中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でSUVを買うならこの車種がオススメ!

SUVは生活感を抱かせないデザインをはじめ、とくに4WDは悪路走破性に優れ、広い車内や荷室、見晴らしの良さなどの利点があります。一方で、車両重量が重くなりがちで、燃費やハンドリングに不利な面もあります。
また、世界的なSUVブームに対応するべく、各メーカーが多くのモデルを投入しているため選択肢の多さも魅力です。予算やボディサイズ、居住性、積載性などのポイントを抑えながら、FFか4WDか、ガソリン車かハイブリッドかなどを選択するのが王道といえます。

Chapter
日産ジュークは「2015年11月の一部改良後モデル」が狙い目
ホンダ・ヴェゼルは「RSのDBA-RU1かDAA-RU3」がオススメ
トヨタC-HRは「街乗り中心、短距離が多いなら1.2Lガソリン+2WD」がオススメ
マツダCX-5は「初代後期のディーゼルエンジンLDA-KE2FW」がオススメ
レクサスRXは「現行型のハイブリッド、2列シート仕様」がオススメ

日産ジュークは「2015年11月の一部改良後モデル」が狙い目

日産 ジューク

2010年6月に日本で発売された日産ジュークは、2019年12月に生産を終了し、在庫を残すのみとなっています。欧州で発売されている新型は、残念ながら日本に導入されていません。
ジューク発売以前にもコンパクトSUVはありましたが、斬新なエクステリアやオートバイの燃料タンクをイメージしたセンターコンソールなど、デザインでも注目を集めました。
また、全長4135×全幅1765×全高1550〜1570mmというスリーサイズは、狭い住宅街などでも取り回ししやすく、1550mmの「15RXV Urban Selection」であれば高さ制限のある立体駐車場にも入庫できます。

ジュークはタマ数が多く、多様な選択肢が揃っています。2015年11月の一部改良を機に一部グレードをのぞき全車に衝突被害軽減ブレーキの「エマージェンシーブレーキ」、「車線逸脱警報」が標準化されているため、同装備が付いているのが最低条件にしたいところ。
街乗り中心であればレギュラーガソリンの1.5Lで十分で、1.6Lモデルはプレミアムガソリンを指定します。個性を重視するなら「ドレスアップ」や「パーソナライゼーション」という選択肢もあります。

ホンダ・ヴェゼルは「RSのDBA-RU1かDAA-RU3」がオススメ

ホンダ ヴェゼル

2013年12月に発売された現行ヴェゼルは、Bセグメントとしては少し大きめで、Cセグメントとしては小さめ。これにより、取り回しのしやすさと後席を中心とした広さが魅力です。
後席は座面を跳ね上げて固定することが可能で、観葉植物やベビーカーを積んだり、アウトドアやスポーツの際に着替えたり、靴を履き替えたりする際に重宝しそう。ラゲッジは地上から荷室開口部下側までの開口高が低く抑えられていて、広めのラゲッジスペースもあって高い積載性も確保されています。

パワートレーンは、1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドが用意されています。2016年に受けた一部改良で「ホンダ・センシング」標準仕様が設定されましたので、同装備が付いているモデルが必須条件。スポーティな走りや見た目が魅力の「RS」が人気になっています。
ガソリンかハイブリッドかを選ぶかは、予算や年間走行距離、求める燃費などに応じて選択したいところです。「RS」、「TOURING」はFFのみですが、それ以外にはガソリンもハイブリッドも4WDを設定していて、雪国などのニーズにも応えています。

トヨタC-HRは「街乗り中心、短距離が多いなら1.2Lガソリン+2WD」がオススメ

トヨタ C-HR

2016年12月に発売されたトヨタC-HRは、「TNGA」を使い、走りや乗り心地、安全性などを高め、トヨタとしてはかなり大胆なデザインを採用しています。
後席が少し狭いという指摘もありますが、前席のシートサイズが大きく、後席は少しヒール段差が低め(床面から座面までの高さ)ということからそう感じる方もいるかもしれません。しかし、大人4人が無理なく座れる居住性は十分に確保されています。

登場時から全車に衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」が標準化されているため、1.2Lガソリンターボ(2WD/4WD)か1.8Lのハイブリッド(2WD)かをニーズに応じて選択したいところ。
街乗り中心で非降雪地帯であれば1.2Lガソリン、年間走行距離が長めであれば燃費などのランニングコストを重視してハイブリッドを選ぶ手もありでしょう。4WDが必須であれば当然1.2Lガソリンターボを選択。「G」は18インチタイヤが標準になり、充実装備が光りますが、「S」でも安全装備は「ブラインドスポットモニター」の有無を除き同等になっています。

マツダCX-5は「初代後期のディーゼルエンジンLDA-KE2FW」がオススメ

マツダ CX-5

「SKYACTIV」技術を全面採用したのが初代のマツダCX-5です。2代目は2016年12月の発表からまもなく4年を迎え、マイナーチェンジの噂もあるようです。現行型も初回の車検を機に買い替えた方もいるようで、200万円を切る物件も出始めています。
一方で、初代の後期型でもCX-5らしい走りのよさを味わえますし、トルクフルな動力性能とガソリンよりも安い軽油ですむ2.2Lディーゼルエンジンも設定されていますから、初代の後期型で走行距離の短い個体を狙ってもいいかもしれせん。

初代は2014年11月のマイナーチェンジで先進安全装備「i-ACTIVSENSE」がアップデートされています。アダプティブLEDヘッドライトや車線維持機能、後退時の衝突被害軽減ブレーキなどが設定されていますので、同装備搭載車を選択するのをまずは条件としたいところです。
乗り比べるとディーゼルターボのトルク感が魅力に感じる一方で、ガソリンも音や振動面で有利で、スムーズなパワーフィールも備えています。

レクサスRXは「現行型のハイブリッド、2列シート仕様」がオススメ

レクサス RX

レクサスRXは、最上級SUVのLXに次ぐプレミアムSUVです。同ブランドのSUVの中でも最も古い歴史(初代は北米で1998年に登場)を持つだけに、人気、知名度の高さも一番ありそうです。

4代目の現行型は、人気モデルだけあって中古車でも高値安定しているようですが、せっかくのレクサスの高級SUVですから、2015年10月登場の現行型を狙いたいところ。
人気は3.5L V6+モーターのハイブリッドで、2.0L直列4気筒ガソリンターボの軽快感のある走りを堪能できますが、レクサスらしい静粛性の高さを存分に享受でき、タマ数も多いハイブリッドの方が選択肢も多くなっています。
なお、3列シートの450hLは2019年8月のマイナーチェンジで3列目のシートポジションの変更が可能になりましたが、乗降時に窮屈な姿勢になり、大人だと非常用、短時間用の域は出ません。また、タマ数もまだまだ少なくなっています。

スズキ ハスラー

SUVではほかにも軽乗用車のスズキ・ジムニーに代表される本格派4WDやクロスオーバーSUVのスズキ・ハスラー、出たばかりですがダイハツ・タフトなどの選択肢もあります。日本でも取り回しに苦労しないサイズに収まっている日産エクストレイル、SUBARUフォレスター、三菱アウトランダーなども多くのタマ数があります。
大型SUVでクロカン系のトヨタ・ランドクルーザープラド/ランドクルーザーも人気ですし、販売を終えた三菱パジェロも買うなら今がチャンスかもしれません。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

おすすめ記事デイリーランキング

2021.05.16UP

デイリーランキング

2021.05.16UP

最新記事