中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

車の売却時にチェックされる12のポイント|高く売るためにポイントを押さえよう

車の売却時にはどのようなポイントをチェックされるのでしょうか。この記事では車を高く売却するためにチェックすべきことや車の売却時にチェックされるポイントなどをご紹介しますので、ぜひ車を売却する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

Chapter
車を高く売却するためにチェックすべきこととは?
車の売却時にチェックされるポイント12個
車の売却は一括査定の利用がおすすめ
チェックポイントを押さえて車を高く売却しよう

車を高く売却するためにチェックすべきこととは?

車売却 故障者 お金

車を高く売却したいなら買取査定でのチェックポイントを知ることが重要です。
車を売却するために業者に車の査定をしてもらった場合、予想していたよりも査定価格が低くなるケースがあります。基本的に中古車は年式が古くなるほど、走行距離が長くなるほど市場価値が下がりますが、他にもさまざまな要素が関係しています。
そのため、高く売るためには車の査定の際に重要になる項目を知っておくことが大切です。

車の売却時にチェックされるポイント12個

車 買い替え

車の売却時にチェックされるポイントをご紹介します。
車を買取専門店などに売却する場合、査定士に査定をしてもらい、査定額を出してもらうことになります。そのため、できるだけ車を高く売却したいなら、査定士が見るポイントを知っておくことが重要です。
ここでは車の売却時にチェックされるポイント12個をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1. ボディの傷やへこみ

車のボディにある傷やへこみは査定時のチェックポイントになります。
車に一見してすぐわかるような大きな傷やへこみがあれば、当然ですがマイナス査定です。車の外装の状態はその車の顔となるため、査定の際には重要な査定ポイントとなります。そのため、特にボディの傷やへこみが少しでもあれば、それだけでマイナス査定につながってしまうため注意しましょう。

2. ヘッドライトの状態

ヘッドライトの状態は査定時のチェックポイントになります。
車の外装の査定時にチェックされるポイントとしては、ヘッドライトやテールランプなどの照明の確認があり、破損していないかどうかチェックされます。
また、ヘッドライトが故障しており修理が必要な場合には、ヘッドライトのパーツ取り換え費用や配線の修理費用といった金額分、査定額がマイナスされるケースが多いです。

3. フレームのゆがみ

車のフレームのゆがみは査定時のチェックポイントになります。
フレームとは車の骨組みとなるものです。車の形を保つ上でフレームは非常に重要な要素となり、フレームがゆがんでいると走行中の安全性に影響を及ぼすため、フレームにゆがみがあると査定でも大きなマイナス要素となるでしょう。
フレームがゆがむ原因としては、事故だけでなく縁石にフレームやタイヤが強く当たったことが原因となるケースもあります。

4. カラーや塗装の状態

カラーや塗装の状態は査定時のチェックポイントになります。
ボディカラーも車の査定金額に影響を与える要素となっており、黒や白、シルバーなどの安定した人気色にはプラスの査定が付きやすいです。一方、珍しい色は需要自体が高くないため、プラスの査定にはつながりにくいです。
また、塗装に傷があったり汚れがこびりついているケースはマイナス査定となります。

5. 天井の内張り

天井の内張りは査定時のチェックポイントになります。
炎天下の駐車場などで長期間駐車していた場合、天井の内張りが剥がれやすくなるケースがあります。そのため、車の天井の内張りが剥がれていないかどうかも、査定の際に内部から確認されるでしょう。内張りが剥がれている場合は修復にもコストがかかるため、マイナス査定につながることがあります。

6. 車内の汚れやにおい

内装の汚れやにおいは査定時のチェックポイントになります。
座席やフロアマット、トランクルームなども査定前に確認し、清掃しておくようにしましょう。査定に大きな影響を与えるわけではありませんが、綺麗にしておいた方が査定価格がアップする可能性があります
また、車内のにおいは汚れよりもマイナス査定につながる可能性があるため、タバコやペットなどのにおいが残っていればできるだけ消しておきましょう。

7. エンジン音

エンジン音も査定時のチェックポイントになります。
エンジンルームも査定の際のチェックポイントの1つとなっており、エンジンから異音がしないかどうかや、エンジンオイルやプラグなどに問題がないかなどがチェックされます。
さらに、査定の際にはエンジンルームに記載されている車体番号もチェックされ、車体番号の移植や改ざんが判明した場合は買取を拒否されることがあるでしょう。

8. 装備品

装備品も査定時のチェックポイントになります。
車の内装をチェックする際には付属の装備品もチェックされます。たとえばオーディー類やスピーカー、カーナビ、エアバッグ、スペアタイヤなどもチェックして、正常に動作するかどうかや状態に問題がないかどうかを確認することになります。

9. 整備記録や必要書類

整備記録や必要書類がそろっているかもチェックポイントになります。
査定の際に必要な書類としては、車検証、自賠責保険、リサイクル券などがあります。車検証には新車登録時期や車検の有効期限、車体番号、所有者などの重要な情報が記載されているため、欠かさずに確認することの1つです。
また、整備記録があるとその車が過去にどのようなメンテナンスを受けてきたのかがわかるため、プラスの査定につながる可能性があります。

10. 走行距離

走行距離がどのくらいなのかもチェックポイントになります。
車は走行距離が長い車ほど査定額が下がっていきます。一般的には車の年間走行距離は普通乗用車で1万キロ、軽自動車なら8,000キロ程度だと言われているため、年式と走行距離から計算した年間走行距離がこの基準を大きく超えているような車は査定額も下がっていくでしょう。

11. 年式・グレード

年式やグレードがどのくらいなのかもチェックポイントになります。
一般的にグレードが高い車や年式が新しい車は高額で売却できます。逆に年式が古くなるほど経年劣化も進んでいるため、査定額も下がっていくことになるでしょう。
車の年式が1年変わるだけで査定額も大きく下がる可能性もあるため、売却を決めたらできるだけ早く売るのがおすすめです。

12. 車検期間

車検の残期間についてもチェックポイントになります。
車検の残り期間が1年以上残っている場合、プラス査定になる可能性があります。そのため、車検の残り期間が長い場合にはアピールするのがおすすめです。
ただし、車検期間を残すために査定前に車検を通したとしても、車検に掛かる費用の方がプラスの査定額よりも高くなる可能性が高いため注意が必要です。

車の売却は一括査定の利用がおすすめ

車売却 手順

一括査定で複数の業者に査定してもらいましょう。
買取業者が査定の際に見るポイントは基本的に同じですが、業者によって査定価格は異なります。そのため、一括査定サービスで複数の業者に査定を依頼するのがおすすめです。
複数の業者に査定を依頼することで、査定額を比較検討し、もっとも高い金額を提示した業者に買取を依頼することができます。

チェックポイントを押さえて車を高く売却しよう

購入 販売店 鍵 ディーラー

車の査定では決まったポイントがチェックされます。
そのため、事前にチェックされるポイントに気を付けて対策を取ることで、高額査定につなげることも可能です。ぜひこの記事でご紹介した車を高く売却するためにチェックすべきことや車の売却時にチェックされるポイントなどを参考に、車を売却する際にはチェックポイントをしっかり押さえておきましょう。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

デイリーランキング

2021.04.22UP

最新記事