「ダイレクト型(通販型)」自動車保険の方がいいの?業界シェアとメリットを確認!

「ダイレクト型(通販型)」の保険が現在メジャーになっていることをご存知でしょうか。保険代理店の担当者と話して保険を契約するのではなく、インターネットを通して見積り、加入申請を行うダイレクト型保険は、生命保険や自動車保険など様々な保険で人気になっています。

ここでは、ダイレクト型保険の自動車保険に焦点を当てて、そのシェアや加入した際のメリットについて詳しく解説します。

Chapter
自動車保険の業界市場規模はどれくらい?
自動車保険の業界シェアはどうなってる?代理店型と通販型を比較!
「ダイレクト型(通販型)」自動車保険のメリットは?
まとめ

自動車保険の業界市場規模はどれくらい?

自動車保険の業界市場規模はどれくらい?

自動車保険は「損害保険」という業界に属します。自動車保険の市場規模は、損害保険全体から見た、自動車保険が占める割合で考えると把握しやすいでしょう。

保険会社の収入とも言える「正味収入保険料」は損害保険全体で平成29年度は約8兆円であると日本損害保険協会は発表しています。約8兆円のうち、自動車保険は約半分を占め、自動車保険の市場規模は市場全体で4兆円を超える程度とされています。

自動車保険は火災保険や傷害保険よりも大きな規模を占めており、損害保険の中では自動車保険が特に多くの加入者を抱えている保険であることがわかります。

自動車保険の業界規模はここ数年は安定していると言われています。平成27年から29年の3年間は毎年市場全体で4兆円前後の規模に収まるなど、依然として多くの方が加入しており、損害保険業界全体では主力分野であり続けていることが分かります。

しかも自動車保険は大手保険会社4社がシェアの8割以上を独占している状態であり、大手4社以外の企業が提供している自動車保険のシェアは1兆円に満たない、というのが現実のようです。

自動車保険の業界シェアはどうなってる?代理店型と通販型を比較!

自動車保険の業界シェアはどうなってる?代理店型と通販型を比較!

自動車保険の業界シェアは、ほとんどが「代理店型」自動車保険によって占められています。代理店型とは保険を販売する代理店や保険外交員と契約することで加入することのできるタイプの保険であり、平成29年時点で90%以上のシェアを誇っています。

いまだに代理店型の自動車保険が一般的な保険の契約ではありますが、割合としては年々少しずつ下がってきています。徐々に「ダイレクト型(通販型)」自動車保険がシェアを伸ばしているからです。

平成27年には全自動車保険シェアのうち7%ほどにあたる2,700億円のみのシェアだったダイレクト型自動車保険ですが、少しずつシェアを伸ばしており、平成29年ではダイレクト型自動車保険は3,000億円となりました。

インターネットで保険を契約することに抵抗感の少ない若年ドライバーが増えてきたことや、代理店型に比べて保険料が抑えられていることなど様々な要因があります。また、ダイレクト型自動車保険に切り替えている方が増えている、とも考えられます。

「ダイレクト型(通販型)」自動車保険のメリットは?

「ダイレクト型(通販型)」自動車保険のメリットは?

「ダイレクト型」自動車保険の最大の魅力は、保険料が代理店型の自動車保険に比べて安いという点です。代理店を設置したり保険外交員を雇うコストがかからない分、代理店型に比べてダイレクト型自動車保険販売にかかるコストが抑えられます。

コストの削減分は、契約者に還元されています。基本的な保険料が安いだけでなく、エコカー割引などの様々な割引が受けられる可能性もあるため、自分の車の乗り方に合わせて、お得なプランを選ぶことが出来ます。

また、ダイレクト型自動車保険にはサービスも充実しているところも少なくありません。有事の際に依頼するロードサービスが数回無料で依頼できるなど、実際の事故対応も充実していることが多いのです。

なぜなら、広告費などを抑えて保険を販売しているからです。抑えられたコストの分だけサービスを充実させることができます。安い自動車保険であるが、事故対応がしっかりとしているところもダイレクト型自動車保険の魅力ではないでしょうか。

まとめ

  • ダイレクト型自動車保険の占めるシェアは、自動車保険全体のシェアから見ればまだ少ないですが、徐々に拡大しています。
  • ダイレクト型自動車保険は、保険料が安く抑えられ、有事の対応もしっかりしているという魅力があり、人気は高まりつつあります。
  • 今後ダイレクト型自動車保険に加入する人は増えていくと考えられ、そのシェアはより高まっていくでしょう。

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査