

状態の良いデイズルークス中古車を買うなら、早めがおすすめ!

日産 デイズルークス

既に新車での販売が終了している日産・デイズルークス。2022年1月現在は、まだまだ高年式で走行距離が短い中古車が多く残っていますが、時間が経つにつれてその在庫も減っていくことが予想されます。

セカンドカーとして安く購入できる軽スーパーハイトワゴンを探している方には、年式や状態の割に中古車価格がお得なデイズルークスは狙い目の一台。購入するなら、ぜひ早めの検討をおすすめします。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

デイズルークス記事デイリーランキング

2022.01.25UP

デイリーランキング

2022.01.25UP

最新記事