中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古車を年式で選ぶ注意点3つ|値段相場やお得に購入するポイントも紹介

中古車を年式で選ぶ際には3つの注意点があります。また、中古車の価格相場やお得に購入するポイントもあわせてご覧いただきますので、これから中古車を購入する人は参考にしてみるとよいでしょう。ぜひお気に入りの車両を購入してください。

Chapter
中古車は年式で値段が変わる?
年式以外で中古車の値段が変わるポイント3つ
中古車を年式で選ぶメリット
中古車の年式で選ぶ注意点3つ
中古車の値段相場4つ
中古車をお得に購入するポイント3つ
中古車を購入する際は年式や値段を考慮して選ぼう

中古車は年式で値段が変わる?

見積もり時の必要書類

製造された年式で販売価格が異なるのが中古車です。新車と違い中古車は、製造年によって値段が千差万別に異なるので、同じ車種でも年式の違いで値段が大きくことなることが多くあります。 新しい年式の方が販売価格が高い傾向にあり、古い年式の中古車は安い傾向が高まります。現状によっても販売価格が異なるため、年式と現状で判断するのが中古車を買うときに重要な観点です。

年式は3年・5年・7年の3パターンが多い

新車購入後、3年・5年・7年という間隔で車を手放す人が多いため、中古車の流通量が増えて購入者の選択肢も増えます。車検を見据えて残価設定型クレジットで新車を購入し、3年・5年・7年という期間で売りに出す人が多いためであると考えられます。 新車発売後にお得に中古車を購入できるタイミングでもあるため、中古車の購入を検討している人は機を見て購入しましょう。

年式以外で中古車の値段が変わるポイント3つ

未成年者の自動車保険料が高くなる理由

中古車は年式のみで相場の販売金額が把握できるわけではありませんので、まずは3つある販売金額が変わるポイントを見ておきましょう。普通車か軽自動車なのか、走行距離はどれほどか、オプションの有無なども中古車を購入するときに知っておくとよいポイントです。好きな車がある人は、インターネットで検索してお気に入りの1台を探してみましょう。

値段が変わるポイント1:普通車・軽自動車

普通車と軽自動車では、軽自動車の中古の方が値段が安いでしょう。耐用年数はドライバーの管理次第ですが、軽自動車の方が新車の値段も安くてコスパが高いことが多いです。 普通車で年式が新しければ100万円以上、軽自動車であれば70万円ほどが目安の金額です。車はメンテナンス次第で10年や20年でも保持できるので、いつまで所有する予定があるかも把握したうえで用途に合った車両の選び方を実践していきましょう。

値段が変わるポイント2:走行距離

車の走行距離と年式とは深い関連性があり、とくに多走行している中古車は30万円ほどで購入できる場合があります。5万キロ以上の走行をしている中古車は狙い目で、30万円を切る中古車もあります。逆に数千キロしか走っていない新古車は新車価格から2~3割程度安くなって売られるケースが多いです。 年式のみでの確認ではなく、走行距離にも注意して故障していない中古車を買いましょう。

値段が変わるポイント3:オプション・搭載機能

特別に付けられたオプションや機能がある場合、年式に関係なく高い値段となる場合もあります。ETCが搭載されている中古車は相場の値段が数万円上がります。後から装備することも可能ですが、ETC機器と工賃が必要です。また、中古車に便利な機器が搭載されていると値段は高まる傾向にあります。中古のキャンピングカーでは、冷蔵庫やサンルーフなどの装備が設置されることがあり、販売される値段にも反映されています。

中古車を年式で選ぶメリット

車 購入 販売 金

値下がりして買いやすいのは年式が古い中古車ですが故障しやすいため、新しい年式の方が安心感が得られます。製造されてからの年月経過が浅い中古車は、モデルを問わずに値段が高価な傾向にあります。故障することも少ないため、古い年式よりもメンテナンス頻度が少くて快適というメリットを感じやすいです。 ちなみに中古車の年式の調べ方は販売店で聞く、もしくは車検証で確認する方法があります。目安となるため購入時に確認しておきましょう。

中古車の年式で選ぶ注意点3つ

走行距離の申告を誤ったら?

事故の履歴・メンテナンス頻度・製造後の経過年数について注意すれば、買うべき中古車の見方に失敗することはありません。仮に年式不明の中古車であったとしても現状を把握できれば安い値段で買い物ができるため、中古車選びをするときは注意してから選別してみましょう。

中古車の年式で選ぶ注意点1:事故車じゃないことを確認

エンジンやミッションにダメージを受けている事故車は、現状販売という売り方で非常に安い値段で販売されています。事故車とは、車同士が衝突したり障害へぶつけたりして破損している車両ですので外装に大きなダメージがあります。とくに大きな事故を受けた車両は、機関へも衝撃が加わって劣化していることがあります。 一般的には手を出しにくいですが、事故をした車両を現状販売という形で格安の値段で販売している業者もいるため、安価な中古車を買う際は販売店で確認が必須です。

