中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

【プロ解説】走りも室内も最高級!! 最上位モデルとなるLM500h“EXECTIVE”の試乗リポートをお届け

レクサス LM 500h

トヨタの最高級ミニバンである「アルファード/ヴェルファイア」を超えるラグジュアリームーバーとして、2023年10月にデビューしたレクサス LM500h“EXECTIVE”がクルマ業界の話題をかっさらったのもつかの間。

2024年5月には6人乗り仕様のLM500h“version L”が追加され、ラインナップを完成しました。

そのなかから、最上位モデルとなるLM500h“EXECTIVE”の試乗リポートを、車両解説とともにお届けします。

Chapter
レクサスの新たなフラッグシップ、2代目LMが満を持して登場!
前席と後席を隔てるパーテーションの存在

レクサスの新たなフラッグシップ、2代目LMが満を持して登場!

レクサス LM 500h

人気のトヨタ アルファード/ヴェルファイアを超える最高級ミニバンとして登場した『レクサス LM』は、多彩なユーザーに向けた選択肢として提案された新たなフラッグシップモデルです。

これによりレクサスのフラッグシップには、セダンのLS、SUVのLX、MPVのLMというラインナップが揃いました。

日本市場においては初登場となったレクサス LMですが、中国やアジアでは2020年に30系アルファードをベースとした初代モデルが販売されており3列シート7人乗りに加えて、後席重視のショーファードリブンとして活用される4人乗り仕様を用意して人気を集めたことは記憶に新しいところです。

2023年に新型となったレクサス LMは、、全面的に刷新を受け、ラグジュアリームーバー(LM)としての価値や存在意義を見直しました。

レクサス LM 500h

プラットフォームは、新たなフラッグシップモデルに相応しい乗り心地を目指して、新設計のGA-Kプラットフォームを採用。

高張力鋼板を使ったボディは、スライドドア開口面積による剛性低下を防ぐためリア床下ブレースで骨格を強化。縦方向の骨格となるロッカーにはストレート構造を採用し、剛性を確保したほか、内部骨格の最適化と補強によって、体幹の徹底的な強化を図っています。

また骨格の接合においては、レーザースクリューウェルディング、短ピッチ打点技術、構造用接着剤、高剛性接着剤などを使用することにより、接合剛性を高めつつ、フロアの着座位置に近い部分は高減衰接着剤に置き換えることで振動レベルを低減しました。

さらに主要骨格部材にハイテン材やホットスタンプ材、スライドドアにアルミ材を使用することで、全体の重量を増やすことなく従来比約15倍のボディねじり剛性を確保しています。

レクサス LM 500h

搭載されるハイブリッドシステムは、2.4L直列4気筒ガソリンターボエンジンに6速ATとモーターを一体化したフロントユニットと、リアに高出力モーターの「eAxle」を組み合わせたもの。

それぞれのスペックは、2.4L直列4気筒ガソリンターボエンジンが最高出力202kW(275PS)/最大トルク460Nm、フロントモーターが最高出力64kW(87PS)/最大トルク292Nm、リアモーターは最高出力75.9kW(103.2PS)/最大トルク168.5Nmで、システム最高出力は273kW(371PS)を発生。

駆動方式は「DIRECT 4」と呼ばれる電子制御の4WDシステムで、車輪速センサーをはじめ、加速度センサー、舵角センサーなどの情報をもとに前後輪の駆動力配分を100:0〜20:80で可変させ、つねに最適な駆動力と、優れた発進加速性、操縦安定性を実現。

WLTCモード燃費は13.5km/Lを達成しています。

レクサス LM 500h

運転支援機能には、運転状況に応じて、適切な操作サポートを行うプロアクティブドライビングアシストやドライバーモニターとの連携によるドライバーの運転状況に応じた最適制御を行う「Lexus Safety System+(レクサス セーフティシステムプラス)」を採用しています。

なかでも注目なのが、さまざまな状況に応じた操作サポートによって、安全な運転を支援するプロアクティブドライビングアシスト[PDA]です。

歩行者の横断や、飛び出してくるかもしれないなど、運転状況に応じたリスクの先読みを行い、歩行者や自転車、駐車車両などに近づきすぎないようにステアリングやブレーキ操作をサポートしたり、前方のカーブに対して自車の速度が速い状況では緩やかに減速支援などを行います。

