自動車保険の見直しでチェックしたい3つのポイント

一度保険に入ったらずっと同じ保険で大丈夫、ではありません。
自動車保険はたくさんの商品が発売され、選択肢も豊富です。また新しい保険商品が開発されています。自動車保険は運転する人、年齢、目的によって適した保険が異なります。だから定期的な「保険の見直し」が大切です。しかし自動車保険の見直しをすすめられたけど、見直し方が分からないと悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは、「自動車保険の見直し」に適した時期と見直し方のポイントを詳しく解説します。

Chapter
自動車保険を見直すタイミングはいつがいい?
見直し方① 補償される運転者の範囲
見直し方② 補償内容は適切か
見直し方③ 補償の重複はないか
まとめ

自動車保険を見直すタイミングはいつがいい?

自動車保険を見直すべきタイミングはいつがいい?

自動車保険を「見直すタイミング」は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、満期(更新時期)を迎えた時です。保険契約期間中に無事故であれば、乗り換えの際に等級が上がります。等級が上がれば保険料が割引となり、お得です。

保険会社によっては満期を迎えた日と新しい自動車保険を開始した日が一致しなければ、等級が上がらないというところもあります。満期のタイミングで自動車保険を乗り換えたい場合は、1か月ほど前から新しい自動車保険の検討を始め、新しく契約したい保険会社に見積もりを作ってもらいましょう。自動車保険会社の一括比較サイトなどを利用すると、複数の会社を一気に比較できて便利です。

2つ目のタイミングは、新車を購入した時です。保険会社によっては、「新車割引」を行っているところもあります。新車割引を利用すれば、等級が変わらなくても保険料が安くなることもあるでしょう。新車を購入する際は、新車割引を行っている保険会社を調べておくと保険の乗り換えもスムーズにいきます。

見直し方① 補償される運転者の範囲

自動車保険は、契約した車の運転者が限られているほど割引率が高くなります。例えば「記名被保険者(保険の契約者)」しか運転しない条件での契約と、「記名保険者の家族全員」が運転する条件での契約では、保険料がかなり変わってくるでしょう。

運転者の範囲が狭まる場合

記名被保険者の配偶者(記名被保険者の妻や夫)

自動車の運転者は時間と共に変化していくことが多いものです。例を挙げると、進学や就職、結婚などで子供が家を出て行った場合、自動車を運転することがなくなるでしょう。運転者の範囲が変わるタイミングで自動車保険を見直せば、保険料が安くなる可能性があります。

運転者の範囲が広がる場合

また、子供が免許を取った、記名被保険者の配偶者が自分の自動車を処分し、被保険者の車を運転することになった等の理由で運転者の範囲が広がることもあるでしょう。運転者の範囲が広がる場合、保険料は値上がりますが保険会社を見直すことによって値上がりの幅を抑えることができるかもしれません。

今契約している保険会社に新しく見積もりを出してもらったら、他の保険会社の料金と比較してみましょう。

見直し方② 補償内容は適切か

自動車保険の「補償内容」は、商品によって異なります。例えば「対人保険」事故で人を死傷させてしまった際に補償される保険で、「対物保険」事故でものを壊してしまった際に補償される保険です。また、補償金も有限なものと無制限のものがあります。自動車保険を契約して時間がたつと、補償の内容が今の状況に最適ではなくなってくるかもしれません。

契約した時は自分しか乗らなかった自動車だったが、結婚して配偶者も乗るようになったという場合、搭乗者傷害保険の内容を手厚くする必要がでてきます。さらに、運転の機会が減り、1週間に1度程度だけくらいになったら、補償内容を狭めても良いでしょう。

自動車を運転する環境や状態が変わる度に補償内容が適切かどうか確認する習慣を付ければ、保険料を無駄に払い続けることもなくなります。その他に、保険会社も定期的に新商品を出しており、それに乗り換えれば保険料がお得になることもあるので、定期的にチェックしてみましょう。

見直し方③ 補償の重複はないか

見直し方③補償の重複はないか

自動車保険の補償を手厚くするために、何種類かの保険に入っているという人は珍しくないでしょう。結果として、補償内容が重複しているかもしれません。

また、複数の車に保険をかけている場合も、補償内容が重複することがあります。特に「特約」は内容が重複しがちになるので、付けるときはよく確認することが大切です。

なお、保険会社によっては自社の保険に複数の自動車が入るとき、補償内容が重複しないように調整してくれるところもあります。保険会社を見直す際は、同じようなサービスを行っている会社を選べば、自分で保険の内容を詳しく調べる手間が省けます。保険会社を乗り換える際は、商品だけでなく会社が行っているサービスにも注目しましょう。

さらに、自動車保険は加入が義務づけられている「自賠責保険」があります。この補償内容と任意で入る自動車保険の補償内容が被っていないかも、確認しておきましょう。

まとめ

  • 自動車保険を見直すタイミングとしては、等級が上がる満期の時や割引率が高くなる新車を買った時などがおすすめです。
  • 自動車保険を見直す場合は、保険会社だけでなく「補償が適切か」「補償内容が重複していないか」「補償される運転者の範囲は適切か」などもチェックしましょう。
  • 自動車保険の補償内容や保険料を見直す場合、保険の一括比較サイトなどを利用すると複数の保険会社を短時間で比較できて便利ですので、活用しましょう。

【監修】高橋禎美

ファイナンシャルプランナー(CFP)、一種証券外務員。オレンジワイズ代表。
女性のマネーリテラシー向上を目標に、FPとして活動中。自身の経験をもとに女性に多い投資がこわい・わからないという「お金の初心者」に向けてマネー相談、相続相談、執筆、セミナーを開催。
大手アパレル会社に24年勤務し退社。経験を活かしてパーソナルカラー診断、骨格診断をベースにしたスタイリング提案で30、40代以上の女性に支持されている。お金もおしゃれも手に入れたい女性を応援している。

【監修】高橋禎美

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査