中古車の年式で選ぶ注意点2:メンテナンスの有無について確認

あまり油脂類の交換をしてこなかった中古車はエンジンやミッションから異音が発生していることがあるため、機関の音を聞いて確認してから購入するのがおすすめです。オイル交換は車に必須ですが、あまりメンテナンスされていない中古車もあります。長期間メンテナンスされていない中古車は機関が悪化していることもあり、金属音が発生している車両も多いです。 値段のみで決めず機関に詳しい人と探し、なおかつ販売店に問い合わせてから中古車を購入しましょう。

中古車の年式で選ぶ注意点3:年数の違い

車検証に記載された年式とエンジン番号とを照らし合わせて、経過年数に相違がない中古車なのかを確認してから購入しましょう。中古車でよくあることですが、エンジンが替えてあって年式が車検証と異なっているパターンがあります。エンジンには製造年がわかるように番号が打刻されているため、製造元へ問い合わせて正確な年式を把握しておくと、間違った年数のまま中古車を保持しないで済むでしょう。

中古車の値段相場4つ

中古車 金額 価格 プライスボード

モデルによりますが、中古車には相場の値段があります。年式・車種・走行距離・現状・装備などを判断して値段が決められているのが中古車です。中古車には相場の値段があるため、まずは値段が設定される仕組みを把握しておき、それから好きな車種を購入しましょう。

中古車の値段相場1:年式

新しい年式の中古車は新車価格の半値以上の価格が付き、古い年式の中古車は新車価格の三分の一ほどで売られていることが多いです。車種により異なりますが、やはり新しい年式の中古車であれば値段が高いです。状態もよく走行に支障がない車両であれば新車価格の半値以下になることはありません。 逆に古い年式の中古車は、どれだけ状態がよくても新車の半値以上で売られることは少なく、低価格で入手しやすい傾向にあります。

中古車の値段相場2:普通車・軽自動車

普通車の中古は50万円を割ることは少なく、中古の軽自動車であれば20万円前後で購入できることがあります。車種によっても違いが生じますが、普通車の中古の方が軽自動車よりも数倍高い値段で売られるのが一般的です。 人気モデルであれば200万円以上で売られている中古車もありますし、10万円で売られている中古の軽自動車もあります。車種によって価格帯がまったく異なるため、好きな車種についてリサーチしてみましょう。

中古車の値段相場3:走行距離

10万キロを超えた走行距離の中古車は価格が大きく低下している傾向にあり、低走行車は新車価格とあまり変わらない値段で売られています。一般的には、10万キロを超えた走行をしている車には高い値が付かない傾向にあります。ただし、走行距離が少ない中古車は逆に値が下がりにくく高価で売られているのが一般的です。

中古車の値段相場4:オプション・搭載機能

特別なオプションが搭載された中古車の場合、車両の値段が数万円以上も高まる傾向にあります。もっとも使用頻度が高いカーナビには新旧のモデルが存在しているため、新しいモデルの場合には3万円以上の価格差が生じて販売されている中古車もあります。 また、シートに本革が使用されている特別オプションを備えた中古車の場合、数十万円高い値段で販売されることもあるため、中古車選びのときのオプションや搭載機能の確認が重要です。

中古車をお得に購入するポイント3つ

対物賠償は無制限がおすすめ

少しでもお得に中古車選びができる3つのポイントがあるので、販売店の在庫を見るときにはチェックしてから購入しましょう。高額となる場合もあるのが中古車ですので、これから紹介するポイント3つを押さえてから、好みの車種をじっくりと選別してみてください。

中古車をお得に購入するポイント1:マイナーチェンジ時期

車は年代によってマイナーチェンジを繰り返し、古くなったモデルを売る人が増えるため低価格で購入しやすくなります。マイナーチェンジの明確な時期は定められていませんのでメーカーの発表を待つしかありませんが、数年おきにマイナーチェンジされる傾向にあります。 マイナーチェンジされた後に古くなったモデルは人気が落ちる傾向にあるため、値段が抑えられて販売されることが多く狙い目です。

中古車をお得に購入するポイント2:低年式

古い年式の中古車は機関に問題ない車両を選べばお得です。年式が古い車でも機関に問題がなければ実用可能です。仮に外装・内装が古くても、エンジンとミッションが好調であれば走行に関係ないため使用に問題ありません。 とても古い年式の中古車は人気も薄いですので、低価格で売られることが多いです。プレミアが付いていない古い年式の中古車がもっとも狙い目ですので、比較的に安く購入できるでしょう。

中古車をお得に購入するポイント3:走行距離が短い

走行距離が短くても外装・内装に劣化が多い中古車はお得な価格で購入できます。一般的には、走行距離が短い車両は年式を問わずに高価格な設定となります。ですが、見た目のダメージやメンテナンス頻度が低い中古車は走行距離が短くても高値が付きません。 そのため、走行距離が短い車両に絞って中古車選びを進めていくことで納得できる車両と巡り合えるでしょう。

中古車を購入する際は年式や値段を考慮して選ぼう

モデル・年式・現状を優先して把握して、販売価格とのバランスを見たうえで中古車選びを進めていきましょう。中古車選びの際は実に多くの注意点が存在しています。単に値段が安いからといって購入してしまうと、あとあと多額のメンテナンス費用がかかるパターンも出てきます。 機関に劣化問題を抱えていない中古車を購入することが最善ですので、納得した外観と共に好調な車両を探してみましょう。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

デイリーランキング

2021.04.22UP

最新記事