いっぽうドライバー異常時対応システムは、レーントレーシングアシスト制御中、ドライバーの運転姿勢が大きく崩れた場合などの際に、システムはドライバーの運転継続が困難と判断し、ハザードランプの点滅など周囲に警告を行いながら緩やかに減速し、車線内に停車。停車後には、ドア解錠やヘルプネット自動接続による救命要請も行い、ドライバーの救命・救護に寄与します。

さらに高度運転支援技術「Lexus Teammate(レクサス チームメイト)」には、アドバンストドライブ(渋滞支援)とアドバンスドパーク(リモート機能付)を採用するなど、国産車でトップレベルの運転支援機能を採用しているのが特徴です。

ラインナップは、車両本体価格2000万円の4人乗り仕様LM500h“EXECTIVE(エグゼクティブ)”と、車両本体価格1500万円の6人乗り仕様LM500h“version L(バージョンL)”の2つです。

前席と後席を隔てるパーテーションの存在

今回、試乗したのは、4人乗り仕様のLM500h”エグゼクティブ”

独自の存在感とエレガントな佇まいを兼ね備えたボディの運転席ドアを開くと、目に飛び込んでくるのは豪華内フロントシートとその背面のパーテーションです。

これにより前席と後席が、まったく別の空間であることが表現されています。

前席は、インストルメントパネルとドアトリムがシームレスにつながる、シンプルでおおらかなデザインテーマにより、モダンで広がりのある空間となっています。

高級素材のセミアニリン本革のシートに、コンソールの杢目調パネルと金属調加飾のアクセント、橋部を折り込みステッチを施したパッド部など、細部に渡って質感を追求。

シートは、運転席に8ウェイ、助手席は4ウェイの調整式パワーシートで、コクピットは、スムーズな視線移動に配慮し、ステアリング周辺に走行系機能を集約しています。

通常のミニバンでは縦に2列備わる空間に、1列2座という贅沢なシート配置のパッセンジャースペースは、眼前に48インチの大型ワイドディスプレイが鎮座し、その下部に冷蔵庫を配置するなど、まさにラグジュアリーな移動空間となっています。

LM500hのボディサイズは、全長5,125mm×全幅1,890mm×全高1,955mm。車両重量は2,460kgという超ヘビー級です。

この大きく、重いボディをスムーズかつ静かに走行させるのが、2.4L直列4気筒ターボエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムです。

乗員含めるとかるく2.5トンを超えるLM500h”エグゼクティブ”ですが、信号待ちなどからの発進加速は非常に静かでスムーズです。

発進加速だけでなく、追い越し時の加速性能などもアクセルペダルの操作に対して,素早く反応。車両重量の重さを感じさせないだけでなく、シームレスな加速感はショーファードリブンとして一流の仕上がりです。

同じハイブリッドシステムを搭載しているSUVのRX500hは、パワフルさを前面に出した味付けだったのに対して、こちらはとにかくスムーズさと静粛性を際立たせたジェントルな味付けが特徴です。同じパワーユニットでも味付け次第でここまで変わるのかと驚きました。

レクサス LM 500h

加速性能や静粛性以上に驚いたのが、乗り心地の良さです。

フロントがマクファーソンストラット式、リアがトレーリングアーム式ダブルウィッシュボーンという構成のLMのサスペンションは、アルミ鍛造キャリアの採用や、フロントサスペンションのロアアームにハイテン材を採用することで走りの質感を向上。

ショックアブソーバーには、レクサスで初採用となる路面や走行状態に応じて瞬時に減衰力の切り替えが可能な、リニアソレノイド式アクチュエーターと周波数感応バルブを併用した「周波数感応バルブ付きAVS」を装着。

ブレーキも前後独立油圧調整制御が可能な加圧ユニットを採用することで、カーブを曲がる際やブレーキを踏んだ時でもボディはまったく無駄な動きはしません。

これらの恩恵で、LM500hは姿勢変化が少なく、どんな状況でもフラットな乗り味を実現しています。これは運転スキルのある人はもちろん、そうでない人でも快適なドライブが可能です。

レクサス LM 500h

今回は試すことができませんでしたが、ドライバーの快適性以上にリアシートの快適性は価格に以上のレベルになっています。

6人乗り仕様も追加されたことで、ユーザーの幅を広げたLMは、高額車ながらヒットモデルになるのは確実と感じました。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として本格的に参画し、2006年に独立。現在は、日本でもっとも多くの広報車両を借り出して取材を行うフリーランスの編集者として活動中。中古車の流通、販売店に精通した「中古車相場師」と呼ばれるいっぽうで、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

LM記事デイリーランキング

2024.05.25UP

デイリーランキング

2024.05.25UP

最新記事