自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査
自動車保険の基礎知識

確かめておきたい!
自動車保険の基礎知識

初めての自動車保険で知らないことばかり…という方に向けて、自動車保険の基礎ともいえる情報をまとめました。自動車保険の補償内容や等級の仕組みをわかりやすく解説します。よく出てくる用語や各種割引の説明まで網羅して徹底的に解説します!

中古車に自動車保険は必要?

車を購入した時、どうするか判断に迷うものとして自動車保険があります。とりわけ新車ではなく「中古車」を買った場合には、どういった保険を選ぶのが正解なのかさらに頭を悩ますことになるでしょう。

ここでは、「中古車」に付けるべき自動車保険について、保険の種類や加入すべき人、それから保険料を安く抑える方法を詳しく解説します。

自動車保険の仕組みを確認

自賠責保険と任意保険の違い、限度額:ケガ120万円まで、死亡3000万円まで、後遺障害4000万円まで

自動車保険には「強制保険(自賠責保険)」「任意保険」があります。「強制保険」はその名の通り、車や原動機付自転車に乗る人すべてに加入が義務付けられている保険なのです。

自分で加入するかどうかを決めることができるのは、もう一つの「任意保険」のみです。「任意保険」にも「対人賠償保険」「対物賠償保険」のように、加入がほぼ必須となっているようなものもありますが、なかには加入するかどうかの判断が難しいものもあります。 特に中古車を購入した場合に、判断が難しいのが「車両保険」です。

「車両保険」とは、事故や自然災害などで車自体に生じた損害を補償してくれる保険です。たとえば、購入した車が新車や高級車だった場合には、車両保険で補償される金額も高くなるため、車両保険への加入が推奨されます。

また運転する人の運転スキルが低かったり、免許を取得したばかりで運転に自信がない場合にも、事故を起こして車を破損させてしまう可能性が高いので、「車両保険」に加入しておいたほうが安心でしょう。「車両保険」に加入していれば、修理にかかる費用を補償金で賄うことができるため、運転に自信がない人にとって車両保険は強い味方なのです。

中古車でも車両保険をつけたほうがいい?

自動車保険のひとつである「車両保険」は、購入した車が中古車であれば、車自体の価値や購入の仕方によっては付けたほうがいい場合と付けなくてもいい場合があります。

たとえば、中古車であってもそれほど古いものではなく、車としての価値が充分に残っている場合には、新車同様に車両保険への加入が推奨されます。反対に、10年以上が経過している中古車の場合は、車両保険に加入していても万が一の時に支払われる補償金がぐっと低くなり、それほど車両保険の恩恵を感じられないため、特別な事情がないかぎり加入の必要はないでしょう。

また中古車をローンで購入した場合も、車両保険に加入しておくと安心です。ローンの返済中に万が一事故にあって車が廃車になってしまった場合、残ったローンだけを払い続けなくてはならなくなります。もし車両保険に加入していれば、補償金をローンの返済にあてることができるので、懐に余裕ができて新しい車を購入することも可能になります。

車両保険の加入
新しい中古車 するべき
10年以上経つ中古車 必要ではない
ローンで購入した中古車 するべき

保険料をできるだけ安く抑えるには?

中古車に付ける自動車保険の保険料を安く抑えるには、まず「車両保険」が必要かどうかの判断を正しく行うところから始まります。年月が経っていて車両にあまり価値がない場合には、思い切って車両保険を付けないという判断をすることで、その分の保険料を節約することができます。

すでに車両保険に加入している場合でも、車がだんだんと古くなることで車両保険で補償される金額が少なくなるので、必要に応じて車両保険の見直しをすると良いでしょう。

また車両保険が必要と判断した場合でも、車両保険のタイプを正しく選択することで保険料を安く抑えることが可能です。車両保険は、損害を幅広く補償するものほど保険料が高くなります。本当に必要だと思える補償内容にしぼって加入すれば、それだけ保険料を抑えることが可能です。

まとめ

  • 自動車保険には強制保険と任意保険があり、任意保険のなかでも車両保険が中古車に付けるかどうか悩む保険の筆頭です。
  • 車両保険は中古車であっても付けたほうがいい場合もあり、加入するかどうかは車の価値や購入方法によって判断できます。
  • 保険料を安くするには、車自体の価値と必要と感じる補償内容をよく吟味し、加入済みであっても定期的にこれらを見極めることが大切です。

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査