中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

車を売却する際に起こりうるトラブル7つ|売却する時の注意点も紹介

車を売却する場合はどのようなトラブルが考えられるのでしょうか。この記事では車を売却する際に起こりうるトラブルや車を売却する時の注意点などをご紹介しますので、車の売却時にトラブルに遭わないためにも参考にしてみてはいかがでしょうか。

Chapter
車を売却する際にトラブルは起こるのか?
車を売却する際に起こりうるトラブル7つ
車を売却する時の注意点3つ
車を売却するときはトラブルに気をつけよう

車を売却する際にトラブルは起こるのか?

計算 金 電卓 パソコン

車を売却する際のトラブルは多いといわれています。車を売却する場合、できるだけ高い値段で売却したいと考えるのが普通です。しかしながら、車を中古車販売店やディーラーなどに買い取ってもらう際には、思いがけないトラブルが発生することがあります。 この記事では、車を売却する際に起こりがちなトラブルや対策などをご紹介していきます。

車を売却する際に起こりうるトラブル7つ

車両全損時諸費用特約の注意点

車を売却する際にはさまざまなトラブルが発生する可能性があります。安全に車を売却するためにも、どのようなトラブルが起こる可能性があるのか事前に知っておくことが重要です。 ここでは車を売却する際に起こりうるトラブル7つをご紹介しますので、どのようなトラブルがあるのか参考にしてみてください。

売却の際のトラブル1:引き渡した後に減額される

車を売却する場合、車を引き渡した後で買取金額を減額されるケースがあります。車の買取契約を結び、いざ車を引き取ってもらうという段階で契約時には見つからなかった不具合などが見つかり、減額されるというトラブルです。 しかし、このトラブルは不具合を見逃した査定士に責任があるため、応じる必要はありません。トラブルに発展させないためには、契約時に車の引き渡し後の対応について確認しておくことが重要です。

売却の際のトラブル2:契約を強引にさせられる場合がある

車を売却する場合、強引に契約させられたというトラブルがあります。中古車販売店やディーラーの担当者の中には、非常に強引に契約を迫ってくる担当者もいます。そのため、相手に押されるまま不本意な形で契約を結んでしまうということもあるでしょう。 しかし、一度契約書にサインをしてしまうと解約することは難しいため、安易な形で契約を結ばないことが重要です。

売却の際のトラブル3:契約後の変更ができない

車を売却する場合、契約後に内容の変更やキャンセルができないというトラブルがあります。契約を行った後で内容を変更したくなっても、基本的に契約後の変更はできません。また、すでに買い手が付いているケースもあるため、契約後のキャンセルや契約内容の変更は相手にも迷惑がかかります。 そのため、どうしても契約内容を変更したい場合、違約金を支払うことになっても仕方がないということは覚えておきましょう。

売却の際のトラブル4:名義変更に関するもの

車を売却する場合、名義変更が完了しないトラブルがあります。車を売却して買い手の元へ渡った場合、車の名義変更を行うことが必要です。また、一般的に名義変更は買取店が行います。 しかし、いつごろまでに名義変更が完了するのか事前に確認しておかないと、なかなか名義変更が完了せず、売却済みの車の納税通知書が売主のもとへ届いてしまうなどのトラブルが発生するケースがあります。

売却の際のトラブル5:再査定の金額が違う

車を売却する場合、再査定の際に減額されるというトラブルがあります。たとえば、出張査定で50万円だったため契約し、後日「傷を見つけたので数万円減額する」といった連絡があるケースです。また、解約しようとするとキャンセル料を請求されるケースもあります。 そういった場合はお客様相談センターに相談したり、是正されない場合は国民生活センターに連絡するなどの対応を取りましょう。

売却の際のトラブル6:勧誘の電話がかかってくる

車を売却する場合、しつこい勧誘の電話がかかってくるというトラブルがあります。複数の中古車取扱店に一括で車の査定が依頼できる一括査定サイトは便利ですが、依頼すると登録した電話番号が業者に流れるため、勧誘の電話がかかってくるケースも多いです。 そのため、一括査定サイトを利用する場合は、メリットとデメリットをよく考えたうえで利用しましょう。

売却の際のトラブル7:代金の支払いがない

車を売却する場合、売却した代金の支払いがないというトラブルがあります。売却後に代金の振込がないというケースには、店側が振り込みを忘れているケースと、そもそも振り込む気がないという2つのパターンがあります。 相手が忘れている場合は連絡をすれば振り込まれますが、振り込む気がないケースは経営状況が悪く連絡を無視されることがあるため、国民生活センターへ連絡するようにしましょう。

車を売却する時の注意点3つ

対物賠償は無制限がおすすめ

車を売却する時の注意点をご紹介します。売却時のトラブルを避けるには、事前にいくつかの注意点を把握しておくことが重要です。 ここでは最後に、車を売却する時の注意点3つをご紹介しますので、注意点を押さえてトラブルに遭わないように気を付けましょう。

車を売却する時の注意点1:店舗を調べておく

車を売却する際には、事前に店舗の評判を調べておきましょう。自動車取扱店に車を売却する前に、インターネットで店舗のことを調べましょう。対応の悪さなどでクレームがあれば、大抵の場合はインターネットに掲載されています。 もちろん、口コミ情報は参考程度にしておくことも重要ですが、事前に評判を調べておけば、良くない業者に当たる可能性を減らすことができるでしょう。

車を売却する時の注意点2:契約内容をしっかり確認する

車を売却する際には、契約内容を十分確認した上で契約しましょう。車の売却では、基本的に契約後のキャンセルや内容の変更は不可です。また、クーリングオフも対象外となります。 さらに、契約書には「解約する場合は違約金が発生する」という記載がなされているケースもあります。そのため、契約書の内容は隅々まで確認した上で、不明点があれば担当者に質問しておくことが重要です。

車を売却する時の注意点3:安易に契約をしない

車を売却する際には、すぐに契約しないようにしましょう。車を売却する場合、どうしても担当者の勢いに押されるまま契約をしてしまいがちです。しかし、契約内容をよく確認しないまま契約してしまうのは危険です。 また、口頭だけでも契約は成立する場合があるため、電話などで問い合わせをした場合に担当者に乗せられて、うかつに「契約する」などと言わないようにしましょう。

車を売却するときはトラブルに気をつけよう

車を売却する場合にはトラブルが発生する可能性を踏まえて対応を行いましょう。車を売却する場合、相手によっては契約後の減額や代金が支払われないなどのさまざまなトラブルに発展するケースがあります。 この記事でご紹介した車を売却する際に起こりうるトラブルや車を売却する時の注意点などを参考に、トラブルを想定した対応を行うようにしましょう。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

デイリーランキング

2021.05.16UP

最新記事